2023年07月24日

日本人の新規のお客様

はんこ屋という仕事を成り立たすためには、ものすごいたくさんお客様が必要です。
その理由は
どんなに気に入ったはんこ屋でも、自分用に3本、家族用に数本、会社用というのもありますが、
それほどの数には成りません。
一生物と思って作っていますので、基本1回限りです。
木ですと欠けてしまって作り直しも少しあります。

結婚の時に作り、子供が生まれて作り、孫が生まれて作りと三代に渡ってのお付き合いの方もいます。 
リピートしていただくのに長い時間が経過します。
飲食店、アパレル店さんなどとの大きな違いです。

神宮前3丁目に移転してからは、日本人のお客様のほとんどが、リピーターさんか紹介の人に成りました。
外国人さん達は、新規がほとんどです。

はんこ屋を成立させるためには、たくさんのお客様が必要で、そのためには日本人の新規のお客様もたくさん必要です。

日本人のお客様が来店された時に、リピーターさんか紹介の方か尋ねます。
最近、新規の日本人のお客様が続きました。
その人たちの来店キッカケは、なぜはんこ屋なのにGoogleの評価が異常に高いのかと興味を持ったからのようです。

そう、ホームページが古く作り直そうかなと思いつつ、作り直す原稿を考える労力大変だな。
日本語無しで英語だけのホームページを作ろうかなとも思いました。
ところがGoogleの紹介ページに外国人さん達が生の良い評価を入れて頂き、それを見てまた他の外国人さん達が来店されるを考えると、ホームページのいらない時代なのではと思えてきました。

口コミ評価というあやゆやな所に立脚するわけですが、日本人、外国人に関わらず、はんこにこだわりのある人達がターゲットなので、それもいいかも知れません。

自分では、評価を気にせず、どんな仕事でも手を抜かす、明るく仕事をするだけです(笑)

外国人さん達には、一緒に写真に写ってと良く言われますが、日本人では赤ちゃんと一緒くらいです。
外国人だけではなく、日本人からも一緒に写真に写ってと言われる日は近いのでしょうか(笑)
posted by 一日3本 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月05日

ヤマタノオロチ

お客様からヤマタノオロチに関して、面白い話を聞きました。
そのお客様、自分が本を読み、ネットで調べたことを正しく伝えるために、話の構成やリズムが崩れて、こんな面白い話をつまんなく話すなんてと
そこが気になり、話の内容が頭に入って来ませんでした(苦笑)

ヤマタノオロチを
軽くネットで調べて、頭に残ったものを書いてみます。
この話、まったく正しくありませんので、読み流して下さい。
では、

ヤマタノオロチ、スサノオどちらも効いたことがありますし、もしかしてスサノオがヤマタノオロチという怪獣を倒したんだっけなぁと思います。

古事記の中にヤマタノオロチという八つの頭と尾を持った大蛇を、スサノオが強いお酒を使って倒して、尻尾から鉄の刀が出てきて、これが後に三種神器の一つ草薙剣になったとあります。人柱になる予定だったクシナダヒメとスサノオは結婚しました。こんな感じのハッピーエンドの話のようです。

ヤマタノオロチの話をして頂いたお客様の出発点は八つの頭を持つ大蛇なんているとは思えないでした。
そうですよね。キングギドラの頭が三つでさえ
邪魔な気がします(笑)

そこで気付いたのは、漢字は後から付けたもので、物語は口で伝えられていて、話が少しずつ変わり、漢字にして書く段階では大きく話が変わってしまったのではないか?
ヤマタノオロチを漢字にすると八岐大蛇ですが
そのお客様の説は、ヤマタが国の名前でオロチが鉄を意味し、スサノオがお酒を飲まして侵略者を退治して、当時は銅の刀だったのをその一族が持っていた鉄の刀を奪ったという説です。
漢字は後から付けたもので、正しい意味を伝えているとは限らないという考えが面白いです。

ヤマタノオロチの正体には、諸説あるようで、鉄の技術を持った八つの部族、北陸地方など人が侵略。これはお酒で相手を倒したというのは人がヤマタノオロチという説です。

出雲にある斐伊川(ひいかわ)は良く氾濫を起こしていて、スサノオが治水事業をしたという説。
ヤマタノオロチの形状の表現がこの川に近く、更には砂鉄も取れ、クシナダヒメには田という漢字が入っているからとこの説ができているようです。
この二つの説を合わせると、氾濫を起こす川の治水に成功し、クシナダヒメと水田を作ったスサノオ。次に川の砂鉄で武器を作っていた部族をお酒を使って征伐して、鉄の剣を手に入れた。農耕と狩猟、両方でこの地区に平和と繁栄をもたらした。これでどうでしょう?

神話なのですが、草薙剣が実在するところがこの話の不思議なところです。
歴史野良面白さの一端に触れました。
23A180B1-D33D-4A55-AFAC-8C50E143C8F5.jpg

posted by 一日3本 at 07:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月10日

2023年のゴールデンウィークは

2023年のゴールデンウィークは、ゴールデンウィークを完全に無視して、通常通り日曜日だけお休み、後は10時30分から20時まで営業しました。
コロナ前までは1月から4月のゴールデンウィークまでが忙しく、ゴールデンウィーク前に頼んで、ゴールデンウィーク明けに取りに来るという注文が必ずあり、いつ休めるんだよと必ず嘆いていました(笑)

コロナ前は3月に忙しさのピークが来ていました、
2023年1月はコロナが落ち着いてきて、この程度の売上では、運転資金が無くなったら、お店を畳むことも考えないと思っていました。
ところが2月、3月、4月とどんどんお客様が増えていきます。
やっと忙しくなってきたところなので、ゴールデンウィーク休んでる場合ではないと営業すると
5月3日に4組の外国人旅行者さんが来店、2組が手彫りで、ゴールデンウィーク史上一日の売上として最高を記録しました。
3時間の英語接客でボロボロになりました(笑)

これで5月8日から1週間の作業が埋まってしまい、5月4日5日はとにかく彫って、5月6日はお客様が多く、ゴールデンウィーク営業して良かったなと心の底から思いました。

外国人旅行者が増える時期、外国人が日本に住み始めるのが多い時期があるのか、軽く調べておいた方が良いようですね。
ゴールデンウィークが明けたから、忙しいはまったくありません(苦笑)
過去に捉われずに前を向いて。
posted by 一日3本 at 07:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月29日

2023年ゴールデンウィークは通常営業

2023年のゴールデンウィークは特別な休みはなく、4月30日(日)と5月7日(日)と日曜日だけお休み。
後は10:30〜20:00の営業になります。
通常と変わりません。

やっと忙しくなってきたところですので、その流れを大切にしたいと思います。
アメリカから落款印の受け取りに来るアーチストさんの予約もあります。
有難いかぎりです。

最近なんで、英語が特に上手に喋れないのに、外国人に英語が通じたと書かれるか分かりました。

手彫りをはんこを注文され、1週間後に受取りに来たアメリカ人旅行者に向かって、いつ日本を経つのかと聞き、明日と答えると、
「トゥモロー、グッバイ」
このトゥモローで驚きを込めて
グッバイに、せっかく仲良くなれたのに寂しいと気持ちを込めます。
するとアメリカ人さんは、あなたの出会えたことは貴重な経験だったと言い。
ハッピー、ゴールデンウィークと言いながら去って行きました。

以前は頭の中で訳して、なんとか喋ろうとしていたのが、
簡単な単語、文が反射的に出て、気持ちをのせることができるようになりました。

その分、日本語で8時間接客しても疲れないのに、英語で2時間半接客するとヘトヘトです(笑)

オランダのアムステルダムに来ない?と聞かれて
「アイ ホープ ソウ」行きたいけど現実的に難しいを込めて言いました。
英語はオーバーに色々気持ちを込めるから、まだ疲れてしまうと仲良しな人に言うと、
「それはお喋りだからで、普通に答えれば良いだけで、聞いた方も単純な答えだけでいいはずですよ」と言われました。
喋ってないのに、お喋りが原因と言われました(笑)リアリィ?

posted by 一日3本 at 10:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月23日

ニューノーマル

はんこ屋にとって、今がニューノーマル新常態です。
コロナ前の世界、河野大臣の政治的なパフォーマンスと疑われるペーパーレス無しのハンコレス政策前の世界は、もう戻って来ません。

2023年のはんこ屋を取り巻く状況は、既成品の認印が売れない、季節によるはんこの需要は極めて少ないです。
コロナ前のしぶちか時代は、毎日既成の認印が10本くらい売れました。今は1週間で10本くらいです。
1月から4月までの人の動く時期に、はんこの需要が高まり、3月末決算の会社が別会社を作ったりと自然に忙しかったです。
2023年1月あまり忙しくならない時、はんこ屋という業種自体が成り立たない仕事になってしまったのではと思っていました。

ところが2月、3月、4月とどんどん忙しくなっていきます。
で、印材屋さんに、他のはんこ屋さんも動き始めたでしょと聞いてみると、3月で忙しさは終わってしまいましたと答えました。
そうか。うちでも、外国人からの注文が無ければ、忙しくないものね。
外国人のお客様が増えるかどうかはあまり季節とは関係ない気がします。

日本の季節に合わせた忙しさは無くなり、外国人旅行者、お住まいの方、アーチストさん達からの手彫りはんこのご注文。日本に住み始めた人達からの機械彫りのはんこなど、バラエティ豊かにご注文頂けます。

その為のニューノーマルは、常に急ぎの仕事に対応できるようにすることです。
作業環境の良い今の場所にお店があることが、
それを可能にしています。

また、ユニクロ原宿店さんとコラボで、はんこ屋デザインのTシャツ等が売れているそうです。
そんなデザインの仕事も新しく楽しいです。

以前手伝ってもらっていた従姉妹から、臨海線でユニクロ原宿店で購入した「判子」バックを持っている外国人を見かけ、なんか感動してしまったとメールが来ました。

どんな仕事でも決して、手を抜かない。
これはニューノーマルではなく、職人として当然のことです。
posted by 一日3本 at 09:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月14日

これが現実

光回線のケーブルが届き、交換すると、電話fax wifiが復活しました。2023年4月13日
ご不便をお掛けしました。

昨日はあっ電話鳴ったと驚きつつ(笑)、英語かもと思いながら出ると、会社印を安くと値段だけを聞いてくる日本人。機械彫りであっても、プロの作るものは他店より高いのだよと絶対来店しないなと思いながら電話を切ります。
外国人は値段ではなく、当店の評判を聞いて来店頂けるのに、はんこ文化の日本人が金額だけで判断するとは、情け無い。
スリランカからの留学生さんたち4人がわざわざ来店されて作ってくれたのに。

次の電話、認印のことをシャチハタと言うと間違っていた人で、この人は既成の認印を買いに来てくれました。

次の電話はNTTからで、コード上手くいったかの確認かと思いきあ、営業でした。コードを取り寄せたことさえ、部署が違うから知らなかったと言ったので、直ぐに切りました。

その次の電話も日本人で会社印を同じ印影で作れるかとのお問合せで、はんこは本人のものであっても、同じものを作ると、作ったはんこ屋が偽造の罪に問われますというと、勉強になりましたと感じの良い方でした。
しかし、お客様にはなりません。

一方、アメリカお住まいのアーチストさんから、あなたを見つけたと喜び、落款印の注文がありました。毎月外国人アーチストさんのハンコ作っているのに、日本アーチストは一年で二人くらい、
何でしょう。
外国人アーチストさんの方が総体的に人数が多いからということにしておきます(苦笑)
posted by 一日3本 at 09:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月12日

2023年4月12日電話fax通じません

昨日午後2時頃、急にお店のwifiが繋がらなくなりました。
ルーターの再起動を何度しても解決できませんでした。
ふと見ると、繋がっていない見慣れない線があり、これが破損してしまった光回線の線と分かりました。
午後6時過ぎにやっとわかり、そのケーブルを手配しましたが、明日4月13日に届く予定です。
このことにより、電話もfaxも通じなくなりました。
ご不便をお掛けします。

印刻作業はアナログなので、問題なくできています。
posted by 一日3本 at 09:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月27日

シン・仮面ライダーを観て

映画「シン・仮面ライダー」を渋谷の映画館で観ました。
楽しく映画鑑賞しましたが、観ながら何度もこれは仮面ライダーではなく、シンだからと思いました。

見終わった感想は、まるでアニメみたいな映画で、実写でアニメを作ったように思いました。
CGが多いかったからでしょうか?
それだけではない気がして、なんでしょう?

渋谷で売り切れていた映画のパンフレットが新宿で売っていて、娘がちょうど新宿に行っていてパンフレットを買ってきてくれました。
それを読むと、なんで自分がアニメーションのように見えたかが分かりました。
答え合わせをしてくれたようで、正解でなんか嬉しくなりました。
4月にNHKで、庵野監督の密着が放映されるようで、もう一つの疑問、俳優さん達のセリフか棒読みの秘密は分かるのでしょうか?

シン・仮面ライダーは観たことのない映像で、庵野監督しか作り得ないモノです。
是非映画館での鑑賞をオススメします。

個人的には長澤まさみさんの怪人を主役にして、別に一本みたいです。
ハーレークイーンのように(笑)
posted by 一日3本 at 09:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月13日

一日6組目標

2020年10月から裏原宿に移転して商売を始めました。
一日6組の来店があれば、商売として成立つなと思いました。
手彫りのはんこの注文、受け取りの人、既製品を買いに来た人、どんなお店か見に来た人、話に来た人と色々な方々が来て、お店に人の出入れがあるのが重要と感じました。
データがあったわけではなく、あくまでも感覚です(笑)
たまに6組達成しても、それが続かない2年でした。
ところが2023年2月下旬からは、一日6組以上達成する日が多くなりました。

それは最初に考えていたのと違い、外国人さん達と日本人の来店者数比率が2:1になってからです。
つまり日本人2組くれば外国人が4組くらい来る可能性が高く、目標来店数に到達できます。
例えば、3月11日(土)まず日本人が2組ご来店。手彫りの注文と既製品の購入です。
そして、アメリカ人、シンガポール人、中国人、オーストリア人、ロシア人と5組。
一日7組ありがとうです。
一時期、3組の外国人さん達が同時にお店にいた時には、どうなることかと思いましたが、なんとかなりました。

季節とはあまり関係なく、外国人さん達が日本に住んでいる方、旅行者共にご来店頂けます。
季節、時期による来店者数の増加ではないことが
商売上の安定感を感じます。
花粉症で充分季節感は感じていますので(笑)
posted by 一日3本 at 11:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月20日

大吉は引ける

神社のおみくじ、90%以上の確率で大吉か引けます。
特に自分で選べるおみくじは、光っているのを選ぶと大吉なので、簡単なので、おみくじを引く意味がないように思えて来ます。
2020年に引いたおみくじは大吉。

でも、コロナ禍が襲ってきて、とても大吉とは思えませんでした。

明治神宮のおみくじには、大吉や吉などなく、天皇の御言葉が記載されています。
妻の母を呼んで、お正月を一緒に過ごした後、引いた明治神宮のおみくじは親を大切に。今年は
思いがけぬ異変が起きても、心は広く豊かに、これってコロナ禍でも明るく前を向いてでしょう。
そう明治神宮のおみくじは、天皇のお言葉なので、既に起きたことに対しての労いのお言葉だと分かってしまいました。
これからの一年を占うおみくじではないのではと
思えます。

そんなおみくじに興味を失っていましたが、ふと見たネットの情報で五つの龍を祀っている田無神社にそれぞれの色の龍の形のおみくじがあり、それがポップで欲しいと思いました。
そのおみくじは、自分で選んで良いので、光っているのを手にしました。
やっぱり大吉。
8E81F987-DB74-43C1-93D1-AD7D78121267.jpg
しかも、初めは冬の枯木に見えてこの末、どうなるかと気遣うも
春となって花が咲くように、末よき運。
今、必要な言葉を頂きました。

外国人だけですと、商売的に安定せず、どこを目指すか迷いがありました。
目標は一日6組のお客様。外国人4組、日本人2組。このためには何をしていくべきか、考えて行動していきます。
末よき運なり。
posted by 一日3本 at 10:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月17日

夢授業を終えて

九州の中学2年生とオンラインで繋いで、職業人と喋るという会に参加しました。
4人ずつ3組の予定で進行し、Google meet対応にChrome Bookが役に立ちました。
最初の一組目、四人とも顔の表情が動かず、緊張しているのが分かります。
話していても何に興味を持ってくれるか分からず、生徒さん本人が喋った方が良いかなと思い、早目に質問タイムにしました。
あまり、話が弾まないまま、時間が経過しました。
最後に目標を持って生きる面白さを伝えたかったのですが、上手く伝えきれませんでした。

二組目は、やや顔の表情が見えたのてますが、話は弾まない感じでした。
オンラインは難しい。音も雰囲気もあまり伝わって来ないので、壁に向かって話している感じです。

ところが三組目になると、生徒さんの表情が緩んでいて、直ぐに、ニッコリしてくれました。だいたい同じ話なので、こちらも慣れて、どこを省略して、どこを膨らますかができ、やっと話上手になりました(笑)

この後、10分間のフリータイムにも予定外に参加して、生徒さん達も来てくれました。

面白い体験でしたが、一組目、二組目の生徒さん達には、ホントはもっと面白く話せるだよと伝えたいです(笑)

はんこは一本ずつ、違うことに意味があり、そのことがはんこ本質であり、はんこは一本ずつ違うものであることがはんこを使う前提になっていること。
これを上手く伝えるには15分では無理です(笑)


posted by 一日3本 at 07:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月13日

2023年2月15日(水)変則営業

2023年2月15日(水)の営業時間が不規則になります。
10:30〜13:00営業
13:00〜15:30お休み
15:30〜20:00営業
となります。

13時からのお休み時間は、どこかに出掛けるのではなく、店舗にいますが、九州の中学校とオンラインで繋ぎ、そこで「夢授業」と言って中学2年生と職業人が話すという機会を頂きました。
その学校の先生が当店のお得意で、その方からの頼みなので、してみます。
はんこ職人は、目指してはいけない仕事だけどいいの?と初めに聞きましたが、プライドを持って仕事している人に話を聞く会なので大丈夫ですと言われました。

事前アンケートで、その職業に就くために、卒業後どのようにすれば良いかとありました。
自分がしてきた方法では、今からはんこ職人になれないことに、あらためて気付きました。
はんこのデザインについて、冊子や書かれた本など無く、印稿を書いては10年間父にダメ出しされ続けて、どんな名前、どんな書体でも80点以上のものが作れるようになりました。
そこから印相体系のアレンジは、印鑑の文字に関する基礎があるので、荒れないで作れます。
今、当店でのご注文の9割以上が印相体系なことを考えるとうちのお店で修行はできません。

では、どうすれば良いでしょう。
デザインの基礎とタイポグラフィ(文字に関するデザイン)を学びましょう。それから2年間英語圏に留学しましょう。できたら2カ国。
戻って来たら、1年間、どこでもいいので、ハンコ屋で働きましょう。その時まだ残っているハンコ屋にはなんらかの特徴があるはずです。
それと共に
ダメな点を見ておきましょう。

個人ではんこ屋を始めるにあたって、日本国内ではなく、海外を相手に商売することを考えて下さい。
ハンコレスが進んでいく国内ではなく、もともとはんこが無い海外にこそ、チャンスがあります。

ユニクロ原宿店とのコラボイベントのために考えたポストカードに印相体で名前を書くを中学生2年生の皆さんに書いてみました。
皆さんの夢の実現を願い書きました。
はんこのデザインの面白さ縁起の良さを感じてもらえたら、嬉しいです。
F8847405-DDC9-4680-825D-C5E1AB03C568.jpg
ユニクロ原宿店さんではボツになりました(笑)
では、ご不便をお掛けしますがよろしくお願いします。
posted by 一日3本 at 07:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月27日

希望の光

久しぶりに印材屋の前の担当者ベテランさんと話ました。
ホントに暇で、危ないですと言います。
そして、この時期なのに、見積りさえ来ないと言います。
大口の場合、見積りで少しでも安くしても金額が合わずに注文されないのではなく、そもそも大口注文が無くなってしまったんですね。

コロナ前の世界は来ないことをあらためて思います。

津軽三味線の家元に納品で伺うと一時期は、どうなるかと思っていたところ、新年会の仕事が来たりして前はそうだったと思い出したと言っていました。

本物は残って行くんだなと思います。

当店では1月は思っていたより売上が良くありませんでした。コロナ中、後の別の世界と分かっていても、コロナ前と比較してしまいます。
外国人さん達は、日本に住んでいる人、旅行者さんと色々で、手彫りと機械彫りも両方います。
旅行者さんの手彫りの注文は自由に彫れて楽しいです。
7D7A14AF-C6C6-4E4A-B8D9-C3EFCB574619.jpg
一日2組でしたが、これを一日6組にすることが目票です。

1月の売上が悪い時は
旧暦で動いているから2月から良くなると思うことにしています(笑)

色彩学、語学、手相まだまだ修行したいことが
いっぱいあります。
自分のレベルアップこそが希望の光です。

posted by 一日3本 at 10:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月25日

印相と手相は一文字違い

印相と手相、印と手の違いだけで近い感じがしていました。
それでなくても長い接客時間、手相まで見だしたら、永遠な接客時間になってしまうので(笑)、しないと言っていました。

新聞の手相の本の広告に、頭脳線の先
「て」の先端部分が下向きは右脳タイプ、上向きは左脳タイプとありました。
家族の頭脳線を見てみると、右脳派、左脳派と両方ともいます。絶対感覚的に生きていると思っていた人が左脳派で、あれっと言うと私は熟考タイプと言いました。分からないものです(笑)
自分は下向きで感覚優先の右脳タイプ。
えっ理知的左脳タイプのはずが(笑)
家族の手相を見て、何より感じたのは、日本人は手相が好きでした。
早速Amazonでその本を購入しました。

ところで手相は左右の手で違いますが、どちらの手で見るべきなのでしょうか?
ネットで軽く調べてみると左は持って生まれたもの、右が現在の手相とありますが、流派がたくさんあり、それぞれ違うともありました。

かつて印相もたくさんの流派があり、それぞれ違いがありました。
でも、真剣にはんこを作っているところが少なくなってしまい、たくさんの流派とは言えない状況です。
自分は父から印相体を学び、父は文字によっては八方位全てに接しない場合でも、そのまま文字の形を優先していました。
自分はそれを進化させ八方位全てに枠と文字などを付けるようにしました。
印相体のアレンジの仕方に名前を付けました。
当店独自な印相体と言えます。

きっと手相もこんな風に流派が出来ていくんだろうなと思います。

本を読みながらあらためて、自分の頭脳線を見てみると、あれ先端部分が真っ直ぐと下向きと二つに分かれてます。
下向きが深いですが。
07FE45BF-145C-41BE-A19D-3C38D2BC5FA0.jpg
またネットで軽く調べてみると、先が二つに分かれている頭脳線は好奇心旺盛、多彩を表し、1番納得したのは、一人で物事を完結したいタイプ。
まさに今の仕事は自分で注文を取り、一人ではんこを作り、手渡す。一人完結型の仕事です。
きたよ。
どんな占いも、その基本性格通りで当たりやすいです。

手相とは、自分で自分のことを良く知るためのもので、意外と自分のことは自分で分からないもので、自分を良く知ることによって開運につなげる手段なのでしょうか。

当店では手相は見れませんので(笑)

posted by 一日3本 at 11:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月09日

成人の日に思うこと2023

自分の成人式の日、成人式に出席せず、いとこの結婚式で、北海道に行きました。
夜は札幌の居酒屋で初めて、ナマコを食べさせてもらい、コリコリして美味しかったです。
東京でナマコを食べても、あの味はなく、北海道だったから、美味しかったんだと後で気付きます。

成人式といえば、ナマコの思い出なのですが、ススキノには連れて行ってもらっていません(笑)

成人式がまだ、1月15日だった頃には、成人の記念にはんこをプレゼントする方も多かったです。
親御さんだけではなく、お姉さんが弟さんへのプレゼントと聞くと、こちらまで心があたたまり、多少無理な納期でも頑張ってお彫りしました。

ところがハッピーマンデーとやらで、成人の日が曖昧となり、成人の記念にはんこをというのが少なくなりました。
さらに成人は何歳か良く分からなくなってしまいました。
成人の日ではなく、20歳の誕生日にとか社会人になるのでと、ハンコをプレゼントされる方はいます。

良く若い人何人で高齢者一人を支えることになるという話がでます。
しかし年金定期便?を見ると個人が払った金額を回収するのに65歳から受給して20年くらい(85歳)かかり、会社で同じだけ負担しているので、健康保健分をざっと考えてもブラス10年。
つまり、年金は自分が払った分、回収できる可能性が極めて低く、若い人が支えているのは年金の運用に失敗したところなのではと愚考してしまいます。

新成人へのメッセージは、とにかくチャレンジし続けて欲しいことです。
待っているだけでは何も変わりません。
チャレンジし続ければ、それは色々な形で効果が出て来ます。
これが、はんこ職人として生きてきた実感です。

若い世代が希望を持てる日本であることを願って。2023年成人の日。
posted by 一日3本 at 06:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月05日

2023年は悪くなる要素なし

2020年3月後半からお店の売上が下がりました。
はんこ屋としての繁忙期は1月から4月の人が動く時期です。
ところが3年間に渡り、この時期の売上が悪く、
今は変革への我慢の時期、目の前の仕事を手を抜かずに丁寧にと思って仕事していました。

大学院でコレラの歴史を研究している方から、コレラとコロナはすごく似ていて、コレラが落ち着くのに3年かかっているので、コロナも3年掛かると思いますと言われました。
なので、その3年が過ぎたので、もう良くなるしかありません。

暇なのをいいことに、はんこのデザイン、アート展開と言い、デザインコンテストや公募展に出品しましたが入賞しませんでした。
ところがユニクロ原宿店さんとのコラボを躊躇なく進められたのは、コンテストなどに出品していたからでした。

あまり先のことを考えると、コレラの歴史と同じように、落ち着いた数年後にまたコロナの大流行が来る、インフレによる景気悪化の不安、日本は大借金国なことを政治家は無視など次々に悪い要素が出てきます。

でも大丈夫。
一番の要因、コロナが薄れたら、悪くなる要素が無くなります。
人間の気持ちが前を向いた時の強さが悪い要素さえ、良い要素に変えていくはずです。
さあ、楽しんで笑いながら、手を抜かず生きていきましょう。
946C0033-43DE-4717-A394-E57DF02B4F99.jpg
posted by 一日3本 at 11:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月29日

卯年を目の前に気付いてしまった

月にいるウサギは餅つきをしているイメージです。それで、こんなハンコも彫りました。
下のはんこの龍の玉の中に餅つきウサギ。
A386F6C9-3456-4E4B-A25E-8FA60EC2EC51.jpg

吉祥に関する本を見ていると、「玉兎搗葯(ギョクトトウヤク)」中国では月にいるウサギは不老不死の薬を搗(ツ)いて、長寿の縁起が良いとありました。あれ搗くって何でしょう。
搗く(ツク)は葉などを潰して薬を作ることのようです。
日本では、それがいつの間にか、餅つきに変わったようです。
もう月を見ても、美味しいお餅のイメージではなく、苦い薬のイメージです。
やってしまいました。
これを読んだ人も気付いてしまいましたね。
イメージの共有です(笑)
posted by 一日3本 at 20:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月26日

2022 〜2023年年末年始のお休み

渋谷荒見ハンコは2022年12月30日〜2023年1月3日までお休みになります。
1月からも日曜日定休日となります。
2023年1月28日(土)ユニクロ原宿店さんとのコラボイベントがあった場合、店舗はお休みになります。よろしくお願いします。
posted by 一日3本 at 13:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月08日

マイナンバーカードを作らない理由

ネットの記事でアンケートを元にマイナンバーカードが普及しない理由が書かれています。
その記事は大抵、マイナンバーカード養護よりです。

でも、自分が作らない理由は少し違います。
1.デジタル社会への入口のはずがアナログなカードを作らせる。
色々なカードを一枚に集約するためのカードと後付けされています。でもデジタル目指しているのにアナログなカード、矛盾していませんか?

2.ICチップの中にどんな情報が入っているか分からない。
個人でICチップを読み取る機械は多分持てないでしょう。となるとマイナンバーカードに自分に関するどんな情報が入っているか、分からないイメージがあります。なんかイヤです。

3.性善説に立ったセキュリティ
IT企業から独立した際に、はんこを作りに来てくれた方々にマイナンバーカードのセキュリティについて聞くと、人が作ったものは人が破れますよ。そして一度破られたら、マイナーチェンジしかできないと思われるのでと、みんな同じ解答が来ました。
政府が言うところのセキュリティはあくまでも悪い人のレベルを低く考えている気がします。デジタル犯罪は世界が相手ですし、マイナンバーカードを読み取る機械が普及すると、関わる人も増える、人が増えれば性善説が成り立たなくなる。
最近、住基ネットの情報漏えいで、逮捕者が出ました。毎日のようにe-Taxを語る詐欺メールが来ます。e-Taxをしてないので、引っかかりません。
でも、移転したタイミングで、クレジットカードの詐欺メールが来て、情報を途中まで入れてしまい、クレジットカードの番号を変更してもらった過去があります。

3.マイナンバーカードは身分証?
最近、生命保険の手続きの書類を送る際に、マイナンバーカードは、本人を表す書類に入っていませんでした。こんなことがあると、身分証なの?と思ってしまいます。

4.あの人が大臣のうちは
あとは、ペーパーレスとはんこレスは同時にすべきものを、はんこレスだけ自分のパフォーマンスでして、売上減少するはんこ屋に対して何の保障もしなかったあの大臣在任中は、作りません(苦笑)

結局
アナログなはんこ屋は、デジタルが嫌いがこのブログを書きながら、あらためて気付きました。
遅い(笑)
大切なことはめんどくさいことに意味があると
少し年上のおじさんが言っていました。

posted by 一日3本 at 07:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月01日

岡本太郎展を見て

東京都美術館に岡本太郎展を見に行きました。
NHKのタロウマンを見て、今年、岡本太郎展があることを知り、楽しみにしていました。
日時指定のチケットを購入して、いざ会場へ。
E0A2F39C-FE1E-4B89-8FC8-A1541B2F5393.jpg
驚いたのは、写真撮影が全てOKだったことです。
スマホで写真を撮ることばかり考えると、作品を肉眼で見ることが疎かになるので、バランスを取らねばと思いました。

見たことのない作品もありましたが、新しい感じがなく、どの作品がメインなのか分からない、凡庸に並べただけと思ってしまいました。
岡本太郎が生きていたら、こんな展示するわけがないのにな。
入口を入ったところでは、子供の声で面白いと聞こえて来ました。後半はそんな声も無くなりました。

もちろん一素人の感想です。岡本太郎作品をあまり見たことのない人達には衝撃があったかも知れません。

次に岡本太郎展をするとしたら、どうすれば良いか考えてみました。
写真は限られた作品だけ、撮影OKとする。
その方がかえって写真を撮る人が増え、拡散するのではないでしょうか。
リスペクト、コラボコーナーを作る。
岡本太郎さんをリスペクトしている人達に岡本太郎作品とコラボ、リスペクト作品を作ってもらい展示する。オカモトズは音楽を提供してくれるのでは。海洋堂のフィギュアと実際の作品を並べて展示も面白いと思います。

万博は行ったのですが、太陽の塔の中に入ってません。
太陽の塔の中をバーチャル体験したいです。
芸術は爆発だの方をテーマにして。
E666DC6F-4256-48DF-809B-8854086C50A6.jpg
posted by 一日3本 at 07:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする