2016年11月09日

恵比寿さんと鯛

はんこ屋職人がお休みな日曜日、以前個人のはんこをご注文頂き、気に入って頂いた方々が、今度は仕事で使うはんこを注文したいと来店されました。
屋号が「えびす」なので、恵比寿さんとか鯛とかの入ったモチーフ入りで2本欲しく、日曜日しかなかなか来店できないので、後はメールで打ち合わせてと、いとこに言われてしまいました。

メールのやり取りでざっと書いたものを見せたりしないのだけど、リピーターさんだし、どうする?と思いつつ、外側に屋号内側に名刺に入っている恵比寿さまと、内側にえひすのひらがなと鯛の2種類思い付きました。

メールは面倒だなと思っている間に、1カ月経ち、さすがにメールしないとというタイミングで、ご注文したい2人が平日の夜にやって来てくれました。

メールしなければと思っていたところで、構想は出来上がっていますとざっと書き始めました。
意外と恵比寿さん、上手に描けちゃった(笑)

七福神にちなんだ名前で、仕事を展開していく構想があるそうで、次は大黒天の予定と言われたのですが、

「弁天さまは?」

「まだ構想にありませんが」
「えっ弁天さま、彫りたいな。」
神さまであっても、女性格希望です(笑)

はんこを彫るのは意外と上手なので(笑)
納得の出来上がりです。
A363092C-CE78-4128-A9A8-120B10F3F2F1.jpg

posted by 一日3本 at 21:54| 無理を聞く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

お客様から頂いた言葉

1.「その間、ケガしないでね」
10月にご注文頂いた男性、ご自身がお持ちの実印が文字が細く、枠が細い篆書体のはんこです。
お孫さんにそのイメージを残した印鑑を、象牙で作ってプレゼントしたいと考えてご来店頂いた方です。
ネットを調べて一度ご来店されて、そのような印鑑ができるのか、問い合わされてからのあらためてのご来店です。

枠に文字をたくさん付けた方が、セキュリティが上がりますので、と説明して、枠より文字の方が細い印相体でおほりすることになりました。
昔は虎ノ門のはんこ屋さんに頼んでいたそうですが、そこが無くなり、調べて調べてのご注文、さらには受け取りは12月26日で良いと言われました。
そこで、帰り際にこのような言葉を頂きました。
「この間、ケガしないでね」
「(右手を)ケガしないように、ボーリングもしません。急いで走ることもしません」
代わりがいないのが分かっているので、体調管理も仕事のうちと、十分理解しています。

2.「手土産必須とホームページに書いておいて下さいよ」
袋に押してあるシャチハタを見て、
BB2FE03B-3720-456D-9849-D606B7462B80.jpg
こんなはんこも作ってくれるんですか?
仲良くなったら。
どうやって?

そんな話をしている時に、仲良しのお客さんが手土産持参でモチーフ入りのはんこを受け取りに来ました。
1AEA9010-A4EB-49AA-87E2-47DCC2200122.jpg

仲良しのお客さんと、先程の方に紹介すると、手土産必須とホームページに書いておいて下さいよ(笑)と言われました。

面倒なはんこ屋です。

3.余談。
最近はんこ屋が良く言う言葉
「おしゃべりは三文の得」
お得意さまがはんこのご注文の際に、
「今日、そのピンバッジを見るの2人目です」
「このオリンピックとパラリンピックが一緒になったピンバッジは非売品なんだよ」とピンバッジを外しながら言われました。
そして、どうぞとそのピンバッジを渡されました。
26E87CED-A80F-4B4D-ADE3-33ECA94449D7.jpg
えっいいんですか
もう一つ持っているからいいよ。
小池百合子さんが付けていることもあって人気で、オークションではイイ値がついているようだよ。
ジャケットを着た時には必ず付けてね。

やった。
おしゃべりは三文の得だ(笑)
三文より多いですよね(笑)
posted by 一日3本 at 22:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

いとこ、リニアに乗る

今、実験中のリニアモーターカーに、抽選で乗車体験ができることを知っていましたか?
はんこ屋はまったく知りませんでした。

今年何かと当たっているいとこが、リニアモーターカー乗車体験を当て、二人で4千円くらい払い体験して来ました。

せっかくなので、ムービーを撮ってきてとお願いし、こんなシーンをこんなコメントでとまで、想像して指示しておきました(笑)

いいムービーならこのブログで紹介しようと思ったのですが…

まず、ホームにリニアが入って来るところが一番メインでと言っておいたのですが、乗車するところに案内されると、そこに既にリニアがいたそうです(笑)
AB65743F-3619-427D-90F8-3A704F406956.jpg
いとこがオススメのムービーを見ると、走り始めて、車内アナウンスがあり
180キロを超えて、車輪走行から浮上走行に切り替わります。音が変わります。
というような案内があり、確かに急に凄く静かになりました。

でも映像的には面白さはありません(笑)

これがメインなんだと、なんとも言えない感じです。

ほとんどがトンネルの中で、山梨県から名古屋方面への往復30分くらいの近未来体験をいとこがして来ました。

果たして、自分がリニアを乗ることがあるのでしょうか?

新幹線でさえ、東に向かう線は乗っていないのに(笑)

posted by 一日3本 at 10:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

当店のはんこの使い方

やっとイイはんこ屋さんを見付けたからと言って、既に4組くらいお客様を紹介して下さっている方がいます。
3人目の人で、その方のいる店舗名が分かり、
4組目でその方の名前が分かりました。

紹介して下さるのに、うちで自分用のはんこを作っていない可能性が高いです。
お店の前を通ったことがあるようです。
なのにね(笑)

当店での2本目のはんこを注文に来られたキレイな女性に、この話をすると、興味を持ち、ネットで検索して予約をして、その方に会いに行ってみたそうです。

来店きっかけが、しぶちかはんこ屋さんとの話で出てと伝えたそうです。
すると、そこで、うちのはんこの使い方を教わったとおしえてくれました。

願い事を紙に書いて横にうちで作ったはんこを押すといいそうです。

あれ、最近願い事を書いたぞ。
新しい招き猫ダルマに「千客万来」と自分で篆書体で書き、ダルマの中に入れました。
職人が書いた字なので、高いぜ(笑)と自己満足していました。
それに、はんこを押せば、より良かったようです。

次の機会には、押したいと思います。
でも、忘れっぽいのですが(笑)

うちではんこを作って下さった皆さん、願いがあれば、是非試してみて下さい。
posted by 一日3本 at 10:45| はんこ屋職人養成講座G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

親父ギャグ?

外国人のお土産に簡単に機械で彫るハンコ、一応1時間後からのお渡しにしてあります。
しかし、旅行者にとっては1時間後以降に受取りの制約は、なかなか厳しいようです。
お店の営業は基本一人、いとこがいてもアシスタントに過ぎず、何があるかわからないので1時間は欲しいのです。

体の大きな外国人さんが、1時間は待てないけど、お土産のハンコが欲しいと、もちろん英語で言ってきました。

ちょうど、仕事の区切りもよく、感じが良いので、30分でできますと伝えます。

すると4名の名前を漢字に変換して欲しいと名前を書かれました。
30分では2本しか作れないと伝え、二人分を漢字に変換しました。
4EBE2ABA-2D96-42D7-BA50-1C74316D3618.jpg
実はこの本を手に入れてから外国人のお名前を漢字にするのがスムーズになりました。

受け取りの時に、どこから来たのか聞くと、オハイオ、おはようと聞こえました。
え、親父ギャグ?(笑)
聞いたことをおうむ返しするのが、会話の基本ですので、オハイオ、おはようと返しました(笑)

とても良い出会いだったので、オハイオに戻ったら、メールするよ。
オハイオ、おはようってと勝手に日本語翻訳されて聞こえてきました(笑)

実際は、Hiとメールするよ、言われたんですけど(笑)

さあ、みなさんもオハイオ、おはようと声に出してみましょう。
おはようをゆっくり言うのがコツです。
posted by 一日3本 at 12:23| インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

新しい招き猫

昨日の日曜日、たまたま行った吉祥寺アトレで、招き猫の絵付けのワークショップがありました。
その見本の招き猫の目と模様が素晴らしく、とてもこんな風に絵付けなどできないとただただ感心してしまいました。

そのワークショップの近くのお店で販売しているものがありますよと言われ、そのお店に行くと出会ってしまいました。

トラっぽい招き猫。
お店の招き猫の耳が剥げてきるのが、気になっていましたが、次の寅年まではガマンと思っていました。

これだと購入しました。
5413E659-0DED-4CCF-BC53-12F15AA4AB32.jpg
購入してから、これを作成したのが蟬丸さんという作家さんで、ワークショップにいた女性とわかりました。
これ、いいでしょう(笑)

今日まで吉祥寺アトレでワークショップを開催しているそうです。
ぜひ、
素敵な招き猫に出合って下さい。
posted by 一日3本 at 11:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

どら焼きは生もの

昨日は、このような手土産を頂きました。
F5082837-BBFD-4387-A910-80C2CA1FCC2C.jpg
ありがとうございます。

上野にある うさぎや さんのどら焼きと最中です。
頂いて直ぐに、お昼、どら焼きを食べてみると、皮がやわらかく、粒あんとの相性もバツグンと感心してしまいました。

大量に頂きましたので、ご近所のお店にお裾分けをしても、まだ十分ありましたので、午後6時過ぎにもう一度、どら焼きを食べてみると、お昼に食べた時とは別ものになっていました。
6時間経過でこんなにも変わってしまうんですね。
食品は難しいですね。

同じ職人仕事でも、印章とは永い年月、変わらずに使えるのが、大きな違いですね。

夜、立ち寄って頂いた渋谷にお住まいの仲良しのお客さんにも、お裾分けすると、渋谷の西武で金曜だけ売っている どら焼きだと言われました。
渋谷西武に随分と行っていないのですが、楽しいことになっているようです。今度ちょっと行ってみます。

涼しくなってきましたので、生ものの手土産を、待っていましょう(笑)
posted by 一日3本 at 10:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

ど定番

お客様から頂くお土産、凝ったものを頂くことが多いのですが、仕事で行った静岡のお土産として、こっこ を頂きました。
仲良しのお客さんなので、えっ、もっと珍しい感じのものを持って来てくれるけどな(笑)などと言ってみます。

ところが「こっこ」を食べてみると、美味しい。久しく食べていなかった定番の味が広がります。
自分では、まず買うことはないし、これはこれでイイなと思い直しました。

そのお客さんが、今度は沖縄に行き、お土産ですと、手作りちんすこう を持って来てくれました。
5A36B752-88A9-4E55-A5E1-25520E0BB52D.jpg
もっとオシャレなものと言われましたが、今回も定番です(笑)
こっこ美味しくて、定番をバカにしてはいけないと思ったところですよ(笑)

ちんすこうも、安心できる美味しさでした。
次はどこの定番が届くか楽しみです。
posted by 一日3本 at 10:28| 美味しいもの大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

ハンコをキレイに押すのに裏ワザ無し

テレビ局からの電話取材で、ハンコをキレイ押す裏ワザについて聞かれました。
それは聞いたことのない方法でしたが、ハンコをキレイ押す裏ワザなど無く、キレイに押すためには3つの要素があり、その3つがあって初めてキレイに押せると講義しておきました(笑)

まず、ハンコ自体の印面が平らであること。
手で彫る場合は何度も表面をヤスリなどでこすり、平らにするのですが、機械彫りの人達には、その平らにする知識のない場合がありハンコ自体の印面が平らでなければ、キレイに押せません。
100円ショップのハンコは彫らずに型に樹脂を流し込んで作っている場合が多いので、印面が平らでありません。

次に、ちゃんとした朱肉を使うこと。
100円ショップの朱肉はインクの量も少なく、貼ってある布の目が粗いためにキレイに押せません。また、ケースの中の小さな朱肉を使っても、ギュッと押し付けて使うしかないため、キレイに押せません。

3番目に押し方です。
まず印章の後ろを人差し指の第3関節あたりにつけて持つ。
朱肉は5回くらい軽く叩くようにつける。この時、印面と朱肉が水平に接することを意識する。
印マットの上に置いた紙に印章を水平に接してから、丸く押し込む。

印マットは、うちではシャチハタ製の小さなもので(399円)を使っています。
6F954F9E-60CB-43EF-AA6C-D51884214AEA.jpg
100円ショップの印マットでは、固くて押しづらいです。

裏ワザを聞かれたのは、2度目ですが、どちらも印マット代わりをどうするかという程度。

朱肉を付けてハンコを押す場合は、朱肉、印マットと環境を整えて、もう一度押して良いか考えてから押しましょう。

厳しいはんこ屋さんより(笑)

posted by 一日3本 at 14:23| はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

山梨のお鮨屋さん

山梨でお鮨屋さんをオープンされる方が、はんこを作りに来られました。
東京の有名鮨店で、修業された方が地元、山梨での開業です。

なぜ、はんこどころの山梨からわざわざ、当店にはんこを作りに来られたのでしょう。

開業にするにあたり、飲食店の人気店を調べているうちに、渋谷の人気店の高太郎さんのブログで、うちの存在に気付いたそうです。

角印で凝ったはんこを作らざるをえなくなりました(笑)

誰かに書いて貰ったロゴがあり、その字の形をベースに、お父さんが作っているお米を使うことが特徴なので、稲を入れます。
6CE83D4C-080E-4F67-9DAD-4F36D5F69C80.jpg
ウサギが好きだそうで、その後ろ姿をシルエットで入れます。
鮨と福を合わせた造字をすしと読ませるそうで、これは、笑っている感じに直して、お彫りします。

実際には、空間がもう一箇所できて、そこには魚を入れました。
大作です(笑)

山梨のお鮨屋さんには、行ける可能性が少ないので、とにかく頑張って気持ちを込めてお彫りしました。
DB3A6BBE-6E00-4B58-93F2-FF2C640D78E1.jpg

このはんこのきっかけとなっている高太郎さんのご主人に、目標を聞いてみたことがあります。
店舗数を増やすことではなく、「もっときちんとやりたい」と言われました。
高太郎さんに行くと、その人によって、気付く店が違います。動きに無駄がない、水が美味しい、などほんとうに人それぞれなのです。
飲食店では、きちんとすべきことが山ほどあり、その一つずつをおろそかにしない姿勢こそが大切なのでしょう。

はんこをうちで作れば大成功というのではなく、
おろそかにしないものの一つとして、はんこをお作り頂いたようです。

山梨のお鮨屋さん「よし秀」の基本データです。もしかして、今日の大安オープンでしょうか?
ご成功をお祈り致します。
52AA09B2-88D9-4ECB-A64C-CF528260F195.jpg
posted by 一日3本 at 20:11| モチーフ入り印鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする