2017年09月05日

円柱形

う一連の出来事について、異なる立場でのそれぞれの話を聞く機会がありました。
これはあのことなんだと思いつつ、以前聞いた話を思い出しながら、なるほどこんな風にすれ違っていったんだなと分かりました。
どちらの話に、自分としてはより共感できるというがあるものの、それは裏と表という感じでしょうか。

と思ったところで、裏表ではなく、円柱形の建物を例にした方が、今回の場合は合っている気がします。

真上から見た人は丸といい、真横から見た人は長方形といい、斜め上から見た人は円柱形という。
円柱形だけが正しいのではなく、丸も長方形も立つ位置が違うだけで、その人にとっては本当のことです。

きっと弁護士さんにとっては、こんなことが日常だと想像できますが、はんこはパーソナルなものですので、一人の意見を聞くことがほとんどです。

こんな機会を得たのは、何か意味があるはず、と思い当たるのは、渋谷の再開発問題。
しぶちかは渋谷再開の蚊帳の外という感じだったのですが、今年の4月のしぶちかの組合の総会で、理事長からオリンピックの後に東急百貨店の西館を壊すことを決まっていて、そこにフードショー、しぶちかの電源、空調設備があり、このままですと電気が来なくなってしまうと発表されました。
そこで目を付けたのがしぶちかの真ん中、店舗の裏側にある空間、ここに電源設備等を作りたいと東急さん側から提案があったそうです。
それにあたっては、しぶちかをかなり手直しする必要があり、商売を続けたい人には、場所を提供するが現在の場所とは限らないというあやふやな状況です。

しぶちかを商売を続けたい人、権利を売ったり貸したりしたい人、開発する側の意向。それぞれ立場が違えば見え方が違う。それが当たり前のことと理解すること、そのことで前に進めるはずです。

はんこは円柱形ですから、得意なはずです(笑)
posted by 一日3本 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

エピローグ

すみだ北斎美術館を出るとちょうどお昼時。
両国駅周辺には、ちゃんこ料理屋さんがたくさんありますが、一人で昼からちゃんこ鍋を食べる気にはなれません。
両国で食べるのに、どこにでもあるチェーン店というわけにもいかず、どっどどうすると思っているうちに、ぐるっと周っても決められません。
パスタランチは少し引かれましたが、結局ガード下にあるこの地区で1位になったことがあるというカレー屋さんに入りました。

名物カツカレーの食券を買って、カウンター席に着くと、無料で大盛にできますと言われ、(.そこまで言うなら)大盛でとお願いしました(笑)
ここは福神漬だけでなく、らっきょうも席に置いてあります。
最近、らっきょうをテーブルに置いているところ少ないですよね。
そんなに好きな訳ではないですが、あると少し食べたいです。
ちょっと得した気分です。

店内を見ると力士さん達のサイン色紙が6枚くらい並べて飾ってあります。
黒色で手形が押してあり、
墨で力士名が書かれ、
その色紙のなかにハンコが押されています。
色紙の左下に白文と朱文の四角いハンコが2つ、
右上に引首印と呼ばれる縦長の長方形のハンコが朱文で一つ。
伝統的な落款印3本セットをいまだに使っているなんて、さすが国技、素晴らしいと思いました。

ところが、力士さんによっては左下がハンコ一つだったり、右上が大関となっていたり、部屋の名前かなと思われたり、ハンコに統一感がありません。

カツカレーが来ました。
大きなカツがほぼお皿いっぱいにのっています。
カレールーとライスだけは、許されず(笑)
食べるとカツも自然と入って来ます。
地域1位というので、カレールーの味を見極めたかったのですが、カツが入ったカレーの味しか分かりません。もちろん美味しいのですが、どう美味しいかは表現できません。

とにかく力士さん達のサイン色紙の中のハンコが気になってしまい、色紙の飾ってある後ろを振り返り、振り返り、らっきょうを交えながら、頂きました。

そして白文のハンコで、ヒドイ機械彫りのものを見付けてしまいました。
2行のハンコで左右の文字数が違い、文字数の少ない右側は字が太く、左側は文字、画数が多く文字が極端に細いです。
左右で太さがこんなにも違う四角い白文のハンコを初めて見ました。酷すぎます。

力士さんのサイン用のハンコという新しい営業品目を思い付いてしまいました(笑)

「力士 サイン色紙」でググってみると、名前は墨で、手形は朱色、ハンコ無しパターン、達筆なサインに落款印1コなど様々でした。

サイン色紙がオークション品になっていることにも気付きました。
そうなると、真偽を見極めるための落款印に価値が上がっていきます。

いいぞ、相撲人気(笑)
posted by 一日3本 at 11:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

すみだ北斎美術館

両国にあるすみだ北斎美術館に行って来ました。
北斎さんは、自分の先生のように思っています。

モチーフの資料として、北斎さんの鷹の絵を見た時に、鷹の羽根などの模様がリアルではないことに気付き、リアルでなくても模様が部分部分で違うことで、本物のように感じられることが分かりました。
絵がヘタなので、できるだけ忠実にモチーフを彫らなければ何か分からなくなるという呪縛から解き放ってくれました。
もう自分のお師匠さんです(笑)

北斎さんがひらがなをアルファベットの筆記体風に書いてあるものがあり、当店の申年の住所印の中にとうどういんしょうを
アルファベットの筆記体風に書いてみました。
60481946-BDDC-4467-820B-4D66682DE70B.jpg
絵の専門家にできて、文字の専門家にできない訳がないと作成しました。
ホントは、ひらがなをアルファベットの筆記体風に書くというアイデアがスゴイのです。

両国駅を降り、方向音痴なので、Googleマップを見ながらも間違えながら辿り着きました。
迷ったら外国人旅行者が向かっている方向に行けば良いようです(笑)

思いの外地味な美術館が現れました。
A9F04DDA-E505-4CFD-BE57-637A8DE62654.jpg188BA7E4-F63F-4B31-989D-A6E2F2ACD82A.jpg
この建物が何の形なのか、分かりません。
浮世絵が散りばめられている建物を想像してました(笑)

富嶽三十六景の展示を見ると描かれている富士山が全て違う形、見る角度、見る位置で富士山が違うのは思えば当たり前、流石北斎さんと思ったところで、そのような説明が書かれていました。
自分の普通過ぎる感想にがっかりです(笑)

広重さんが自分は見たものを描いているだけ、北斎さんは構図が独特だというようなことを言っていたようです。
斬新なレイアウトでモチーフの富士山を入れて彫ってみたくなりました。

高齢になっても、あと10年いや5年あれば本当の絵が描けると向上心を持ち続けていた北斎さんに脱帽です。

浮世絵、版画の作成方法の映像が流れていました。
迷いなく版画を彫る刀を見て、自分なんてまだまだだなと思いました。

すみだ北斎美術館を出るとスカイツリーが間近に見えました。
B904C916-A504-497C-B529-79331BF4EE33.jpg
もし北斎さんが生きていたらスカイツリー三十六景でも作成していたでしょうか。

お師匠さん、スゴイです(笑)


posted by 一日3本 at 19:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

2017年夏 東堂印章お盆の営業

<平成29年東堂印章お盆の営業>

8月11日(金) 11:00〜20:00 営業
8月12日(土) 11:00〜20:00 営業
8月13日(日) 11:00〜20:00 営業 はんこ屋職人お休み
8月14日(月) 11:00〜20:00 営業 はんこ屋職人お休み
8月15日(火) 東堂印章お休み
8月16日(水) 10:00〜20:00 営業 但し はんこ屋職人は午後から出勤
8月17日(木) 10:00〜20:00 通常営業

今年の夏休みはどこに行くでもなく、母の転院の付添があるため16日も午後から出勤になる予定です。

ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いします。
posted by 一日3本 at 09:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

最近のお土産



各地からお土産を頂いております。
台湾のお土産。意外な美味しさ。
699AEFF2-B1B1-43EC-8BC7-96825980DF5E.jpg


神戸のお土産。レミーマルタンがもう懐かしいです。
48DA08CF-BE45-4B3A-B827-73C5FEC21252.jpg

蒲郡のお土産。一般的に蒲郡で分かるのでしょうか?愛知県です。
汁がこぼれやすいので、お皿に出して食べる様に書いてありましたが、とりあえずお店で、食べたくて、それを無視して袋から食べたところ、案の定、汁でベタベタです(笑)

B1BF1B59-907C-46EF-B915-2C5CF2DACC26.jpg
まだまだお土産、お待ちしております。
posted by 一日3本 at 12:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

ニュー鳥金から「とりきん」へ

しぶちかはんこ屋の直ぐ近く、JR渋谷駅のガード下にニュー鳥金さんという焼鳥中心の古くからの呑み屋さんがありました。
そこの専務さんが、朝早くから夜遅くまで働いてるはんこ屋を見て、とても誉めて下さり、俺も若い頃は寝ずに仕事したよと、よく言われてました。

ところが耐震工事のために、一年間くらい休業しなくてはならず、近頃やっと再オープンとなりました。

店名をひらがなで「とりきん」と変えられました。
B63055C8-A7FA-428A-AB3E-99C88EB46BC2.jpg

オープンした後に忙しいですか?と聞いてみると、検索に引っかからなくなり、オープンしたことが伝わってないようで、食べログとかに載るとイイらしいだけど。

食べログのことは、よく分かりません。
自分のブログに書くくらいなら出来ます。

自分でも検索してみましたが、とりきんではまだ出てこないようです。
店名変更ってこんなデメリットがあるんですね。

とりあえず、まずは飲みに行かないとと、最近お気に入りの二人を引き連れて、とりきんさんに行って来ました。

ニュー鳥金さん時代も行ったことがないので、味は分かりません。そのことを充分伝えた上で行きました(笑)

知り合いのお店は、基本おまかせで、料理をお願いするのですが、専務にどれもおすすめだから、好きなものを頼んでと言われてしまいます。

とりあえず焼鳥と炒め物を頼むと、あれ美味しぞ。
はんこ屋さん、ここ美味しいですよ。会社の飲み会は、ほとんどがチェーン店で、そういうところと比べて断然美味しいですよ。
チェーン店に飲みに行かないからな。
焼鳥は塩でわさびを少し付けて食べるスタイルのようです。
青菜炒めも美味しいです。
なんだ、どれも平均以上に美味しいです。

周りを見るといつの間にか満席。
心配することないです(笑)

専務がはんこ屋さんが来たから満席だよなどと言ってくれても信じません(笑)

生まれて初めて、まっこりを飲み、韓流ドラマでベロベロに酔っ払うのが、分かりました。

そんな中、もしはんこ屋さんがコーヒーチェーン店で働いたらと言う話が興味深かったです。
有名コーヒーチェーン店は、商品のファンを作りたいので、あえて店長は半年毎くらいに変えるそうです。
はんこ屋はおしゃべり、コーヒーチェーン店で勤めながらも3つくらい話してもイイよね。
ダメですよ。
絶対これおすすめだからとか、外国人さんにはどの国から来たかとか、一人3つだけ(笑)
面白い番組が出来そうなので、私が成功したら撮りに来ますね(笑)

オチがないと叱りながら楽しく、美味しく飲めました。
喫煙の方も多いので、そのあたりの気にならない人には、おすすめです。
メニューにハズレ無しです。
食べるのに夢中で焼鳥の写真忘れました。
9001F1EC-2D46-41F4-9EE3-F5E5B1103D52.jpg67AC0225-C244-4F55-A98C-DEFB8E5DFACE.jpg
posted by 一日3本 at 07:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

本柘の銀行印の値上げ

東堂印章ホームページを一部、変更しています。

7月こら本柘の銀行印、認印の値段を上げています。

本柘12ミリ丸10,000円、13.5ミリ丸11,500円税込になりました。
チェーン店の機械彫り価格に比べて、当店の柘の値段が安過ぎると感じたからです。1本あたり1万円は貰わないと、一本彫り上げる時間に見合わないと気付いたからです。

また、納期は通常1カ月、最短で2週間程度という表現に変えました。

よろしくお願いします。
posted by 一日3本 at 22:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

別れの曲

先週はショパンの別れの曲が聴きたくなりました。
たくさんの人がそんな気持ちでいたと思います。

便利な時代で、ちょっと検索すると色々な人の演奏で聴くことができます。
検索で最初に出てきた人の演奏が一番好きかもと思ったりします。

静かな有名なメロディを聴きながら、ありし日を想い、静かに別れを実感していきます。
あれ、曲調が急に激しくなるところがあります。
これは、静か哀しみから感情が高まったところが表現されているのでしょうか?
クラシック関係のお客様が現れないかとしばらく待ってみましたが、現れないので、仕方なくネットで調べてみました(笑)

すると分かったことは、そのことではなく別れの曲というタイトルはショパンが付けたわけではなく、この曲が別れの曲という映画で使われ、日本だけで別れの曲と言われていることです。
正式名称はエチュード(練習曲)10の3だそうです。
それではこの曲の一般的な解釈は必要ありません。

尚、別れのワルツは男女の別れの曲だそうです。

平原綾香さんが、別れの曲に歌詞をつけて歌っていることが分かり、それを聞いてみますが、思い描くような歌詞ではありませんでした。他の人も歌詞を付けていましたが、イメージと違います。

こんな歌詞を想像していました。

あ〜想い出す君の笑顔 笑い声

哀しみが涙となって流れていく
その涙は止まることを忘れたかのように

あ〜想い出す君の笑顔 笑い声
僕まで笑顔になることを思い出させた

こんな歌詞を想像してました。
結局のところ、歌詞はなくても充分に
別れの曲です。


posted by 一日3本 at 11:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

山崎ナオコーラさんのツイッターで

昨日、来店された方から、昨日の作家の山崎ナオコーラさんのツイッターで
はんこ紹介されていましたよとお聞きし、ツイッターも見せてもらいました。

随分前に作ったサイン用に印鑑です。
ありがたいですが
なんでまた、みたいな感じです(笑)

そしてその方に
はんこ屋がナオコーラさんが親になったと知ってとても喜んでいたと
コメントしておいてねとお願いしておきました。
自分でコメントすればと言われましたが、人とつながりたくないのでと答えておきました(笑)

山崎ナオコーラさんのツイッター
posted by 一日3本 at 10:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

にんにく ちょうだい

作務衣を着たおじいさんが
「にんにく ちょうだい」と言っています。

えっ、なんだ???
「うち はんこ屋ですけど」
「にんにく ちょうだい」
「ありません」
「はんこ屋さんだよね。
いんにく ちょうだい」

「あっ、いんにく 印肉ですね。
すいませんでした。にんにくと思って。
先程、東急の生鮮売場はどこなの?というおばさんがいて、そこのパン屋さんを入ったところです。パン屋でなくて生鮮。ですからパン屋さんの所を入ったところですというようなことがあったところで、にんにくと思ってしまって(笑)
すいません。」

結局この作務衣おじいさんは、朱肉と既成のはんこを購入して頂いてから、買った朱肉を使って押してみてと言われて、押してみせると納得されていました。
買う前ではなく、買った後なのが、とてもちゃんとしています。

このおじいさんは90歳で20歳の時から渋谷に住んで70年だそうです。
しぶちかが今年60周年なので、しぶちかができる前からですね。

そして、おじいさんが
「こんなことを言ってはなんだけど、君は笑い顔がいいね」
「ありがとうございます。
でも、たくさんの人が来るので、笑い顔ばかりではいられないんです(笑)」

自分の空耳に呆れつつも、楽しいひと時でした(笑)
posted by 一日3本 at 10:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

飲み会のお礼?

お客さんと、お客さんのお店に飲みに行くのが趣味で、それも基本、月に2回までしか飲みに行かないとルールを決めています。
以前は10人前後で飲みに行き、その場を仕切って、ちょっと経験したことのないような飲み会をすることに凝っていました。

今年になり、大勢で飲みに行くことに興味を失い、多くて4名までで行くようになりました。

既に何回か飲みに行ったことのある人としか行かない傾向があったのですが、久しぶりに初めて飲みに行く男性を二人と一人は仲良しのお客さんと4名で行ってみました。

すると、後半もう、面白くて涙を流しながら笑い続けていました。
なんで、あんなにも面白かったかわかりません(笑)
仲良しのお客さんから、はんこ屋さんはSですよね。言われた記憶はあります。
Sと言っても物理的にあるいはイジワルなものではないので、好き勝手にツッコんでいたのだと思います。

ラグビーチームのカメラマンくんがツッコミ所、満載で、みんなでツッコム表現の仕方がそれぞれ個性があり、面白くて、ツボにハマり、笑い続けていたのだと思います。あまり記憶がありません(笑)

最後に仲良しのお客さんがカメラマンくんに、とりあえず今日の帰りにTarzan買って筋トレすることと言い、3ヶ月後に再び集まり、体の締まり具合を確かめるということになりました。

スゴく面白かったので、逆に同じメンバーで集まっても、あれを超える事はないから、別に3ヶ月後にまた飲み会やらなくてもいいなと思い、あっこういう所がSというか、飽きっぽいところなんだよなと思っていました(笑)

そんな気持ちを見透かしたように、ラグビーチームのカメラマンくんが手土産を持ってゴム印の注文に来てくれました。
ゴム印の注文で手土産はいらないよと言ったのですが、恒例ですのでと、美味しそうな食べたことのない、ゼリーをお持ち頂きました。
B45475CE-B4B8-4644-B357-E048FC3B62F2.jpg
これって、飲み会のお礼だったのでしょうか?
カメラマンくんは、トレーニングメニューをプロに考えてもらい、まずは歩いているそうです。
本格的です。引くに引けない感じになってきました。こういう所が面白いんですけど(笑)

posted by 一日3本 at 10:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

平井堅さんのノンフィクション

どんな曲を自分がとても好きに思うか、真剣に考えたことがあります。
同じミュージシャンでも、この曲は好きだけど、こちらはそれほどでもなくということがあっても、理由がわからないのです。

結局、音楽の好みは、明確に言葉に出来ないという結論です。
でも、好きなミュージシャンが自分の経験と近いことを歌ってくれていると、その曲は特別なものになります。

佐野元春さんのbad girlなどがそんな曲です。

ところで平井堅さんのノンフィクションを聞かれましたか。
TBSテレビのドラマ「小さな巨人」のテーマ曲です。
平井堅さんがMステに出演された際に、このノンフィクションという曲は親友が相談無しに自殺しまって、そのことを曲にしたと話したそうです。

それを知って、聞いてみると、もう特別な曲になりました。
早速、iTunes Storeで購入しました。

ただ逢いたくてが、自分の気持ちと分かりました。
posted by 一日3本 at 12:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

1万円以上する本

この本を本屋さんで発見したのは、12年以上前、父がお店に来られなくなってからです。
字典で、篆刻で彫った字が漢字ごとに整理されて収録されています。
この本、いいかもと思ったものの、本体価格が9千円台、当時はあまり運転資金も無く、使うかどうか判らない本に出すには、ちょっとと思い、何度か本屋さんに行ったものの、結局止めてしまいました。
本屋さんの検索機で、その本の情報はプリントしておきました。

年月が経ち、縁あって、書の教室の生徒さん何人にも落款印の注文をお受けしました。
同じ漢字を色々と変えてお彫りしたいと思い、この字典のことを思い出しました。
当時のメモを探したのですが、
小さなお店なのになぜか、そのメモが見つからず、購入することが出来ませんでした。

ふと、お店の中を整理していると、あれメモが見付かりました。
きっとこのタイミング、新しい印相体を考えている時に必要な本なのだと、早速発注しました。

それがこの本です。
622FC603-F1CA-4212-A0EF-8F589CFDDECC.jpg
30人の篆刻作品の文字が収録されています。篆刻作品の文字はアイデアが面白く、うっかりするとしばらく、ニヤニヤしながら、この字典を眺めてしまいます(笑)

この人達に負けないアイデアが自分にもおりてくるはずと思い、頑張っていきます。



posted by 一日3本 at 09:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

都市伝説ではなく

5月1日月曜日深夜、仲良しの設計事務所の男性が既成の認印を購入しに来ました。

はん:ゴールデンウィークはお休みできるんですか?
設計:3.4,5は休んで、6.7は出るつもりです。

はん:大変ですね。今日はとにかく忙しくて、手彫りのはんこの注文に6組来られて、ゴールデンウィークに入って落ち着いたところに唐突でビックリです。
どうしてなんだろと思い、お客様と話しているうちゴールデンウィーク9連休の人が2組いました。はんこを作りたいと思いつつも、なかなか時間の取れなかった人が9連休中の平日で時間が取れてなんです。

設計:9連休なんて都市伝説と思ってましたよ(笑)
(カレンダーを見ながら)土曜日から休むと9連休になるんだ。
はん:はんこ屋なんて4日の日、一日休むだけで、すごくテンションが上がっているのに(笑)
生まれて初めて、音楽フェスに行くので、プレイリストを作って、それを聞いて想像を膨らませているところです。
大学時代にフェスとかなかったので(笑)
3つのステージがあるんですけど、メインステージから動きません(笑)

設計:ぼくは近くにバーベキューに行く予定です。
はん:天気が良いようでよかったですね。
では、ゴールデンウィーク明けにまた。

ご来店頂いた男性のお客様中心に、はんこ屋になってゴールデンウィーク一番楽しかった話をしていこうと思います。

日曜日と5月4日(木)だけお休みです。
尚、接客中は電話に出れません。


posted by 一日3本 at 09:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

平成29年5月4日(木)お休みします

<2017年東堂印章ゴールデンウィークの営業>

平成29年4月29日(土)11:00〜20:00
平成29年4月30日(日)11:00〜20:00 はんこ屋職人はお休み

平成29年5月1日(月)10:00〜20:00
平成29年5月2日(火)10:00〜20:00

平成29年5月3日(水)11:00〜20:00

平成29年5月4日(木)お休み

平成29年5月5日(金)11:00〜20:00
平成29年5月6日(土)11:00〜20:00
平成29年5月7日(日)11:00〜20:00 はんこ屋職人はお休み

平成29年5月8日(月)10:00〜20:00

今年は5月4日(木)のみお休みになります。
日曜日は店舗はいとこが営業しておりますが、職人はお休みです。

ご不便をお掛けしますがよろしくお願いします。



posted by 一日3本 at 22:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

昨年までと違う

さて、はんこ屋さんの忙しさのピークは毎年2月3月 。
新年から忙しくなり始め、3月にピークを迎え、ゴールデンウィークにおちつくというのが今までの流れでした。

ところが今年は1月は昨年より忙しく、
逆に2月は普段の月と変わらない注文量で手彫りのはんこの注文が増えません。
3月の20日まではやはり注文量が増えず、
特別に忙しい月もなく、ヒマな月もなく、手彫りはんこの注文が平均化されたようですと、話していました。
これは良いことなのか、悪いことなのか?というところです。

ところが、3月21日以降何が起こっているのかと思うほど、ご注文が増えています。
昨年までは4月には段々落ち着いていくのですが、逆に増えていきます(笑)

一つのピークが4月13日でした。
4月の初め、引き渡しのはんこが、もう2週間では仕上がらないといとこと話していたところに、昨年会社印を注文して頂き、今年に入って個人のはんこを注文して頂いた会社から、別の会社のはんこ3本セットを9日間で欲しいと言われてしまいました。
担当がキレイな女性ということもあり、やりますよと言っていました。
リピーターさんは、以前にお彫りしたはんこを気に入って下さっているが故のご注文。
基本的には納期の無理は聞くのですが。。。

この話を仲良しのデザイナーさんにすると、はんこ屋さんはハニートラップにかかりやすいんですねと言われました。
いや、むしろハニートラップにかかりたいタイプですと答えておきました(笑)

4,5年振りに本来お休みの日曜日、午前中だけですが、家で作業をし、やっと間にあわせました。
完全な休みがないまま働くと目の下にクマが出来、ボロボロになりつつも、会社印に対する新しい試みを成功させていきました。

4月の売上で2月3月が昨年よりも悪かった分を取り戻せることが確実な状況です。

隣の3コインズの店長さんと話すと昨年までと売れ方が違うと言っていました。もう動くはずの時期に動かず、ギリギリでばあっと売れる。

イベントの仕事でも以前より普通に短納期が求められるそうです。

前もって準備するをみんな忘れてしまったのでしょうか。

また、前の洋服屋さんは、売上の前年同月比を比べても、気候が変わってしまっているので、参考程度一応みるぐらいになってしまったと嘆いていました。
気候の変化による人の消費行動が、気候が違ってきているので、昨年までとは異なり売れ方が違ってきているようです。

まったく先の売上が読めなくなりました。できることは、どんなに忙しくても、コンスタントに一日3本ずつ、はんこを彫ることです。
少しでもはんこを彫るスケジュールに余裕ができれば、急ぎの仕事も受けられます。
さあ、今日も3本。

posted by 一日3本 at 13:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

お久しぶりです

先週の土曜日、既に何本もご注文頂いた方々がお店を訪ねて来て下さいました。

九州からお越しの方は、ご実家が熊本でギリギリのところで風が吹き、火山灰が降ってこなかったそうです。
(ここで)はんこを作って、恋愛運はアップしてません(笑)が、実家が守られて。
それは、はんことは関係ないと思いますが、正に神風だったんですね。
九州お土産を頂きました。
九州限定、あまおういろはすです。
5244CCD7-D968-42F7-9CB5-B5329F4FD42F.jpg

全国に転勤のあるお仕事をされている方は、今は富山県にいらして、今の時期のぶりは、とても、美味しくて、東京でぶりは食べれないかもと、言っていました。
海産物は時期毎に美味しいものがあり、飛行機代は早割りを使えば片道1万円を切るそうです。
魅力的です。

近くの広尾から印章受け取りに来られた方からは、パレンタインと高級チョコを頂きました。この方も何本も頼んで頂いています。

はんこは、そんなに色々頼めないものですが、気に入って下さった方々は限界まで頼んで頂いて、有り難いなと思います。

限界まで頼んで頂いた後は、ちょっと顔を見せて頂けて、これは渋谷に店舗があるからと、おじいちゃん、父親に感謝です。



posted by 一日3本 at 12:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

15日はコーヒー豆



2月14日までは、皆様、チョコレートありがとうございます。
14日過ぎてからチョコをもらったことはないので、今日15日はとても寂しい気分で過ごしていました。

今日は手彫り印鑑の説明、ご注文の方が多く、受け取りに来られた方は、いとこが担当しました。何か頂いているなとは思っていたのですが、注文のお客様をそのまま接客していました。

接客が終わると、「淑子さまからコーヒーを頂きました。注文の時にコーヒーの話をしていたので」といとこに言われました。

ご注文の時にこんな話をしました。
挽いてもらってコーヒー豆を購入しても、飲んで美味しいのは2日間だけ、後は味が飛んじゃう。
ミルを買った方が良いか、でもそれは洗いやすいものとか、言っていました。

その後は他のお客様からドトールコーヒーさんの福袋を頂き、簡単ドリップコーヒーが意外と美味しいことを知り、それで満足していました。

早速、頂いたコーヒーを飲んでみました。
コーヒーが入るまでの、ゆったりした時間、飲んでいる時のリラックスした時間こそを差し入れてくださったんだと気付きました。
ちょっと独特な味で飲んだことがない味で贅沢な気分にもなれました。
ありがとうございます。

こんなことを書くとコーヒーにうるさく、なんでもうるさく思われそうですが、缶コーヒーは飲みませんが他は何でも飲みますので(笑)

C8937F29-B510-45BA-B970-EC3DE7E415D3.jpg
posted by 一日3本 at 17:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャチハタと認印の違い

夜8時以降は、自分としては大切な仕上げ彫りをする作業時間と思っています。
店舗が狭いこともあり、夜8時以降もシャッターを閉めず、電気も点けたまま、ひたすら話しかけちゃダメオーラを出して(笑)真剣に彫っています。
トイレの場所を聞かれることが多く、そのことで作業を中断したくないのです。

夜も10時を過ぎてから、40代の男性がシャチハタはダメで認印はイイとか、海外生活が長いからなんだか分からないよと、聞こえような独り言を言いながら、既成の認印を購入されます。
印刻作業を中断して
「430円になります。」

すると「どうしてシャチハタはダメで認印はイイとかあるの?」
「それは、僕が答えるべきことではないと思います」
シャチハタはダメで認印はイイと決めたところに聞くべきことで、はんこのプロに430円では聞けないよという気持ちです(笑)
「知っているなら、教えてよ」
これが10代20代の人なら、よく興味を持ったと、喜んで説明して、実印をいつか作りに来てねというところです。

以前なら、作業があるのでとか言って、冷たく追い返すところですが、そうすると怒って居座られることがあり、時間を無駄に取られてしまいますので、あなたはその年でこんなことも知らないのねという感じを込めて(笑)教えておきました。
「よくわかったありがとう」とお礼は言えて帰って行きました。

さてみなさん、シャチハタと朱肉をつけて使う認印何が違うと思いますか?
(以前このブログでふれたかと思います)
作業の邪魔をされたくないので、
あらためてシャチハタと認印の違いをまとめておきます。

1.シャチハタは印影が同じ、認印は微妙でも違う。
インクが浸透している浸透印、いわゆるシャチハタはメーカー、サイズさえ同じならば印影が同じです。
ですので、簡単に同じ印影のものが手に入ります。
それに対して既成の認印でも、作るメーカーは作るロット単位では同じでも、次に作る時には太さや字の形を少しでも変えるようにしているそうです。
既成の認印を作っているのは数社でも
昔買ったのと同じ認印を探してもなかなかありません。
シャチハタより同じ印影を手に入れにくかったです。

ところが100円ショップのはんこは、彫らずに型にプラスチックを流しこんで作っています。
するとチェーン店ごとに同じはんこ(もどき(笑))が手に入ってしまいます。
すると同じ印影が手に入りにくいから朱肉を使う認印だけokと理由がなくなってしまいます。

2.朱肉は100年経っても印影が残る。シャチハタは3年くらい?

朱肉の優れていることは押した印影が100年以上残ることです。
江戸時代に描かれた日本画のなかの落款印、修復はあるのかも知れませんが今でも見れます。

それに対してシャチハタの印影は3年も経つと印影が崩れていき、なんだかわからなくイメージがあります。
シャチハタのメーカー品はまだ長く保つ方だと思いますが、他メーカーのものは1年で押した印影が崩れてしまうこともあるようです。

ですので、契約などはシャチハタはダメです。

これでお分かりでしょうか。
本来のはんこは、一本ずつ印影が違うことに意味があり、更には機械彫りで簡単にコピーできないことが重要です。

はんこを押す機会は減っていきますが、朱肉を付けてはんこを押す時は、それだけ重要な場面、手彫りで印相体のはんこがその要件を満たすと考えています。
posted by 一日3本 at 11:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

やっと完成

毎年、干支をあしらった東堂印章の住所印を作成し、それを名刺、領収証に押しています。

まずは、年賀状用に作っているのですが、今年は酉年、伊藤若冲さん風の孔雀を彫るのに3日間かけてしまいました。
そのため、酉年東堂印章住所印ができないまま、2月4日を迎えてしまいましたが、今週やっと出来上がりました。

名刺です。
C818778A-D590-4EE1-B227-90DB17D7340C.jpg

領収証には孔雀印も押しました。
こちらは、ご来店のお楽しみに(笑)
posted by 一日3本 at 16:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする