2008年10月02日

印相体職人養成講座6

<『印相学の知識』を読んで1>
印相体職人養成講座を始めてしまったので、
父から受け継いだ知識だけではなく、
一般的な印相学の知識を得るために、本を購入しました。
昭和59年、今から25年、四半世紀前に刊行された本なので、
今の時代と合っていない箇所もあると思いますが、
最近増刷されたようで、現代印章に広告があります。
さて、その本を紐とくと
良い印章を持っていれば
自然と運が開けるというようなことが書いてあります。
えっ今一番流行っている印相屋のY印店でさえ、
そんなことは、いわないのに。
誤解なきよう、自身の努力次第としっかり書いて欲しいところです。

更に読み進めると、
人間というのは形や色彩への順応性が高く、
順応性が高いというのは影響を受けやすいという意味のようです。
着物と洋装の時とでは、行動が違うと例が挙げられていますが、
現代では必ずしもあてはまるかどうか(笑)
派手な服装をしているといつの間にか派手な性格になる。
同じことが印章でもおき、さらに印章は名前が彫ってあるので、
より影響を与えるという考えです。

このように書いてしまうと、眉唾な感じですが
はんこ屋のお客様で、お仕事用の印鑑を作られた方から
このはんこに見合った仕事をしたかと考えるようになり
仕事も発展していますとお聞きしたり
自分が成功していくことで、このはんこが縁起の良いはんこと
言われますので、がんばりますと言って下さったり、
このような努力するきっかけとなることが良い印章を持つ意味合いと
言えるのではないでしょうか。

読みススメていくうち、この著者の平木場さんは、
まずハンコが彫れないであろうことがわかりました。
易学の大家のようです。
易学方面からの記述は、はんこ屋も知らなかったことがあり
大変勉強になりました。
例えば八方位ですが、運命学では自然界を八季に分けていて
春夏秋冬の四季と
わかれ目のところにそれぞれ18日間の土用があってこれで八季。
これが印相学の八方位となったそうです。

共感できた点は仏像を例にとり、美の法則にのっとってこそ、
尊さ生まれます。
同様に印章も吉相であるものは、
印影が美しくあるべきであるというような記述です。

しかし、その本の中に吉相の印例に挙げてある印影10のうち
かなり、大目にみて2つやっと合格点で、
どれも美しいとは言い難く、完全手彫りかも知れませんが、
彫る技術がへたです。
全体的に曲がって見えますし、
文字が十字になっているところで
横棒に激しい段差があります(苦笑)
ぎりぎり合格の2点も、あと3箇所くらい直すとぐっと良くなるのに
と思うほどデザイン力(章法力)が足りません。

これでは、本の内容と印影が合っていませんので
この作者は、まったく印鑑が彫れないのだと気付いたのです。

気になったのは2点。
印相学では一般論ではなく
それぞれ、その人に合った印章を作るべきなので
信頼すべき印相家に相談しましょうというのが、
たくさん出てきます。
その人のことを知り想って彫ることは、
はんこ屋も重要な要素と考えています。
しかし、印相家という人達が世の中にいるのでしょうか?
あるいは、昭和にはいたのでしょうか?

もう1点は
女性用の認印のサイズを11ミリ丸内外としてある点です。
印鑑の世界はいまだに尺貫法で丸は1.5ミリ刻みで
9ミリ、10.5ミリ、12ミリ、13.5ミリ
15ミリ、16.5ミリ、18ミリ丸が規格のサイズなのです。
銀行印は13.5ミリ内外とありますから、.5が面倒だったから
ではないようです。なぜ11ミリ丸?

そこで、はんこ屋の先輩に聞いてみました。
「印相家という人が昔はいたんですかね」
「その表現は聞いたことないな。
 少なくても、はんこ屋ではないことは確かだね。
 易者さんで、はんこのことに詳しい人かな。
 そうそう、あのY印店も、川崎の大先生からの
 下請け仕事(印刻)をしているうちに易学の方にすすんだので
 易者さんかな」
「その本の作者の人は、はんこが彫れないなと読むうちにわかり
 では、やたらと出てくる印相家もはんこが彫れないはずで
 ではいったい誰が印稿を書いて彫るんだと、もう謎です」

「それと、11ミリ丸の印材が出てくるんですが、
 昔はあったんですか」
「いや規格ではないよ。
 でも11は強い数字なので、いいかも知れないね。
 印相学は色々な流派があるから、
 もしかするとそこでは11ミリがいいとしているかも知れないね。
 うちでも昔は、1にこだわり
 会社の印鑑は、2寸1分丈(長さ63ミリ)の印材を
 作って使っていたよ。
 個人の印鑑は18にこだわって1寸8分丈(長さ54ミリ)の
 印材をやはり作っていて、今ではやめてしまったけど。
 印相学では独自性も大切だから、11ミリ丸いいかも知れないよ」
「頼めば、直ぐ作ってもらえますが、どうでしょうね」

はんこ屋の先輩が数字の持つ力について、
良く考えているのがわかり、新鮮でした。

まだ本は半分までしか読んでいませんので、また次回に。

そうそう、ホームページを立ち上げてすぐにご注文頂いた方は
図書館で印相学の本を読み、印相に興味を持ち
どこで印章を頼むかと色々と調べた結果、非常に高かったり
いくつか実店舗に行ってみても、
最初から最後まで一人で彫るところがなかったりで
納得できなかったそうです。
当店にご注文戴き、感想の中に、
当店の印章が自分に合う服のように感じますというような
表現があり、印章を服に例えるなんて素敵な感性だなと想いました。
もしかして、その方もこの本を読んだのでしょうか。

東京の渋谷駅ハチ公広場下のはんこ店の地図、ハンコ判子のインターネット通販は東堂印章公式サイトへバナー かわいい英樹1g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif 

posted by 一日3本 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 印相体職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

印相体職人養成講座5

<外接点と内接点>
文字と印鑑の外枠が付いているところを、
外接点(がいせってん)といい、
文字同士がくっついているところを
内接点(ないせってん)といいます。

今の印相学では、外接点の位置が重要視され、
八方位を網羅することが重要です。

以前このブログに書きましたが、
生年月日で、内接点数を割り出し、
印相印を作るという流派もあったそうですが
文字と文字を付ける数が決められて
バランスの良い印影を作るのは難しく
偶数か奇数かくらいになり、廃れっていたようです。

最近は、減りましたが、
「画数が悪いので1画増やして彫ってください」
というお客様が時々います。
自分で考えて、そういってくるのは、構わないのですが
占い師さんに言われてきた場合は、困ります。

印鑑の画数は、その字の画数プラス外接点数です。
一番簡単な例は、『一』の両端を枠に付けた印鑑の場合
『一』の字画1、プラス外接点数2(両端)で、
その印鑑としての画数は3画となります。

印鑑にする場合書体によって、画数が異なりますので
印影上、1画増やしても意味がないのです。

もともと字画の数え方は、色々な考え方があり
草冠を例にすると、今の字の通りで3画、離して4画、
昔の字で6画ともうわかりません。
本来の字といってもどこまで、遡るべきなのか。

また外接点数にしても、2つの字から伸びて1箇所接している場合
1と数えるか2と数えるか、これも微妙な問題です。

これらの問題もあり、
現在では八方位の位置が重要と考えるべきでしょう。


内接点で注意する点は、あまり文字同士を付けすぎると
文字としての判別ができなくなりことです。

父が良く言ってこだわっていたのは
「真ん中の縦棒はつけないです」

例えば『木』左右は下(上でも)の文字につけても
真ん中の縦棒は、あえて他の文字に付けないのです。
そうすることで、文字が格段と読み易くなります。
彫っている本人は、文字がわかっているので
あまり感じなくなりますが、文字の独立性を考えて
彫りましょう。

さて、自分の中の疑問は、文字同士は一切付けず
内接点がゼロでも、外接点さえ八方位を網羅するば
印相印といえるかです。
難しいですが、結構面白い印影になると思います。
その答えは、いつか出るのでしょうか。

東京の渋谷駅ハチ公広場下のはんこ店の地図、ハンコ判子のインターネット通販は東堂印章公式サイトへバナー かわいい英樹1g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif
posted by 一日3本 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 印相体職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

印相体職人養成講座4

<ウ冠について>
印相体において、なぜウ冠が特別かというと
点が表せなければ、ワ冠となり、誤字になってしまうからです。

ウ冠をどのように彫っているのでしょう。
ざっと『宇』を書いてみました。

ukan.JPG

左は、点は真直ぐ短く、ワの部分で上につけています。
当店以外では、見たことがありません。
真ん中は、点を伸ばして、枠につけています。
   時々見る形です。
右は、点と枠をくっつけています。
   注意点は、仕上げの時にこの点部分を
   取ってしまわないことです。
   印稿を書く、字入れする人と仕上げ彫りをする人が違うと
   起こりえることです。
   あの山梨県のホームページを見て思いました。

職人がどの形を選ぶのも自由ですし、
これとこれの間くらいが自分の好みと新しい形を確立していくと
より良いです。

上に点のある字は、注意が必要です。

東京の渋谷駅ハチ公広場下のはんこ店の地図、ハンコ判子のインターネット通販は東堂印章公式サイトへバナー かわいい英樹1g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif 
posted by 一日3本 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 印相体職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

印相体職人養成講座3

<篆書を印相体に>

篆書体を印相体にどうすればなるか、考えるために
もちろん(笑)『徳川家康』で篆書と印相体で書いてみました。

tokugawa.JPG

(左)柔らかめの篆書で、手書きを証明するために、
   あえて鉛筆の線を消しませんでした。
   はんこ屋職人が篆書が彫れないではないかという
   疑問を晴らすためです(笑)

(右)その人のことを想って彫る印相体ですから、男性用の堅めの
   印相体で書いてみました。

もうひとつ、パソコンのフォントの例もあると、
機械彫りとの違いが出て良いのですが、
手でトレースしても、パソコンのフォント感は出せないと
気付いてしまったので割愛です。
印相体フォントは、篆書の字の形を
丸ゴジックにして隅を伸ばした感じです。

では職人はどのように印相体を作るのでしょう。
1.横棒はやや上向きに
  篆書体は横棒の左右がやや下向きなのがわかるでしょうか。
  それに対して、全てではありませんが、印相体は横棒の左右を
  やや上向きにします。
  (パソコンのフォントの横棒は、真直ぐでした)

2.自然な流れで文字を伸ばす
  なだらかな曲線で文字を伸ばしていきましょう。
  縦棒の左右は文字の外向きに、
  真ん中の棒は真直ぐすると文字が曲がって見えません。
  篆書にない余計な棒は出来るだけ付けない方が自然で良いです。
  但し、安定感を出すためや八方位を網羅するために、
  四隅を伸ばすのは、構いません。
  (例:『田』の四隅を伸ばす)

3.文字の配置には細心の注意を
  『徳川家康』の場合、上の2字のちょっとした空きが
  文字として成立させるのに重要です。
  左(「家」の上の点の空き)右(「徳」の右上の空き)の空きを
  出すためには、荒彫り段階で空きを仕上刀が使える大きさにする
  必要があります。
 (わかりにく表現でしが、実際に仕上刀で枠を整える段階で、
  この意味がわかるかと思います)
  この空きのために、へんとつくりのバランスを変えてみるのも
  良い方法です。

4.八方位を意識する
  円を八等分して、八等分した範囲内のそれぞれに枠と文字が
  接していれば、良いとするのが一般的ですが
  ここはこだわりを持って
  八等分(八方位)の中心
 (0度45度90度135度180度225度270度315度)
  の位置に枠と文字が接するように印稿を考えてみましょう。
  制約はアイデアを生みます。

5.オリジナリティを出す
  印相体は、ある意味自由な書体です。
  注意することは、文字として読めることです。
  読める範囲内であれば、自由にアレンジできる印相体で
  その職人だけのオリジナルを作っていきましょう。

字林に字の形がある篆書と
篆書を枠に合わせてアレンジする必要がある印相体、
どちらが一般の人にも
職人さんと機械、あるいは職人同士の技量の違いが
わかりやすいでしょうか。

印章組合主催の講座では、一番多くのお客様が求めている
印相体についての具体的な指導はないのかも知れません。
印相体を否定することは、簡単です。
しかし、今一度真剣に印相体で彫ってみましょう。
篆書とは、また違った奥深さがそこにはあるはずです。
どのみち印章はどの書体で彫ったとしても縁起物ですから。

東京の渋谷駅ハチ公広場下のはんこ店の地図、ハンコ判子のインターネット通販は東堂印章公式サイトへバナー かわいい英樹1g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif 
posted by 一日3本 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 印相体職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

印相体職人養成講座2

<誤字になる例>
白舟さんの印相体をネットで拝見しました。
白舟さんは、フォントメーカーとして、超一流です。
しかし、その白舟さんが作成した印相体でも
プロが見るとまがい物です。
(白舟さんの篆書は、すばらしい、合格です)

そのサンプルを見ると印稿にしようした例がのっています。
その中で目を引くのは『徳川家康』の丸印です。
確か山梨県の六郷町の書体見本でも『徳川家康』で例になっていた
気がします。確かウ冠にダメ出ししたような。
書体見本といえば『徳川家康』なのでしょうか(笑)
では『徳川家康』で篆書から印相体にすることを
考えていきましょう。

その前にちょうど、機械的に印相体にすると誤字になってしまう
例がありました。『織田信長』の例で丸枠の上にはみ出して
文字を置いただけでは、印相体は成立しません。
そのまま使うわけにはいきませんので、
枠にはみ出ている分を除きそのサンプルをトレースしてみました。
(左)
oda100.jpg

これでは『織』が文字として成立していません。
手書きでトレースしたので、機械の字の感じが出せませんでした。
定規とか使ってトレースしないとダメなようです。
(『白舟 印相体』で検索してサンプルを見て下さい)

(右)がへんとつくりのバランスを変え、『田』を小さくして
ざっと書いてみました。
はんこ屋職人さんなら、このようにします。
というか、手で書けば、普通にこのようになる気がしますが。。。

このような、機械的に枠、いっぱいになるように字を置いても
印相体のはんことして、成立しません。
どのようにすれば、文字として成立するかを
常に考えて印相体の印稿を書きましょう。

同じ白舟さんの篆書のサンプルをみると印相体より
はるかに良い印稿がありました。
白舟さんのフォントが、素晴らしいことを
あらためて明記しておきます。

東京の渋谷駅ハチ公広場下のはんこ店の地図、ハンコ判子のインターネット通販は東堂印章公式サイトへバナー かわいい英樹1g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif  
posted by 一日3本 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 印相体職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

印相体職人養成講座1

新企画というほどではありませんが
一般的なはんこ屋さんの印相体に対する考え方の低さに気付き
少しでも、まともな印相体を彫れる人を増やすために、
その極意を書いていきましょう。
今回は、まずこころ構えです。

1.印相体とは
  山梨県の六郷町から始まったと言われているのが印相体。
  つまり、篆書のように中国の文字ではなく、
  篆書にアレンジを加えた日本オリジナルの印鑑の書体です。

  篆書を印鑑の枠の八方位に付けていくことから、
  八方篆書体とも言われます。
  また、開運吉相印などとも言われます。

  昔は山梨の人が自宅や企業に印相印を訪問販売をして
  広まったようです。
  「枠に文字がついていると縁起が良い。
   印鑑は自分の分身である」という考え方は、
   覚えやすく、縁起担ぎ好きな日本人に広まり
  現在では一般的に言われるようになっています。

  印相とは手で結ぶ印の形ではなく、
  手相や人相と同じように
  印影にも相があり、
  その形によって縁起の良いもの、悪いものが
  統計的にあるという考え方です。

  昔は、印相印にもかなり色々な流派があったようですが
  淘汰され
  現在では、生まれ年で印材の種類を決め、八方位を網羅し、
  印影の調和がとれているものが印相印の主流です。

2.篆書と印相体の決定的違い
  篆書は空間をいかに、見せるかという要素があります。
  例えばお札の使われている紙幣体と呼ばれている篆書。
  丸の中に文字を四角く入れ、
  枠と文字との空間をきれいに見せています。
  書や絵に使う落款印は、尚、いかに空間を使うかが、
  とても難しい要素です。

  一方、印相体は、いかに空間を埋めるかが重要な要素です。
  ただくねくねさせているのではなく、空間を埋めるために
  曲げたり伸ばしたりしているのです。
  そして、そうすることで違う文字にならないよう
  その文字として成立する条件を考えて、
  枠いっぱいに彫るものです。

  辞典にある字が篆書、辞典にない字が印相体です。

  そういえば
  白舟のフォントで印相体が発売されたようですので、
  今度チェックして報告します。
  まあ、パソコンのフォントのして誰が何に使うのでしょうか?
  それに、そのままでは使えないと思いますが。。。

3.してはいけないこと
  霊感商法の道具にされがちな印章。
  印相体が篆書に比べて、彫るのに手間がかかるのは、
  わかりますが、印相印だからといって
  他の書体より金額を上げるのは、止めましょう。
  それを、推し進めていけば霊感商法に近くなります。
  そして、はんこを作っただけで、運が開けるものではなく
  お客様の努力を後押しするものであることを説明しましょう。

  スポーツ選手が、良く縁起を担ぐことを聞きます。
  ぎりぎりの領域では、努力プラス運が
  大きく勝負を左右することがあるからではないでしょうか。

  そのように、努力を後押しする縁起物が印相印です。
  決して魔法の棒ではありません。

東京の渋谷駅ハチ公広場下のはんこ店の地図、ハンコ判子のインターネット通販は東堂印章公式サイトへバナー かわいい英樹1g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif  
 
  
  
posted by 一日3本 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 印相体職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする