2017年05月10日

鶴亀

当店では、手彫りのはんこには、KF印(じるし)東京製の印鑑ケースを使用しています。(角印以外)
職人は印鑑には格があり、自分の作るはんこの格に合うのがそこの印鑑ケースと考えているようです。

機械彫りのはんこをお持ちの方が、この東京製の印鑑ケースをお求めの際には、職人は売るのがイヤそうな態度をとったり、機械彫りのはんこに、このケースはもったいないとまで言う時さえあります(苦笑)
私はそんなことはありません(笑)

東京の職人さん2人が作っているケースは皮、金具の質が山梨のメーカー品のケースより明らかに良いのですが、二人で作っているので納期がかかります。

先代の時には、象牙のお客様の時だけ、ここのケースを使っていたそうです。
三代目になり、ある時にテレビ取材を受け、そのテレビを印鑑ケースを作っている職人さん達が観て、ここには早く作ってあげないと思って頂いたのか、納期が早くなり、どの印材でもここのケースが使えるようになったそうです。
前置きが長くなりました。

さて、何本も手彫りはんこをご注文の方が「先日頂いたケース、鶴亀の模様が逆転じゃないかな?」
職人「これは東京の職人さん二人が作っているケースなのですが、そこにはこだわりがあり、この位置こそ正しい位置で、山梨のメーカーは逆なんです。
ここのケースはこれでいいです。
0E9ECFEF-3F15-4A8A-8B70-5E1D79E4D97E.jpg
左が山梨、右が東京製

先日、その職人さん二人がテレビ取材を受け、金具がパチンと音が出るのが特徴と言っていたらしいです。
納得して帰って頂いたものの、職人はしばらくケースを眺めています。

あっ目がキラキラして来た、これは職人が変なことを思いついた合図です。メンドくさい(笑)
「あのさ、鶴亀の模様、鶴と亀が向かい合っているので、山梨の位置だと鶴が下を向いていて、下に向かってしまう。一方KF印の場合、鶴は上に向かい、亀は地面、海を目指す。これでどうだろう」
どうだろうと言われも(笑)

印材屋さんが来て鶴亀が逆と言われた話をするとKF印深田さんでは、朱肉を入れる側を下と考えています。
シールを見てもらうと分かるのですが。
シールは模様を隠してしまうので、付けないようにお願いしているけど、見本の古いものには貼ってあるな。
CFECE38F-7848-4C9D-8FCB-CC283686C3B3.jpg
確かに内向きにシールが貼ってあるね。
そうか、はんこを押す時、当然印面が下。
印面を収める側を下と考えると鶴亀の位置こうなるんだ。なんほどね」

昔の人は、良くない言葉を口にしたり、耳にしたりした時に「つるかめ、つるかめ」と言って邪気を払ったそうです。
私は、ここにいて、職人のワガママと自由な発言で、一日何度つるかめといったら良いのやら(笑)
posted by 一日3本 at 10:16| わたしはハンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

あったと言って買った人なし

ふはんこ屋職人がお休みの日曜日は、職人のいとこの私がお店番をしています。

日曜日に手彫りのはんこをご注文に来られた方には、できるだけ職人のいる月曜日から土曜日の間に再度来て頂くように誘導しています。
職人が注文は自分で受けたいという希望があるからです。

それでも日曜日しか来れない方は注文していかれます。
そんな注文があり、それが女性からのご注文の時、月曜日、職人が最初に聞くことは「この人キレイだった?」です。
キレイだった?は一般的にキレイかどうかではなく、職人の好みかどうかを聞いています。
一般的にはキレイな人でも、職人の好み丸顔ショートカットではないと、真ん中近くの評価にしなければなりません。
もうメンドくさい(笑)

小さいお店にいとこと二人でいると、奥さんと勘違いされることがありますが、こんなメンドくさい人の奥さんのわけないじゃない。このことさえ、職人はネタにしています。前向きでいつも楽しそうなのが、いとこの不思議なところです。

日曜日は、既製品の売り上げが大切なのです。でも、
B2F86C49-DD79-4EA0-9933-09A6B2605649.jpg
日曜日、はんこタワーを見ている人で「あった」と言った人が買ったことはないのよと、職人に言うと、なるほどね。探して遊んでいるだけなんだよね。あと、ここにあることが分かったから、必要な時に買いに来ようとか言うよね(笑)
さすが、よく観察していて、上手い表現だと珍しく、褒められました(笑)
posted by 一日3本 at 12:07| わたしはハンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

3.わたしはハンコ

「チン」
あっ呼んでる。行かないと。
「あなたじゃないから、あなたあなたで忙しいのでしょ」
隣のお店のスタッフを呼ぶ呼鈴に、うちのはんこ職人はいちいち反応します。

「ホント。いつもいつも楽しそうね」
「この仕事だけではなく、仕事すること自体が好きなので、毎日楽しいよ。勉強は嫌いで、力仕事はできないけど。」

わたしが出来上がったはんこを袋に推して、何度もまっすぐ押せずにいると、
はんこ職人が口出してきました。
「まず、はんこを押す袋を身体の正面に水平に置く。
EF289719-CF1A-4A2E-A510-2112B1C7B0F4.jpg
朱肉を置く位置が間違っていて、右利きの人は押す袋の右側に置く。
DED94A2F-976B-4212-9FE9-F7D91F292BDA.jpg
朱肉を付ける前にはんこの上正面を確認する。
朱肉を付けた後ももう一度はんこの正面を確認し、印面の向きをイメージしながら押す。」
「もう早く教えてちょうだいよ」
「結果がすべてなので、どう押しても、上手く押せればそれでいいので。誰に教わった訳でもないので」
面倒くさい人です(笑)
「あと、桜サービスしておいて」
「はい、桜サービスですね」
なんでもない安っぽい白い袋に桜のスタンプを押すとそれっぽく見えてしまいます。
こういうことを簡単に思いつけるところが頭にきます(笑)
D6EBCE50-1776-4AE6-B10B-DEB3067721DB.jpg2EA83EE9-7478-4740-AA73-60945F75550A.jpg
わたしが作った機械彫りでも立派に見えます。
posted by 一日3本 at 12:34| わたしはハンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

2.はたしはハンコ

<デンマーク人さんご来店>
店内に外国人の男性が入って来ました。
しばらく黙って店内を見た後に英語で
ここでハンコが作れるか?と聞いてきました。
いとこの店主がすかさずイエスと答えています。
iPhoneで漢字3文字を見せられ、これで作れるか聞いているようです。

いとこがわたしに接客するよう合図してきますが無視(笑)
いつも外国人担当と言ってるじゃないの。
コミュニケーション能力が高いから英語しゃべれなくても大丈夫とも言ってるし。

いとこのはんこ職人が再びイエスと言って、接客開始。
どこの国から来たのか?
はんこをどのように使うのか?
など、いとこは英語、英単語(笑)で質問しながら、
漢字3文字のレイアウトを書きつつ接客していきます。

なぜ外国人さんには、機械彫りでもいとこが感じ良く接客できるのか。
日本人の機械彫りや既成のはんこのお客さんにも優しく接してちょうだいと心の声です(笑)

特に年配の方が既製品のはんこで色々注文をつけると冷たいようです。あなた達世代がはんこは大切なもの、自分のために気持ちを込めて作られたはんこを大事に使っていくべきであると次の世代に伝えていかなければならないのにと思っているようです。

わたしハンコの成長としては、いとこが接客していた英語の内容が分かったことです。
デンマークから日本語の勉強のために来た男性で、もうすぐデンマークに帰えるそうです。日本で使う実用的なものではなく、
お土産用のハンコです。

作るのはわたし。
パソコンに古印体の文字を呼び出し、漢字3文字を1文字2文字の2行にレイアウトしたものをいとこに見せると
右側の1文字が太く、左側の2文字が細く見えるので、まずは太さが同じように見えるよう、左側を太くする。
線と線の間が細く、多分機械では彫れないところがあるので、文字の線の間隔を開ける。
ブツブツ言われながら、やっとokをもらい彫刻。あっと言う間に彫り上がり、彫刻よりブツブツ言われていた時間の方が長いです(笑)

引渡しの時に、いとこは、手で印刻中でしたので、わたしが押し方などを、日本語と手振り身振りでレクチャーしました。
あれ、注文の時と違い日本語を話してくれています。

帰られた後、いとこにポーランド人さん日本語を話していたことを伝えると、喜んでいいのかなんだかわからないと言っていました。
ハンコには、みんな優しいもん(笑)
posted by 一日3本 at 22:55| わたしはハンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

1.わたしはハンコ

友達に、いとこがやっているはんこ屋で、パートすることになったと言うと、楽でお金をもらえて、いいわねなどと言われました。
確かに町のはんこ屋さんを見ると、お客さんが入っていることをめったに見ません。

ところが、いとこのお店は忙しい。
更には今年の9月から外国人のお土産のはんこを短時間で作るために彫刻機を入れ、わたし、ハンコが苦手なパソコンを使いやらされている。
そんな甘い職場じゃないのよと友達に言いたい。

朝から店主のはんこ職人にブツブツ言われ、午後からも頑張ってやらなければならないことがたくさんある時に、自分を元気付けるために食べるランチがあります。

109の向かい辺り、みずほ銀行さんのはいっているビルの上にあるグルメタウンの中にあるサイコロステーキランチ970円です。
これを食べると、元気が出てきて、何度もこのランチに救われました。

お昼何食べよう?といとこと話していると、とにかくこのところ忙しいので、こんな時は肉じゃないと言われ、サイコロステーキを昨日食べに行きました。
着席してメニューを見ると、あれサイコロステーキランチがない、「ない」と心の声が出てしまいました(笑)
するとお店の人がメニューが変わりましてと言ってきた。
ランチでないサイコロステーキは1300円くらいして予算オーバー。
ハンバーグのランチを食べました。

お店に戻るといとこが、何かあったのと聞いてきました。不機嫌な顔が分かったようです。
「あったわよ」
いとこにサイコロステーキの写真を見せて、羨ましがらせる作戦だったのに(笑)
これから、元気を出さなければならない時、何を食べればいいのかしら。
posted by 一日3本 at 11:20| わたしはハンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする