2018年06月01日

象牙の取り扱いルール変更

平成30年6月1日から象牙の取り扱いのルールが変わり、届出番号等を表示する必要があります。

店舗に2箇所、チラシにはホチキス止めをして以下の内容を表示しました。

 

ホームページは変更依頼をしています。


ちゃんと手で彫る印章店の減少で、良い象牙の在庫はまだまだあり、今の消費量が続いて20年間分くらいあるそうです。

逆に手で彫りにくい悪い象牙は品薄と聞きました。



特定国際種事業者

届出番号

T--13-0004

氏名又は名称

有限会社 東堂印章

住所

東京都渋谷区道玄坂2--

地下街

代表者の氏名

代表取締役 荒見英樹

譲渡し又は引渡しの業務の対象

とする特定器官等の種別

ぞう科の牙及びその加工品


 

posted by 一日3本 at 12:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

枠が無いと難しいんです

以前、5センチ角のハンコをお作りしたことのあるお坊さんから、「南無阿弥陀佛」と彫って欲しいといわれ、それ自体は良いのですが、枠が必要ないとのことです。
ゴム印をすすめてみたのですが、ハンコを押した時に気持ちを込めたいので、木で彫ったものと言われました。

枠が無いというのは、デザイン的にも、彫る技術的にも難しいです。

はんこのデザインは、文字が太い時は枠を細く、文字の細い時は枠を太くして、そのコントラストで美しく見せるものです。

行書などで右肩上がりの文字にしてしまうと枠があると曲がって見えてしまいます。
ハンコの文字は極端に右肩上がりにはしません。
書家の先生が印稿を書いても、なかなか上手くいかないのは、このためのことが多いです。

ところが今回は枠無し、どんな文字にして良いか、わからなくなります。
ご本人が書いたものをベースにしたもの、辞林を見てはんこ屋がレタリングしたもの、ネットの画像検索で出てきて良いと思われるもの。
3つざっと書いて、ご本人に選んで頂くと、はんこ屋がレタリングしたものになりました。

彫るにあたっては、枠が無いと文字ではないところに朱肉が付いて汚してしまうことがあるので、なるべく深く彫る必要があります。

やっと完成。
D8BDE153-EDDB-4FFF-A3FA-D7EE12A9033A.jpg
7B9EA9B2-C513-41B6-B154-4B0A3C254C4D.jpg
3重丸は後光の意味だそうです。
posted by 一日3本 at 09:13| 無理を聞く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

2018年5月3日(木)お休みします

<2018年ゴールデンウィークの東堂印章営業時間>
2018年4月28日(土)11:00〜20:00営業
2018年4月29日(日)11:00〜20:00営業 はんこ屋職人はお休み
2018年4月30日(月)11:00〜20:00営業
2018年5月 1日(火)10:00〜20:00営業
2018年5月 2日(水)10:00〜20:00営業
2018年5月 3日(木)休業
2018年5月 4日(金)11:00〜20:00営業
2018年5月 5日(土)11:00〜20:00営業
2018年5月 6日(日)11:00〜20:00営業 はんこ屋職人はお休み
2018年5月 7日(月)10:00〜20:00通常営業再開

ゴールデンウィークに1日2日とお休みし9連休する方もいるようですが
うちは5月3日(木)だけお休みです。
しぶちかが木曜日しか休んではいけないという謎のルールのためです。
仕事をすることが好きなので、大丈夫です。

皆様は良いお休みを。
posted by 一日3本 at 10:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時間は無くても桜

メキシコ人カップルがニコニコしながら、お店に入って来ました。
当店のホームページを見て、来てくれたそうです。
手彫りですと2週間かかることを伝えると、時間がないので、機械彫りの当日でいいとのことです。
お二人の名前を漢字に当てはめます。
次に印材は柘の12ミリ丸で、ケースは東京の職人が作っている良いケースに決まりました。

男性が女性のはんこの方に、桜が入りますか?
と聞かれました。
機械に桜は入っていないし、どうする?
桜モチーフを書いて読み込んで、そこに機械の字を入れれば、できそうです。
3時間かかりますができます。と答えました。
まあ、はんこは素人のデザイナーさんにできて、はんこのプロができないわけありません。
でもモチーフパターンがあって作るのは簡単ですが、3時間のうちにパターンまで作らなければなりません。

そんなことを考えながら、ざっとイメージを書きました。

今度はその男性が、僕のはどうする?と嬉しそうに笑いながら聞いて来ます。
自分のものも何か入れるんですね。
もう出来ないとは言えないし(笑)

富士山はどうですかとざっとイメージを書き、決まりました。

後はこのあたりに文字を入れることを想定してモチーフパターンを2つ書きました。
そこに古印体で文字を入れ込みます。

機械に彫らせて、彫り切れてないところと枠を軽く整えます。
手彫りのはんこを100点がとすると、
まあ、65点くらいですが、まずまずのできです。
691BBD53-8F1C-4133-8D2C-9595A8D48CA8.jpgB90FDF4C-CCD4-4873-A01B-CB85B54E018F.jpg
外国人のお土産でも、うちでしかないものをと考えている中での出来事でした。
オリジナル感あるでしょ(笑)
新サービスの値段を考えよう。
posted by 一日3本 at 07:40| 無理を聞く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

日本に来たらフォンさんが増えて

ベトナム人の女性が簡単な認印を作りに来られました。
名前は「フォン」さん、
ベトナムな方でフォンさん多いですよね。
と言うと
日本に来てフォンさんが増えました。

なんでしょう。
日本に来て増えると言う意味がわかりません。
はてな顔をしていると、アルファベット表記では4種類あるにも関わらず、カタカナにするとみんなフォンになってしまい、男性も女性もフォンになってしまいます。
で、このように書いてくれました。B817B4EC-7F1E-4BC5-9568-97A011BD0A41.jpg
なるほど、カタカナ表記の限界を感じます。
この方は、渋谷のITの会社にお勤めですが、ベトナム人さん達の多くが牛丼チェーンの2番手3番手で働いていて、住んでいるところは溝の口が多いと情報を頂きました。

日本お住まいの外国人さんと少し親しくなると、
次々に紹介して頂けます。
その後もその方からは、何本もベトナム人さん達の認印のご注文をいただいております。

おしゃべりは三文の得(笑)

posted by 一日3本 at 09:53| インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不思議な一日

10年前に会社印を作って頂き、今度社長になるので仕事でも使う個人印を作りに来ました。
10年会社が続いているということは、立派ですね。
なんの会社でしたかとお聞きして、なんとか思い出せました。
いまだに平成20年に作って頂いたハンコを誉められます。
10年前なので、初めてのご来店がちょうど平成20年なんですね。
あの頃は、ご来店頂いた方のはんこは全て作らないといけないと純粋だったな(笑)
今は金額だけが判断基準の人は直ぐにわかってしまい、そういう方には、うちに頼まない理由を作ってあげる接客してますからね(苦笑)

接客が終わり、10年振りは、嬉しく、有り難いと思っていると
以前、これを作って頂いてその後、順調でこの度役員になることになり、仕事用のはんこが別に必要になりまして、作りに来ました。
そのはんこを見ると父と一緒に彫っていた頃のものと分かりました。
作ったはんこを大切に思って、お使い頂いていることが分かり、嬉しいです。
このはんこは、奥さまからのプレゼントで、自分では初めて、うちでのご注文でした。
行書が好きで、でも基本的にはおまかせでということでしたので、最終的には行印相体てお彫り致しました。

更には7,8年前にFM放送ではんこ屋のインタビューを30分流して頂いたことがあり、それをきっかけにはんこを作りに来られた方が、再びご来店頂き次男さんのはんこ3本セットをご注文頂きました。

時間を経ての、リピーターさんが来る不思議な日でした。
イイものを、作っていれば、はんこが必要になった時には、必ず再びご来店頂けると信じて。
posted by 一日3本 at 09:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

水の形状

今年のアカデミー賞作品賞のシェイプオブウォーターを観ました。
大人のファンタジーでとても良かったです。
カイジュウとロボットの戦いパシフィックリムを作った監督の作品と思うと、その幅の広さに驚きます。

監督がパンフレットで語っているように、美女と野獣、シザーハンズのようなファンタジー作品です。
こんなイイ作品なのに、映画館は空いていました。
シェイプオブウォーターを直訳すると水の形状、これでは良く分かりません。
もし、邦題を自分で付けるとしたら、どうするかちょっと考えてみました。
水は外せないので、
タイトルは「水からなるもの」で
「誰に心を開きますか」がサブタイトルでどうでしょうか?(笑)
とにかく、皆さんに観て欲しい映画です。

そういえば、水っぽく彫って欲しいとむちゃぶりされたことがあったような。
水たまりを彫ったり、小さな水玉をたくさん彫ったような。
辛かったことは直ぐに忘れてしまうタイプです(笑)
posted by 一日3本 at 08:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

戌年のショップカードやっと完成

お店の住所印を干支毎に変えると宣言してしまってから(笑)何年目にでしょうか?
9年目かな。

昨年の伊藤若冲さんのニワトリをモチーフにしたものが上手にできたので、戌年も若冲さんでと、まずは考えました。
若冲さんで犬なら百犬図とあらためて観てみます。たくさんの犬が重なっている絵。
これをはんこにするには一色にしなければなりません。一色で分かる?
どの部分を使う?
両端にこの犬たちをレイアウトしてみましょうか。
そうだ犬のブチ模様を「東堂印章」とするのはどうでしょう?
できるかな。

北斎さんの犬を調べてみると、狛犬が出てきました。これは手彫り印鑑の方に採用しました。

あえて挑戦して、犬のブチ模様の中に「東堂印章」を入れてみましょう。
先週の日曜日、午前中いっぱい使い、あら、書けてしまいました。
でも、東堂印章とあまり分からないので領収証には使えません。

書いたものをいとこが見ると、なんでここ星なのと聞いてきました。
ここに目がいって、東堂印章をわかりにくくするためです。
その時に思いつきました(笑)
ホントはなんとなくです。
C8DECB71-3B49-4F1B-BE00-CD2141B0E523.jpg


posted by 一日3本 at 00:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

「岡」の字の衝撃

きっかけは会社の角印の中に「剛」の字を入れるのはどうかと検討中の時でした。
社名とは関係がありませんので、昔の字の形で入れてはと、字林を見ながら、
岡の下の山の部分を富士山にするのはどうかとか、ホントに山の形にする仕方もありますなどと提案していました。
だいたい決まり
お客様が銀行に行っている間に、白川静先生の字源の辞書で、うっかり「剛」という字を調べてしまいました。
そこには衝撃的な事実がありました。
「岡」の字の上の部分は鋳型で下の山の部分は火を表しているそうです。
土で作った鋳型を火で炙って強度を出しているところだそうで
隣の「リ」は刀で、刀でも切れない鋳型で、「剛」が強いという意味になったそうです。
もちろん字源は一つの解釈で、他の考え方もあるとは思いますが、白川静先生は第一人者。
剛の字はもとより岡の字をよりたくさん彫ってきましたが
ずっと山部分は山と思って、彫って来てしまいました。
それは決して間違えではないのですが、時に山は炎🔥を意味していることがあるようです。
オカといっても丘の字もありますね。
と、はんこ職人に25年目に気付きました。

ただただビックリで、その時のお客様には炎風にしてお彫りしました。
90AC083C-2C3A-4B03-8B0B-B1C6A6CFA8A8.jpg


剛という字がますます好きになったと言って頂きました。
字源は油断ならないです(笑)
posted by 一日3本 at 10:41| はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

キャンバスに押せるように

もう10年以上前に、日本画家さんにモチーフを入れた印相体で落款印をお作りしたことがあります。
当時は渋谷にお住まいで、お店の前を通る時に挨拶をして頂いたり、差し入れをして頂いたり、あるいは実用品のはんこのご注文を受けたりしていました。
その画家さんの絵が有名な天満宮さんに奉納することが決まり、その絵の中の落款印は自分が作ったものと思うと誇らしい気分になれました。

しばらくお見掛けしないなと思っていましたが、久々に現れると渋谷から引っ越されていて、今日は新たな落款印をお願いしに来たそうです。
最初に作った時は、この方がどんな絵を描くか知らずにいましたが、今回はとても実力のある方と分かっていて、また天満宮さんに奉納する絵に使うつもりと分かってしまっています。

これはプレッシャーだなと言いながら接客を始めてみると、意外なほど順調にデザインが決まっていきます。信頼しているのでおまかせでという雰囲気ですが、それは困るので方向性をラフで決めて欲しいとざっと書きます。
今回は四角を得意な朱文で篆書体系でモチーフを入れて、合わせて丸で白文(字が白抜き)でお彫りすることになりました。

四角と丸の落款印を並べて押す場合、丸を上に押すのが正式と初めて知りました。

丸に白文の篆書体は初めてで、印相体で学んだ空間を埋める技術を少し使うとまとまりました。
単純な篆書体では朱色で出る部分が多すぎて、押しづらいと思われたからです。

四角はモチーフの橘家紋を文字の気持ちで彫れたことがイイところです。
あれ、なんのプレッシャーもなく出来てしまいました(笑)
篆書系でもモチーフを入れたりして、独特な落款印が作れるようになってしまったかも。
意外と上手だ(笑)

自信を持ってお渡しして数日後に電話があり、四角はんこをキャンバスに押すと真ん中が出なくなってしまい、後ろから押さえることもできないので、端っこを落として真ん中を飛び出すとように凸状の印面にできますか?問い合わせです。

トクサで周りを削って、それによって太くなったところに印刀で細く整えればなんとかなるなと思い、キャンバスを持って来て欲しいことを伝えました。

お持ち頂いた小さなキャンバスの上ではんこを押すと、キャンバスの裏側のべニア板がしなって、凹んでしまい、やはり練り朱肉を使っても、真ん中が出ません。

真ん中が出るように、ひたすら調整です。
新トクサも手も赤くなっていきます。
730E0376-9D40-4833-84C7-7075D2C981BB.jpg
30分くらいでできますと言ったのですが、出来ず一旦帰って頂き、3時間掛けて試行錯誤の末なんとか出るようになりました。

もしかして、キャンバスの裏側に固いものを置けばしなりがなくなり、押せるのではとやってみましたが結局上手くいきませんでした。

キャンバスの押す位置によって、凹み具合が変わり、どの位置でも完璧に押せるのは不可能という結論に達しましたが、最初よりも出やすくなりました。

再びのお渡しの時に、
とてもこのはんこをデザイン的に気に入っていて、田のところが葉っぱになっていたり。
そこは僕が考えてしたのではないので、神さまが降りてきたのかな(笑)
こんな会話をしつつ、
上手く押せなかった場合の裏ワザをお教えして、終了です。

少しでも小さいサイズの方がキャンバスに押す場合は良いようです。
形も四角よりは、丸とか角丸の方が上手く押せる確率が高くなるようです。

とても勉強になりました。
いつかこの落款印が押されている絵を
観たいと強く思いました。
posted by 一日3本 at 11:41| 無理を聞く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする