2007年01月06日

あるきだした小さな木

小さな木さんからネットで個人印の3本セットのご注文を頂きました。
その際に「あるきだした小さな木」という絵本のイメージで
彫って欲しいとのことで、デザイナーさんです。
うちって確かはんこ屋さんで、
何かのイメージで彫るとか確かないはずだけどな〜(笑)

書体ではなくイメージで良いと言われても、
なんだか変な領域に足を踏み入れている感じです。
しかしプロのはんこ屋として注文を受けたのなら、
どこかにイメージを形にしなければなりません。
仕事印は、ある程度読める印相体系で自由に彫らせて下さいとしました。

その絵本は有名なのかどうなのかと
試しに男気くんに聞いてみましたが知らず、
5名くらいのお得意さまに聞いても知りませんでした。

その後の小さな木さんからのメールで小さい頃読んだ絵本で、
図書館にはあるはずですが、
今も販売しているかわかりませんとのことです。
図書館に行く時間はますますないので、
本屋さんに無ければゴメンナサイです。

彫る前日Book1stで、探しても自分では見つけられず、
店員さんに尋ねると出版社か著者名はと聞かれてもわかりません。
しばし待っていると、これですかと持って来てくれました。
立ち読みでもいいかなと思っていたのですが、手渡されたので購入。

フランスの絵本ですが、
ジブリが紹介したアニメ『キリク』に通じるところがあるなと眺めました。

翌日、葉っぱを入れて下の方は歩き出した感じにすれば出来ちゃうなと
印稿を書こうと思った時に、ふと気になり、
もう一度ご注文のメールを見ると
あるきだした小さな木が大きな木となったイメージでとあります。
危ない、歩き出したイメージにするとこだったぎりぎりセーフ(笑)

つまり、このイメージです。
Image147.jpg

彫り上がるとすごくよく、
他のはんこ屋さんでは、こんな風に彫ること思いつかないだろうと
得意になっていました。
しまった全然読めない。
自分である程度読める印相体系としていたのに、
イメージを優先しすぎてしまいました。
このはんこをお蔵入りさせてしまうのは、あまりにおしい。
こうなったら大人の悪だくみです。

小さな木さんにメールで、
イメージで彫った読めない不思議なはんこが良いか、
読めるように普通にこれから彫る方が良いか、印影を見せず、尋ねました。

かわいそうな小さな木さん、はんこ屋の策略にひっかかり
不思議なはんこを選択してくれました。ほっ。

お正月に届いたこのはんこを小さな木さんも気に入ってくれたようです。
ブログでの印影の公開も承諾してくれました。
ありがとうございます小さな木さん。
あるき.JPG

苗字が縦に彫ってあるのですが、読めないでしょう(笑)
小さな木さんには、実際にこのはんこを見て自分も
同じようなはんこが欲しいという人が現れても
どこで作ったか秘密に、値段は30万円と答えて下さいと
お願いしました。口コミ禁止令です(笑)

次の人のために、どんなはんこになるか、まったくわかりませんし
不思議なはんこを彫る余裕があるかもわかりませんので。

ハンコのお店の地図、印鑑のインターネット通販は東堂印章公式サイトへ

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif



posted by 一日3本 at 19:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 無理を聞く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

くるくる「垣」にっこり「谷」

「ホームページを見て、銀行印を作りに来ました。
結婚して印鑑を作っていなかったのと今の仕事を辞めるので」
長身の美人です。

「書体は何か決めて来ましたか」
「笑ったように見えるのが、いいかなと思って。
テレビで笑った様に見えるはんこというのを見たことあるのですが
ココですか」

「基本的に取材拒否なのでうちではありません。
多分、隣駅の印相屋さん。
はんこ屋ではなく、占いが主なところじゃないですかね」
「そうなんですか」
「隣駅なので、そこで作ったはんこが欠けてしまい、
うちではんこを作り直す方が今年は何人もいました。
 その時に印影を見せてもらったのですが、
 独特で、凄くイイものとエッこれはないんじゃないというものと、
 当たりハズレがありますね。
 一番良くないのは、ニスを塗らない本柘を使用しているので、
 すぐに古びて、朱肉の油分が早く染み込んで欠けてしまうことですね。
 お名前は?」
上昇印相体でざっと書いてみても、何となく納得のいかないよう。
はんこ屋用の辞書で「垣」をみると日の部分をくるくる回したものがあり、
これは面白いかもと丸く渦巻きに書いてみると
「丸くし過ぎかな」
「そうですね。もう少し四角い(角丸)方がいいですね」ときっぱり。
デザインに自信があるようなので、辞書で「谷」を見せると、
「この谷が合うわ」とやはりきっぱり。
普段あまり使わない形を選ばれました。
帰り際に「デザイン関係の仕事ですか」と聞いてみたところ
「画廊です」納得です。

谷垣.JPG
指定された文字の形で印稿を書いてみるといいじゃないですか。
何か新境地を開いてしまったようです。
上昇印相体ベースなのですが、
くるくる回すことで、逆に全体がシンプルになり、
谷を上昇印相体にして笑顔に見えます。

引き取りの際、「凄く良くできちゃいましたよ」
「本当だ。思っていたよりイイ」
「お客さまが指定された字の形を使ったので、
 このような新境地のはんこができたんです」
「私とのコラボですね。世界で一つのはんこ、大切にします」

コラボというかどうかはともかく(笑)、
世界で一つのはんこと実感できて、とても喜んで頂きました。
しかし、こんな注文ばかりでは、時間がかかりすぎて無理です(笑)

渋谷のハンコの店の地図、印鑑のインターネット通販は東堂印章公式サイトバナー かわいい英樹2g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif


posted by 一日3本 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 無理を聞く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

テールランプはM

<アルファベットの会社名実践編>
このブログは一人のお客様に向けて書いています。
アルファベットの会社名の角印を現在ご注文頂いている方がいます。
このブログを見て、是非にとご注文頂いたのですが、
良く読んで頂いたようで
ご注文のメールで「遊んで下さい」とまで書いてありました。

中古の自動車のパーツを扱っておられるということで、
何か中古パーツの形を取り入れたいと思っていました。
そのお客様のオークションページを見ると
テールランプが(当然2個セットで)並んでいる写真があり、
Mに見えるではないですか。
会社名が最初がMなのでこれはいいと
オデッセイのテールランプの形を参考に書いてみました。
M小.jpg

@はただ形だけ、
Aは赤と透明に分かれる線を、
Bは良く見るとテールランプ三段になっていて
 真ん中に丸があるのでそのイメージで。

角印は会社のみとめ印なので、なんでもあり。
おすすめはもちろんBですが遊び過ぎですか?

全体を見ないと本当はわからないのですが、
それは勘弁して頂いて、お好きな”M”で彫りますので、
好みをご連絡下さい。

東堂印章公式サイトバナー かわいい英樹1g.gif
posted by 一日3本 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 無理を聞く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

龍の印鑑2

武田信玄の龍の印をお手本にして真ん中に龍を置き、
それを包み込むように姓名を印相体のアレンジで
書いてみると凄くいい。
あとはこんなに細かく彫れるかです。
この段階でサンク・カロさんに
「本当に龍、彫っていいですか?
 すごい強い印鑑になってしまいますよ。」
「今でも強いからいいんです」

練習で柘に彫ってみると、龍の目が無くなってしまいました。
そこに男気くんが来て、
「練習で龍、彫ってるよ。
 これで目がちゃんと出れば龍になるよ」
「こまけー、もう少し大きく龍を彫った方が
 いいんじゃないですか」
はんこ屋がジロリとみると
「そうですよね。バランスが何事も大切ですよね」
さすがブログの愛読者。
「龍がメインではなくて、
 あくまでも名前がメインなんだよ。頑張って彫るよ」

更にもう一度練習して、
いよいよ龍の絵が入った黒水牛で本番。
出来上がった時震えが走りました。
全体が15ミリ丸、龍は5ミリ丸くらいです。
龍の印.jpg

サンク・カロさんに見せるとルーペを取り出して見て、
「オーラを感じますよ」
今度は男気くんも「龍に見える」
調子にのったはんこ屋は
「30万くらいの価値かな。
 龍が入った個人印の中で間違えなく最高のものだよ」

サンク・カロさんには内緒にしてもらい、
タッチャンさんに渡すと、
「龍の顔が好き」といいます。
表情は目で大きく左右しますが、
非常に細かいので運次第のところがあります。
後から聞いたのですが、とぼけた感じの龍が好きだそうで、
なるべく優しい表情になるように彫ったのが
よかったようです。
「うねうねしたかんじの字も好きです」
タッチャンさんは偶然と思っているかも知れませんが、
普段の会話の端から好みを感じとって彫っているので、
必ず気に入るようになっています。

しかし、はんこ屋はいったい何を目指しているのか、
わからなくなりました。
できるだけ多くの人に、
手彫り印鑑の良さを伝えることを使命としてきたのですが。

印影を考えることから3、4日間かけて1本彫っていて
良いのでしょうか。
自分への新しい挑戦、課題はあって良いのですが、
この龍の印鑑をよく知らない人のために彫れるか。
となると、後は金額、30万円出しても欲しい
という人がいたら彫ってもいいのかな。

龍とギターと四つ葉のクローバーで、
超高級印章店をネット上で、
今あるのとは別にケロティさんに作ってもらい、
実際に印鑑を持っているサンク・カロさん夫妻に販売代行を
お願いして…色々想像してみます。

お店に来店され、はんこ屋が気に入ったお客さまに、
この龍のはんこを見せたところ、
「私は父が北海道でケイバ馬を育てていて
 馬が好きなので中に馬を入れたはんこがいつか欲しいです。 
 30万円ですよね。
 主人と一緒に飲食店を開く目標があって、
 その時にお金を貯めて注文しようかな」

はんこ屋は、違う方向に進みかけているようです。
このままでは、いずれ12支彫らなければならなくなりそうです。
ぞ〜(笑)

明日は真面目な話に戻り、「筆意と刻意3」でこのシリーズ終了です。

東京のはんこの店の地図、印鑑のインターネット通販は東堂印章公式サイトバナー かわいい英樹1g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif
posted by 一日3本 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 無理を聞く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

龍の印鑑1

サンク・カロさんにはギターが入った印鑑、
自称プリンセスちゃん(元 携帯ちゃんブラックさん)には
四つ葉のクローバーを彫った印鑑、
両方を見た、タッチャンさんは、
私にも龍が入った印鑑が欲しいといいます。

昔から龍ははんこのモチーフになっており、
龍の模様を回りに入れ、中側に名前を彫るのが普通です。
古い見本帳にあります。
龍の印鑑、昔.JPG

龍など彫ったことありませんので、
タッチャンさんの注文は、ほっておきました。

義弟がサンク・カロさんに時計を注文しました。
通常3ヶ月待ちで、更に制作の難しいヘビ皮も使用します。
それなのに、注文して1ヶ月もたっていない時に、
サンク・カロさんが、
「今から義弟さんの分作りますよ」
というじゃありませんか。

翌日、龍の印鑑について調べ始めました。
どうもこれというのがありません。
イメージとしては真ん中に昇り龍、
両脇に名前を上昇印相体で彫るです。
龍の印鑑イメージ.JPG

龍をどのような形に彫るかが問題です。
昔の見本帳を見ても、
ネットで「龍 印鑑」で検索しても、
なかなかよいものはありません。

何とか賞受賞という四角い密刻という分野の龍は
まあいいけど、名前彫ってないし、はんこにしないで、
絵でいいんじゃないと思ってしまいます。
その人の龍の個人印は回りに龍らしき
模様があって中に名前。
斬新さもなく龍の模様にも繊細さがありません。

ネットでの検索で唯一いいと思ったのが
武田信玄の二重の丸の中に龍が彫ってある印です。

あとは黒水牛の表面に龍の模様がある印材の存在を
知ったことです。
龍の印材.jpg

案の定タッチャンさんから
「義弟さんの時計、特別早く作りました。
 はんこ屋さんもそろそろ龍の入った印鑑
 彫りたくなりませんか。」催促のメールです。

龍の模様を真ん中にして書いて見ましたが、
どうも龍に見えません。
サンクカロさんに
「タッチャンさんの龍のはんこ彫れませんよ。
 もうちょっと熟成期間が必要です」
と愚痴っていました。

街の中、龍は、気を付けて見るとたくさん存在します。
龍バス.jpg
しかし、はんこにすることを規準に考えると
なかなかこれだというものがありません。

覚悟を決めました。
良いと思ったものをお手本に彫る。
武田信玄の龍を真ん中に彫り
それを包み込むように姓名を印相体のアレンジで。

いよいよ明日は龍の印鑑の印影を公開「龍の印鑑2」につづく

渋谷駅のはんこの地図、判子のインターネット通販⇒東堂印章公式サイトバナー かわいい英樹2g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif
posted by 一日3本 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 無理を聞く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

無理を聞く3

先日、男女二人組が来店された時に、
「出来上がりがどのようになるか確認できる?」
と聞かれました。
「確認できるのは機械彫りのところ、
うちは手彫りなので出来ません。
印相体なら今ざっと書けますけど」
「それでいいんだけど。
 名前が同じで2本違う風にしたいんだけど」

彫るお名前を聞いて書きながら、
「印相体では字によっては、
 いくつか形が違う字もありますし、
 同じサイズ、書体でも違うように彫れるのが、
 手彫りのイイところです。2本どのように使うんですか」
「友達が結婚するんで、
 結婚祝いで夫婦に実印をプレゼントしようと思って」
「実印ですか。実印でしたら
 男性の方は15ミリ丸で姓名彫るのが一般的で、
 女性は13.5ミリ丸が普通です。
 規定では8ミリ角以上となっているところが多く、
 8ミリ角の対角線は11.4ミリで
12ミリ丸あれば、どこでも印鑑登録できます。
 10ミリ丸でも通る役所もあるようですが」
「男性用は姓名入れてもらおうかな。」
「実印は並べて押すことが多く、
 サイズが小さいと相手より引くという
 イメージになってしまうので、
 男性は15ミリで作った方がよいですよ」

結局男性は15ミリで姓名、
女性は12ミリで名だけ彫ることになりました。

以前バイオリンをされている方で
『礼』の字がお名前に入っているので、
『礼』の字の右側でバイオリンになると言ったのですが、
そんな遊びはいらない(笑)と
断られてしまった話をしました。
するとざっと書いた印相体を見て、
「‥を入れて豚になる?」
「えっ、なりますねぇ。でも豚ですよ。いいんですか?
 それと区役所、市役所によっては余分な点があるので
 印鑑登録を受けつけない可能性もありますよ」
「豚をキャラクターにしているからいいんですよ。
 手彫りしかこんなことできないでしょ」
「‥をとる事は簡単ですから印鑑登録出来なかったら
 すぐにとりますから」

1週間の納期を貰い、
『沼』の字を豚に見えるように耳も付けて完成しました。
沼.JPG
まわりの人に聞いても豚に見えるようです。

お約束の1週間後、女性の方一人で受け取りに来ました。
「本当は一緒に来たかったんですけど待ち切れず、
 受け取り来ました」
「どうです。豚に見えますか」
「本当だ。豚に見える。
 何より世界で一つだけのはんこという感じが出て
 すごくイイです」

印鑑登録を受け付ける役所の方、
是非無理を聞いて豚のまま登録させて下さい(爆)

その2週間前には、フランス人の実印に
『110』と名前の他に小さく入れてくれと言われ、
彫りました。
2週間以上たっても何も言って来ないところえをみると、
うまく登録できたのかな。

余分なものを彫る場合は、
まず余分なものがないデザイン(名前だけ)を考え、
その後に付け加えるので、
取ってもおかしくないように彫ってあります。
念のため、
いつも変わった希望を聞いているわけでは、ありませんから(笑)

時々無理を聞くお店の地図、印鑑のインターネット通販は東堂印章公式サイトへ

いつも投票ありがとうございます⇒banner_02.gif
posted by 一日3本 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 無理を聞く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

無理を聞く2

3、4年前から遠方にもかかわらず、
名刺やゴム印を注文しに来て下さる高齢な男性のお客様がいます。
その方は65才から今の会社を起こし、
一年目は年商3千万程度だったそうですが、
今では年商数十億だそうです。
君には、運があると言ってくれ、
「名刺やゴム印を作ってしばらくすると、変えたいことが出てくる。
また作りに来る。つまり君がもうかる。
こんなことは、初めてだ。ほんと君には運がある。」と言ってくれるので
「ぼくと話したいから来てくれているのでしょう」
と毎回のように答えている。

その方が2週間前難しい注文を持って来たよといいながら現れました。
丸い印材の上下を水平にカットし、
苗字の間に2重の枠の中に梵字の入ったロゴマークを入れて欲しい。
割印を横にして幅を狭くしたイメージ。
「高いですよ。」といっても「何百万もするわけではないでしょ。」
と返されました。
銀行印に使用するとの事。
印材の加工は、うちでは、できないので、まずは印材屋さんに電話。
丸のものをカットするのではなく、最初からその形に加工できると。
縦、横の比はバランス良くといわれ、黄金比率の1:1.6にしました。
楕円.JPG
苗字は印相体にして日曜日に6時間かけて彫り上げました。
苗字の1文字目は、画数が多く、2文字目は少ないので、
本来ならば、1文字目を大きく彫るのですが、
真ん中にマークがあるので気持ち大きくする程度。
難しいデザインでした。
偽造などまずできない印鑑になりました。
こんな材料の形がないですから。
「宝物にするよ」といって受け取っていかれました。

このデザインを考えながら、前にもこんな事をした記憶が。
屋号を小篆で間に家紋を入れ版下を書いた事がありました。
それは洋服のタグにするために。
デザイン事務所ではないからと断っていたのに、
根負けして書いたことがありました。
名刺をたくさん頼んでくれたので、
あれは出世払いでいいと言ったんだった。早く出世して(笑)
あの時、無理を聞いたことが、今回の変わったデザインに役立ったかな。

お店の地図、インターネット通販は東堂印章公式サイトへ

いつも投票ありがとうございます⇒banner_02.gif

2005年11月16日

無理を聞く

お客様のはんこの注文に対して、
金額以外はできる限り無理を聞こうと思っている。

無理を聞いたひとつの例が
ホームページにある法人の登記印の書体見本。
登記一た書.JPG
アルファベットの会社名の後にアラビア文字を篆書風に入れてあります。

更にこの方には角印に象形文字を入れてくれと言われ、
彫ろうと思えば彫れるけど、
かなり作業時間がかかり高額になるので、
版下を手書きしてゴムで角印を作成しました。
角印象形b.jpg
この時、ちょうどホームページ作成中だったので、
無理を聞いた代わりに公開を了承頂きました。

納期についても、午前中に来店していただければ、
翌日までならば、たいてい1本は彫れます。
一度翌日お渡しで、注文を受けた事のある方は
次も翌日渡しができると思わているので結構無理してます。

今も丸でも四角でもない印鑑という、
かなり無理な注文をひとつ受けていて、
今度の日曜日に一日かけて彫る予定。
できあがったら報告します。

無理を聞く事で、
自分のレベルアップにつながると思い、がんばる。

お店の地図、インターネット通販は東堂印章公式サイトへ

いつも投票ありがとうございます⇒banner_02.gif