2013年11月11日

シンガポールの新聞社さんに

外国人男性にシンプルなアルファベットのはんこを彫りました。
受け渡しの時に、奥様のはんこも注文して頂きました。
ちょっとお話して、シンガポールのジャーナリストと知りました。
だいたい日本語がわかります。

奥様のはんこの受取の際に
「WEBサイトを見ました。私はシンガポールの新聞社に勤めています。
荒見さんのこと小さい記事ですが、取材したいです」と言われました。
世界進出を企むはんこ屋ですので、もちろん取材OKです。
基本的にお客様として最初に知り合った方には喜んで協力します。
話しているうちに「英語で自己紹介」と言われました。
帰られた後、英語で自己紹介してねという意味だったことに気付きました(笑)

英語で自己紹介、大人になってからしたことないないと思いながら
もう、やるしかない様に追い込まれていますから、とにかくチャレンジです。
まず、日本語で自己紹介を考えて、自動翻訳を使ってみると、もうぐちゃぐちゃです。
おしゃべりなので、長くこれではダメです。
自動翻訳しやすいように、文を短く、主語をはっきりさせて、日本語で考えてみます。
自動翻訳を多少直し、後はこれを暗記すれば良いと覚え始めます。
発音が難しいところや文法上おかしいところはカットして、覚えました。
自分の作った文章ですので、簡単に覚えられました。

昔、はんこは全てハンドメイドでしたので1本ずつ全てが違い、
それでサインの代わりに日本ではハンコを押します。
こんなことを英語で言うために自動翻訳では「サインの代わりに」は
「インステイド オブ サイン」となっていました。
ある日、お店の前を通るアメリカ人男性が、お店を指差しながら
「インステイド オブ シグネチャー」と言っているのが聞こえました。
辞書を調べるとサインはシグネチャーと知りました。
生きた英語が学べる場所です(笑)

思っていたより、取材に来られるまで時間があり、
忘れてしまうよと思い、飲み会で英語の自己紹介の練習をしてみました。
いかに笑わせるかが、テーマですので、
おどろおどろしくサブァイブドと言うと日本人にもちょっと受けました。
なかなか取材に来ないことで、ここにも壁があると思いました。

メールが来てとうとう取材の日、
とりあえず練習したので英語で自己紹介しサブァイブドで、少し受け、ここで終わりと思ったようですが
おしゃべりなので、更に目標と夢について語りました。
なんとか通じたようです。
後は日本語で取材を受けました。
取材が終ると、
テヨンさんが来店して100万円のはんこを注文してくれるのが私の夢ですに
テヨンさんご来店の夢がグレードアップされていました(笑)

そしてシンガポールの新聞社さん(The Straits Times)に記事が載りました。
リンク先はこちらです。日本でもこんなに詳しくはんこ事情について書いてある記事を知りません。

http://www.stasiareport.com/the-big-story/asia-report/japan/story/japan-the-seal-mightier-the-pen-20131110

一方、日本のテレビ局か7〜8分はんこ屋を取り上げてくれるというカッコイイ感じの番組から
打診がありましたが、取材拒否ではないけれど、キャラが違うので出たくないと言いました。
でも、キレイな人や会ってみたい人に会えるなら別ですがと言ってみたのですが、会えないようです。

また東京のラジオ番組からモノ作りの人を紹介するコーナーで生出演の打診がありましたが
土曜日の午後、お店を抜けられないとお断りしました。
土曜日はわざわざ他の町からご来店いただける方が多いので、無理です。
でも、とてもキレイな人に会えるならとここでも言ってみましたが、会えないようです。

テレビやラジオ、その時間をCMとして買ったらいくらになると思っているんだと感じでしょう(笑)

有名になろうと思えばなれるとわかってしまい、結論の予想できることはつまらないので、
有名にならなくていいなと思うのです。
posted by 一日3本 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

ステップ1

なかなか、海外からのはんこが注文がないので、
まずは日本観光客さんをターゲットにしてみましょう。
意外と人気店で、おしゃべりなので(笑)
はんこを注文されて、短時間ではお彫りできない状況です。
ここに問題点があります。
問題解決のための3ステップを思いつきました。

ステップ1
まずは外国人の好きそうな漢字のゴム印を作って置き、
漢字、はんこの文化に慣れてもらいましょう。
そして当店に興味を持って頂きましょう。
文字は写植の楷書で値段を抑えて、日本的なものを作りましょう。
外国人が好きそうな漢字はまったりさんグループに声をかけて
募集してみました。
5個ずつ作成し、完売した漢字を考えた頂いた方を
しぶちかはんこ屋飲み会招待の特典付きです。
ほぼ、いとこに作業してもらい、日本を意識できる商品になりました。
今週月曜日から並べ、
昨日火曜日、外国人旅行者男性が日本の漢字スタンプ2つ、ニジコというスタンプ台と共に
購入してくれました。
image-20131106104137.png
売れた漢字は「幸」と「感謝」です。

裏側にお店の宣伝のためのスタンプが押してあります。手作り感を出すために、ちょっと下手に書いてみました(笑)

iphone/image-20131106122155.png

ステップ2は自分でデザインした漢字のゴム印をやや高目の金額設定で作成し、
デザインの良いものには、お金を出すという海外の人たちの心をくすぐります。
ステップ3は店頭でモチーフ入り印鑑をご注文頂き、海外発送したいと思っています。
そのために分かりやすい、パネルを用意したいと考えています。

「思いついても実行できなければ、思いつけなかったと同じ」という言葉で
自分にプレッシャーを与えながら。
posted by 一日3本 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そこに壁がある

今年(2013年)7月、英語版のホームページをリリースし、世界から本格的はんこの注文を受けられるようにしました。
今は11月、5ヶ月目に入りましたが、未だに一本の注文もありません。
昔、初めて日本語のホームページを作った時は、まだテスト公開の時に注文がありました。

はんこを使う文化のない国の人達に、本格的なはんこを売るのは、なかなか難しいです。
同じことに繰り返しが嫌いな飽きっぽい性格なので、難しいこと好きです(笑)

一方、この英語版のホームページの影響もあり、日本にお住まいの外国人さんが大切なはんこを作りにお店に来て頂けるようになりました。そういう方々が増加中です。
イイものを求めてくれる外国人さん達が、こんなにもいる喜びを感じております。

しかし日本人で自分よりも年上の方々で、プライベートのものを既成のはんこで済ませようとし、さらにごちゃごちゃ言われるとがっかりします。
はんこは誂えたものを使うものですよ。
既成のはんこや、卒業記念の機械彫りのはんこで何でも済まそうとする日本人、大丈夫なのでしょうか。

日本の旅行会社から、ロシア人旅行者が日本旅行中にはんこを作りたいということですが可能ですか?という問い合わせがありました。
滞在期間は1ヶ月先から1週間。
当店に注文すると決めて頂けたら、あらかじめ作業日程を開けておきますので、可能ですと答えました。ホームページのリンクを貼ってくれたそうですが、依頼はありませんでした。

外国人さん達を日本に招いたイベントがあり、そのお土産として、はんこを考えているという問い合わせもありました。
特殊なはんこで本数もあり、はんこ屋の3週間分の作業量なので、金額も必要です。
金額的に合わず、今回ははんこを作ること事態見送りになりましたが、予算の取れた時には是非とあたたかいメールが来ました。
自分の技術を安売りしません。

海外に向けて挑戦しようとすると壁が現れました。
思いもよらない話が来るようになりましたが、注文には至りません。
でも、この話が来るようになったことが重要で、注文に至らない壁の存在に気付き、壁に触ることができました。
壁の存在に気付けば、それを乗り越えて、後に続く人達のために、ハシゴを掛けることができるか?あるいは自分一人が通り抜けれる穴を開けることになるかは、まだ分かりません。
回り道などせず、正面から突破を試みるだけです。

よく、新しいことに挑戦して上手くいかなかったら、元に戻せばいいと聞きます。
自分でも5年くらい前までは、そんな風に考えていました。
しかし、ある時に気付きました。
新しいことに挑戦できる人が元 に戻すことがあるでしょうか。

今はこんな風に考えています。

新しいことに挑戦して、上手くいかなかったら、また新しいことにチャレンジすればいい。

まだまだ世界への挑戦は続きます。
自分の楽しみとはんこ職人を目指し人達のために。
それにしても、スペイン人女性が自分的好みだな〜(笑)
posted by 一日3本 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

銀行の認印

2013年10月28日月曜日のはんこのご注文を振り返ってみます。
朝10時前から韓国人さんから車を買うための実印の注文がありました。

続いてお得意先企業から役職印のご注文がありました。

そして、簡単な認印のご注文が外国人さん達から続きます。
スペイン人女性、スペイン語で「 エレス グアパ 」
(きれいです)を言ってみます。
すると日本語で
「おお、スペイン語、ありがとう。うれしいです」とホントに嬉しそうに言ってくれました。

今度はインド人男性。
「インドの言葉で女性にきれいですは、どう言うのでしょうか」
「インドには、ヒンドゥー語とタメル語があります。どちらですか?」
「では、ヒンドゥー語でお願いします」
「私はヒンドゥー語はわかりません」
なぜ、喋れないのに聞いてきたのでしょう、ツッコミを期待してのふりだったのでしょうか(笑)
「では、タメル語でお願いします」
「ロンバ アラガユルケ」
ロンバがとても、アラガがきれい ユルケがです
はんこ屋も言ってみます。
「ロンバ アラガユルケ」
「お〜、わかります」
この瞬間にぐんと親しい気分になりました。
マレシーアの一部、シンガポールでもタメル語は使われているそうで、
シンガポールの看板には、タメル語表記あるそうです。

次は以前うちに認印を頼んだことのあるネパール人。
練馬からわざわざご来店でした。

その後やっと日本人女性が結婚を機に銀行印を注文して頂けました。

夜8時近く、一人の女性が「銀行の認印は、こんなのでいいのかしら」と
既成の認印を手にしています。
「銀行印ですね。
 銀行印は既成の印鑑ではなく、オーダーしたものを使うものですよ。
 機械彫りのものは、簡単にコピーできてしまいますよ。
 外国人は、オーダーではんこを作っているのに、
 既成のはんこを使おうとする日本人、大丈夫かという感じです。
 女性の方は下の名前で銀行印を作れば一生ものです。
 一生ものと考えれば、それほど高いものではありません」
珍しく説得してみました。あまりに外国人からの注文ばかりでしたので。
「では、作ります」
「最短でも1週間かかりますよ」
と、特別に短い納期を言ってみたのですが
「そうか1週間か。今回はこちら(既製品)にします」
あ〜あ、次回なんてないのに。
銀行の認印でいい人なんだもんな〜(苦笑)

それにしても、最近時々耳にする銀行の認印、これは間違った表現です。
印影を簡単に渡しても良いのが認印。
大切なことにしか、使用しないのが、銀行印と実印。

外国人の方でも、簡単に使う認印と、大切な時に使うハンコは分けたほうが良いです。
posted by 一日3本 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

インターナショナルなお盆

月曜日、日本にお住まいのアイルランドの方が当店の英語版ホームページの地図を印刷したものを片手に
ハンコを作りに来て頂きました。
「Googleの英語版のブログでは、どの国からアクセスがあったかわかり、
アイルランドからも1人あったんですよ」というと
「それは私です」と言われました。
怪しいと心の中で思いましたが(笑)
アイルランドに帰った時にハンコを失くしてしまい、作りに来ましたというので、
ホント方が面白いのでホントでいいです(笑)

火曜日、日本でお住まいのミャンマーの方がインドの方と結婚したのをきっかけにハンコを作りに来ました。
インドで最初に出会い、日本で再会し結婚に至ったそうです。
壮大なロマンです。
日本語の分かる外国人の方には意識的に面白話をして、うけるかどうかを探っています。
今のところ、日本人と同じように笑ってくれます。

水曜日、ベトナムの方が、漢字ではんこを頼まれました。
名前を漢字に自分で割り当ててみたようです。

木曜日、20年前に当店ではんこを作って下さったインドネシアの方が
再びはんこを作りに来て下さいました。
家業を継いで良かったなと思う瞬間です。

お盆期間中、特に目立つ日本にお住まいの様々な国の方々、なぜだろうと考えると
外国の方々にはお盆が関係ないからでしょうか?

木曜日いや〜インターナショナルなはんこ屋だなと思っていました。
夕方はんこを彫っていると、外国人旅行者の中学生くらい男の子に
「Where is toy shop?」と聞かれました。
「toy shop?」
「Yes, toy shop」
「toy shop?」渋谷にトイザラスは無いし、どうする?
「Do you speak English?」
「A li No I don't.」
この子がおもちゃ屋さんでなにを求めているか聞き出し、多分、原宿を案内することはなり、
それを説明するのは無理と判断し、英語話せないもんとしておきました(苦笑)

生の英語の勉強をいくらでもできる恵まれた場所にいます。
もう少し英語力をつけて、チャレンジしていきましょう。
posted by 一日3本 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

キム テヨンと読めますか

韓国人女性がシャチハタネーム9を作りに来ました。
ワーキングホリデーで日本に来て、アパレル関係の職場で必要だそうです。
ワーキングホリデーといえば、オーストラリアのイメージだったのですが、
日本にもあったのですね。

お名前を書いて頂くと漢字3文字で最後の字が「男」という字です。
「これは、あなたの名前ですか?」
男を刺しながら聞きました。
「おじいちゃんの名前から」
うまく質問が伝わらなかったようですが、
女性本人の名前でおじいちゃんの名前の一部がついていることがわかりました。
「男がつくんですね」
「男の子を産むように」
「うぁ、プレッシャー」
「日本にもありますよね」
「子はもともとは男性の名前に使われていたのが、今は女性の名前なのが、そうなのかな?」

韓国の方と分かると必ずする話は
「僕は少女時代が好きなんです」
「誰か特定な好きな人がいますか?」
「テヨンさん」
「テヨンさんカワイイですよね」
なんだろう。テヨンさんが褒められると嬉しい(笑)

「僕の疑問は韓国に行くと少女時代のような人が、ぽつりぽつりでもいるのか?です」
「少女時代は芸能人ですから、いませんよ」
「そうですよね。
 でもここは渋谷なので、時々とてもキレイな人が現れて、聞くとたいていモデルさんです」
「渋谷には本当にキレイな人いますね」

「韓国に詳しい人に聞いた時、韓国にはスタイルのイイ女性が多いと教わり、
 でもイケメンはいないと言われました」
おっ笑ってくれました。
この話の展開、たいていうけます。

「あっそうだ。僕の夢は、テヨンさんから直接はんこの注文を受けることなんです。
 それに向けて、英語版のホームページにハングル文字でキム テヨンと彫ったつもりなんですが、
 読めるかどうか、見てもらえますか」
taeyeon.jpg
「読めます。かわいい、ハートが」
「まあ」
「ここのところハートですよね」
反応が悪いので念を押されました(笑)
「これはまだ本気ではないので、本人が注文に来てくれた時に本気を出しますので」
この程度で誉めてくれるなという感じです。
「まずは、私のシャチハタいいのお願いします」
「シャチハタはぼくが作るわけではないで」
「よろしくお願いします」

時間的にも、価格的にも自分で版下を書くことはできませんので、
できるのは丁寧に注文書を書くことくらいです。
バランス良く出来上がってきますように。
posted by 一日3本 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

台湾のお嫁さんに

「今度弟が結婚することになり、お嫁さんにはんこをプレゼントしたいと思いまして」
「それはおめでとうございます。モチーフは決めてますか?」

「はい。こんな感じで」とお嫁さんの名前とモチーフを描いたものをお持ち頂きました。
珍しいお名前で、なんと台湾の方だそうです。

iphone/image-20130718094626.png

ご注文頂いた女性が少女時代のファンと分かり、ファン仲間としてより気持ちが入ります(笑)

完成品はこちら。
lotus100.jpg
かなり頑張ってみました。

以前日本人の方からの注文で、台湾の方のはんこをお彫りしたところ、
後日、日本人はんこ彫るの上手いねと感想を知れせて下さいました。
「それは間違え、日本人全部が上手いわけではなく、ぼくが上手いだけなので、
 正しておいて」と言いました。
はんこ屋は前から強気だったんだなと分かりました(笑)
posted by 一日3本 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする