2007年02月13日

上昇印相体の作り方

やさしいはんこ屋さんが、
上昇印相体の印稿の作り方をお教えしましょう。

まず用意するのは篆書辞典と紙とBの鉛筆と消しゴム、
水性ぺん細いのと太いの、コンパスこれだけあれば十分です。

ステップ1
 まず篆書辞典で作りたい字を引きます。
 たいてい、どの辞典も篆書でもいくつかの形が載っています。
 今の字の形に近いもので、
 八方位に付き易いものを選びましょう。
 篆書体に独自性を加える印相体の辞典は必要ありませんし、
 販売されてないかも知れません。

 ここでは例として『久』で説明しましょう。
 銀行印で考えた場合、
 八方位の半分を受け持つには1番下の字が良さそうです。
Image165.jpg

ステップ2
 コンパスで丸を書きましょう。
 荒彫りさせる彫刻機によって書くサイズが違います。

 まずは鉛筆で印相体で書いてみましょう。
 篆書から印相体にするには、字の太さを均一にし
 八方位につけるようにします。
 篆書体はどちらかというと下向きなのですが
 文字の上の部分は、上向きにすると良いでしょう。

 鉛筆でざっと書けたのなら、太い水性ペンで
 まず書き、消しゴムで鉛筆を消し、細い水性ペンで整えます。

ステップ3
 印相体を上昇印相体にするには
 印相体の横のライン上にカーブさせ
 上に伸びていくイメージにしていきます。
 そして下についた線を上向きにハネましょう。
 鉛筆で下書きし、水性ペンで仕上げていきましょう。
 はんこ作りがレタリングに近いことが実感できるはずです。

久.JPG
@印相体『久』
A上昇印相体『久』

新米はんこ屋さんもオールドはんこ屋さんも
是非チャレンジしてみてください。
一般の方は、普通の字の形で上昇文字を書いてみては、
どうでしょうか。
たまには、手で字を書いてみましょう。

こっそり、オリジナル印相体が頼めるお店の地図、ハンコのインターネット通販は東堂印章公式サイトバナー かわいい英樹2g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif



 

posted by 一日3本 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

長いはんこ

印鑑の世界では尺貫法が今だに残っており
丸の直径も9ミリ、10.5ミリ、12ミリ、13.5ミリ、
15ミリ、16.5ミリ、18ミリ丸を
3分(ブ)、3.5分、4分、4.5分、
5分、5.5分、6分丸と呼びます。
それで日本の丸の印鑑のサイズは1.5ミリ刻みなのです。

なぜか、既成の認印は10ミリ丸で、
どうしてそうなったかわかりません。
コストの問題でしょうか?

印鑑の長さ(丈)も尺貫法の影響で
一般的な60ミリ丈(タケ)、
ちょっと短い45ミリ丈、さらに短い36ミリ丈があります。
薩摩ロングという印材は75ミリ丈、
事務でたくさん印鑑を押す人が使う90ミリ丈
という長さもあります。
それぞれ2寸丈、寸5(すんご)、
36ミリは、なぜか中丈(ちゅうたけ)と呼び
75ミリは、昔はないサイズなので呼んだことないです。
90ミリは3寸丈とたまに呼びますが、
間違えないようの90ミリ丈という方が普通です。

丈が長いものはテコの原理で押し易いです。
これは、印材屋さんからの受け売りで
テコの原理がどんなものだったかは忘れてしまいました(笑)

長いと押し易いのは事実で、昔は信用金庫のお得意様が
よく90ミリ丈の黒水牛の印鑑を作ってくれました。
たくさん押すにはこれでないとと、
持っていない信金マンを見つけると紹介してくれました。
しかし、その信金がシャチハタを使用するようになってからは、
もうほとんど90ミリ丈の印鑑をご注文される方はなく
2年に一人くらいです。

昨年、有名大企業の渋谷支店から、
この90ミリ丈の印鑑用の皮袋がないかと
問い合わせの電話があり、
当時あった在庫4つくらい全て買われてしまいました。

30代の男性が
「長さが90ミリの印鑑ありますか」
「黒水牛の90ミリ丈ですね。在庫はありませんができますよ。
 仕事で使うですよね」
「一日100回以上押すのであれでないと」
「今だにシャチハタじゃなく、印鑑なんですね」
「社内的にうちは、シャチハタじゃダメなんです」
「銀行員さんも仕事でシャチハタになって以来
 もう在庫で印材も置かなくなりました。
 確か去年○○○○の方が90ミリ用の皮袋残っていた分
 すべて、買われていきました。
 それを作っていた浅草の皮袋屋さんが廃業してしまい、
 もう90ミリ丈サイズ皮袋ないんです。
 今だに90ミリ丈の印鑑を使っているところがあると知って、
 嬉しかったです」
「実はぼくもそこの会社で、
 勤務している支店は遠いのですが。
 職場の近くで聞いたら印鑑の長さは
 60ミリのものしかないと言われてしまい
 探していたんです」
「そんな、知らないんじゃないの。
 別にすごく特殊のものではないのに」
Image164.jpg
右が60ミリ丈
左が90ミリ丈です。後ろが少し太くなっています。

たくさん仕事で押す方にはオススメなのですが
使う人も、知っているはんこ屋も少なくなっている
絶滅種です(笑)

とうきょうしぶやのはんこのお店の地図、ハンコのインターネット通販は東堂印章公式サイトバナー かわいい英樹1g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif
posted by 一日3本 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

チタンの印鑑vsはんこ屋2

『テールランプはM』さんから3本のチタンの印鑑のご注文がありました。
その内の1本はアール印相体で、お願いできますかとありました。
すっかり忘れていましたが、丸を意識した印相体で、
ブログで知り合ったタイヤ屋さんにどうかなと思っていたのですが、
結局ご注文頂いていませんでした。営業下手です(笑)

同じ自動車関係、いいですよ『テールランプはM』さん。
よく見つけてくれました。
後で、知ったのですが3回に分けて、
過去のブログを全て読破してくれたそうです。エライ!
お近くなら一緒にラーメン食べに行きたいところです。
(そういう時は一緒に飲みに行きたいじゃないのはんこ屋さん。
 娘の受験が終わるまで禁酒なもんで(笑))

チタン用の印稿は実際の印鑑の2倍の大きさに書きます。
原寸大でも良いのですが縮小した方がインクのニジミなどの
アラが消えますので2倍の大きさに書きます。
これはゴム印用の版下書きと共通です。

普段の印稿書きは、どのサイズでも直径10センチに書くので、
チタン印稿書きはイレギュラな仕事です。
明日お渡し予定の印鑑が全て彫り上がるのが夜の10時過ぎ、
ひどい時には0時を回ってという状態でしたので、
その時間から印稿を書く気にはなりませんでした。

なんとか時間を作り、
印稿を書いたのがご注文から1ヶ月以上たっていました。

そういえば、バーキンさんが
「はんこ屋さんにイレギュラな仕事をお願いするには、
 まず一見さんは無理。最低3回は通わないと」
と宣伝?してくれているようです(笑)
確かに初めての人に、
イレギュラなことを当然のように言われると断りますね。
多分都議会議員の方がロゴというかイラストを入れたゴム印を作りたいと
言われたのですが、そのイラストがギザギザで不鮮明なものでした。
「ちょっとここからでは、できません。ギザギザでしょう」
と指摘したのですが、
そのロゴが鮮明でないことが、わからないようでしたので断りました。
正確な表現をすると
「このロゴを修正してまで、ゴム印を作成できません。
 その時間がないのです。
 以前にご注文頂いたことがある方、
 センスが良いと思える方のためでしたら、修正しますけど」
が省略されて「できません」というのですが(笑)

さて、チタンの印稿書きの話に戻り、
チタンのメーカに印稿書きの注意点
(書いたものより太く出来上がるか細く出来上がるか)を聞いたのですが、
印稿通り彫れますと何度聞いても同じ回答がきました。
ゴム印の場合は、書いた版下よりもやや太く出来上がってくるので、
気持ち細めに書きます。

そして出来上がりイメージのまま、印稿を書きました。
すると、アール印相体がいいんですよ。
実際にアール印相体でお彫りしたのは、まだ2本だけだったので、
自分でも新鮮で、上昇印相体に次ぐヒットになりそうな予感がしました。

待つこと2週間弱、出来上がってきたチタン印鑑は残念ながら、
書いたイメージ通りではありませんでした。
印稿で書いてある枠の外側に更に枠を付けた感じに枠が太いです。
文字は、やや細くなっています。
仕上げ刀を入れることがもしできるのなら、
全体をなでるだけでも全然違うものになるのに。
そもそも書いたものより、彫った方が良くなるのが印鑑なのに(刻意)
一応チタンのメーカにクレームをつけましたが、
機械彫りですからと話になりません。
やはり、機械彫りの弱点の枠に接しているところが、
上手く彫れないが出てしまいました。
思えば、会社の代表印は篆書体で枠に接していなかったことを、
この時になって気付きました。

『テールランプはM』さんは、あたたかく、
そのチタンの印鑑を受け取ってくれました。
押しやすさが良かったようですし、
他では絶対できないチタンの印鑑には間違えないので、
気に入ったとメールをくれました。

でもちょっと悔しかったので、印稿のコピーを同封し、
本来のイメージを伝えました。
『テールランプはM』さんは、その意図を汲み取ってくれたようで、
今度もし印鑑を注文することがあったら、
素材にこだわらず、荒見さんの手彫りでお願いしますと。

チタンの印鑑vsはんこ屋は、
チタンの印鑑の出来をはんこ屋がコントロールできず、
はんこ屋のギブアップで終了。
手彫りの良さは確認でき、ほっとした面もあります。
これ以降チタンの印鑑の個人印のご注文は
基本的には受けない方針となりました。
どうしても欲しいという方は、チタンの印鑑を欲しい理由をお教え下さい。

男気くん、今日のブログ長いし、話は横にそれるしと思いましたね。
それは2ヶ月間も催促なしでチタンの印鑑を待った
『テールランプはM』の気持ちを少しでも体感してもらうためです(笑)

東京渋谷の印鑑店の地図、ハンコのインターネット通販は東堂印章公式サイトバナー かわいい英樹1g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif
posted by 一日3本 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

チタンの印鑑vsはんこ屋1

<チタンの印鑑の特徴>
1.耐久性に優れている
  天然のどの印材よりも強い。
 ただし落としたりした時は、欠けなくても枠が変形することがある。
 また印面には、細かい傷がつきやすい。
 (印材屋さんの話によるとチタンは固いものには強いが
  意外と柔らかいものに弱く表面に細かい傷がつくらしいです。
   チタンの印鑑持っていないので自分では未確認(笑))

2.重量感があり、押しやすい
  悔しいことに、表面も平らに加工してあるのか押しやすいです。

3.機械彫りである
  仕上げ刀を入れることができませんので、全て機械彫りです。
  お客様からお聞きしたのですが、
  チタンの印鑑は国の大事な印鑑には使えないそうです。
  設計図が手に入れば簡単に同じはんこが出来てしまうからだそうです。
  (このことを教えてくれたお客様は、
   チタンで実印をお持ちだったのですが、
   当店で象牙の実印をご注文頂き改印されました)
  個人の印鑑登録、法人の登記印としては、チタンでも認められます。

今では一部上場のお得意さま企業は、
その会社の創業時からで、45年間のお付き合いとなります。
その会社から、代表印をチタンで作り直したいというご注文が
5年くらい前にありました。
もちろん改印はするけれど、前と似た感じでということです。

前の代表印は当然手彫り、チタンは機械彫り。
普通にチタン印鑑のメーカに依頼しても当然似た感じになりません。
そこで、前の印鑑を真似て、印稿を手書きし、
その印稿を元にチタンを彫ってもらうことにしました。
しかし出来上がりは、書いた印稿より枠が太く、
文字の太さとのバランスが良くなくなり、
自分の作った印鑑とはいえないなと思いました。

しかし、昨年、その会社から同じようなご注文を頂き印稿を手書きして
チタンの代表印を作成したところ、書いた通りに出来上がってきました。
これでは、自分が彫った印鑑のように見えます。
書く技術が上がったというより、
チタンの印鑑を彫る機械の性能が上がった感じです。
うれしいような困ったような感じです。
もちろん手彫りのような繊細な細い線は出てませんが、まあ合格です。
機械の字を使ったしまえばダメですが、
印稿が手書きすれば、まあまあのものができると
この時点では思っていました。

そして、「テールランプはM」さんがネットで
まずは、本柘でご注文頂きました。
自動車関係のお仕事なので、金属のチタン印鑑に興味があり、
荒見さんのチタンの印鑑が欲しいといいます。
本当は仕上げ刀を入れないと荒見さんのはんこにはならないんだけれど、
金属にこだわるのは、わかるし、
時間もいただけるので個人のチタンの印鑑3本受けることにしました。

つづく

渋谷のハンコ店の地図、判子のインターネット通販は東堂印章公式サイトへ

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif
posted by 一日3本 at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

枠にそって

『口』『田』のように一番下が横棒の漢字で終わる苗字は、
たくさんあります。
例えば青田さん秋田さん井口さん池田さんあげるときりがありません。

その方達から印相体の縦入れでご注文頂いた場合、
枠の1番下、住居運にどのように付けるか問題です。

下に田.JPG

@読み安さを追究するなら付けない普通の印相体もありです。
その場合は、印鑑における画数(苗字の画数プラス接点数)を
考慮してあげれば良いでしょう。

A摘む様に下に付ける方法もあります。
ひそかに噴水型と呼んでいます。

数年前はんこ屋の先輩の所に遊びに行った時に、
B枠にベッタリ付けてある「田」を見ました。
「こんなにつけちゃうんですか」
「お客さんの希望で(下にも)つけて欲しいと言われると
 よくこんな風にするよ」

父がまったくこの様に彫らなかったので、なにか違和感があり
噴水型を自分で編み出したのですが。

しかし、デザイン的に枠にそって付けた方が良いなと思う
印鑑がありました。
そこで、先輩に枠に付けるコツを聞いてみました。
「枠にそってぺったり付ける時のコツとかありますか」
「特にないよ。ただ普通に枠に沿って太くすれば」
「荒彫りの時は、枠の太さを考慮して、他の所より若干細くしますか」
「そうだね。やや細くするけど、仕上げで、整えるので、
 そんなに細くしなくといいよ」
「じゃあ別に普通にすればいいんですね。やってみます」

実は象牙のご注文でしたので、1度柘で練習で彫ってみました。
思っていたより、簡単で、自分にとって目新しく、けっこういいです。

下の曲線に合わせて、他の横棒も同じような(平行な)曲線にすると
デザイン的にも面白い、上昇印相体系になります。
なにごとも、実際に自分でやってみないとわからないもんですね。

いまちょっと、自分の中で枠に沿わせるのがブームなので
カタカナでも試してみました。
上昇印相体のカタカナのはんこは、
見たことのない書体と気に入ってもらえました。

またひとつ腕を上げてしまったような(笑)

東京渋谷のお店の地図、印鑑のインターネット通販は東堂印章公式サイトへ

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif



posted by 一日3本 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

年賀スタンプを上手に押すコツ応用編

1.動きのあるイラストは3つ押す
横向きのイラストで動きのある絵(例えば、走っているイノシシ)は
中心に1つ押し、左右に、年賀状からはみ出して押す。
こうすることで、年賀状の中を走り抜けて行く感じが出せます。

2.小さいカットは、はみ出して押す
桜、竹、雪、足跡などの小さいカットを押すことで、
年賀状が引き立ちます。
その時にいくつかは、年賀状から、はみ出して押します。
そうすることで、空間が広がって見えます。
(年賀状の外側の世界を感じさせられます)
 センスに自信のない方は、はじに3つ押すことから初めましょう。
 なれてきたら、
 桜の花びらが舞うイメージで”S”の字に押してみましょう。

3.濃淡
 1度目はインクをつけて、2度目はインクをつけずに、
 はす(斜めの位置)に押します。
 当然2度目に押した方は色が薄く、
 その上に文字のスタンプを重ねて押します。
 イラストのスタンプが濃淡になり、奥行きが生まれます。

4.2色の重ね押し。
 同じスタンプを色を変えて、ほぼ同じ位置に押します。
 金と朱色が基本で、金色と他の色を組み合わせも試してみましょう。
 銀色と黒を重ねて押すと墨絵風になります。
 あくまでも”風”ですけど。微妙にズレることで立体感が生まれます。

5.アンコールレインボー。
 ツキネコから発売されているニジコ系のスタンプ台ですが、
 メタリックな色合いが逆に和風な感じとなり、大人の為のニジコです。
Image137.jpg
 2つの色合いがありますが、スィートドリーム(写真下)が
 オススメです。
 午年だけ、なぜかエンチャテッドイブニング(写真上)の方が
 合いました。
 たいていどのスタンプを押してもよく合います。
 また普通のニジコより小さいのですが、色もちがよく、
 ニジコよりたくさん押せます。
 唯一の欠点は、このスタンプ台の良さに気付いているお店が少なく、
 売っている所が少ないことです。
 うちでしか売っているのを見たことないんですが、
 独占販売ではありません(笑)

いくつも見本を作るのが面倒なので、テクニックを混ぜて作ってみました。
イノシシにさくらを重ねて押さなければよかったな〜
Image136.jpg

さて、色々と書いてきましたが、
もちろんスタンプのイラストによって合う合わないがあります。
どんなスタンプを選び、どのように押すかは、あなたのセンス次第。
年賀状が億劫だなと思う理由の一つは、
センスを問われると感じているからではないでしょうか。
でも、どのように押しても手作り感があり、
パソコンで作った年賀状より目にとまると思いますよ。
くれぐれも事務用のスタンプ台は
色が薄く平面的になりますので使わないでください。
年賀スタンプのblogこんなに差し迫ってアップになってしまいました。
もう遅いよと言う声が…来年度の年賀スタンプのご参考に(笑)

東京渋谷の印章店の地図、印鑑インターネット通販は東堂印章公式サイトへ

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif

年賀スタンプを上手に押すコツ基礎編

はんこ屋のプロである以上、年賀スタンプを売る時にも、
いくつかコツを伝授します。

1.縦型のスタンプも横向きに持って
 縦型のスタンプは、普通、片手で縦方向に持って押したくなりますが、
 こうすると手暗がりになり、曲がってしまうこてがあります。
Image134.jpg

 縦型のスタンプであっても、あえて両手で横向き
 持ち押すとハガキのラインが見えて真っ直ぐ押せます。
Image135.jpg
(撮影:自称プリンセスちゃん)

縦型のスタンプをお買い上げの方にはできるだけ伝えています。
この説明はかなりお客さまの心をとらえます。

2.インクのつけ方
 スタンプ台のインクの付け方ですが、
 まず必ず押す度に毎回つけましょう。
 次に、1回で強くスタンプ台に押してけるのではなく、
 4、5回ぽんぽんとたたくようにインクをつけましょう。

 ニジコ系のスタンプ台でも、ぽんぽんとインクをつけましょう。
 多少ズレても大丈夫なのです。
 ただし逆向きにつけてみたい時は、印面を拭きましょう。

3.シャチハタの事務用のスタンプ台を使ってはダメ
 特に黒色は、事務用のシャチハタのスタンプ台を使いたくなりますが、
 色が薄く、平面的な出来上がりになってしまいます。
 ツキネコ製のスタンプニック エコがオススメです。
 本来は、小切手用のゴム印を押すために開発されたものですが、
 こく色が出てしかも、押した後乾きが速いです。
 値段は当店では890円(シャチハタのスタンプ台と同じ値段)
 更に500円で補充インクもあります。
 金色をキレイに出したいのなら、絶対スタンプニックエコです。

4.インクジェット紙は使わない方がお得
 インクジェット紙でもスタンプは押せますが、とてもインクを吸い込み、
 スタンプ台やスタンプパットが早く薄くなります。
 再生紙の方が適しています。

5、年賀状は3色で
 ニジコ系のスタンプを使う時は、別ですが、
 年賀状は3色使うと、まとまりやすいです。
 金、黒、朱を基本に、紺、朱、赤でも、なんでもありなのですが、
 来年の風水カラーを意識して
 朱(オレンジ)、金、グリーンの3色がオススメです。

はんこ彫るのが忙しく、
年賀スタンプのお客様を接客できないのが現状です。
接客は楽しいんだけどな。応用編に続く

渋谷のハンコのお店の地図、印鑑インターネット通販は東堂印章公式サイトへ

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif

2006年12月12日

文字を入り込ませてみよう

個人の印鑑で印相学上、良くないとされているのは、
欠けているもの、四角形もの、ダ円形のもの、2重の枠があるもの、
ナナメに彫ってあるもの、機械彫りのものなどが上げられます。
その真偽はともかく、
今回のテーマはナナメに彫る千鳥です。
当店ではナナメに彫ることを千鳥と呼んでいますが、
これが一般的かどうか知りません(笑)

この千鳥に適した書体は、古印体と篆書体です。
印鑑はナナメに並んでいても縦書きなので
1文字目が右上、2文字目が左下になります。

この千鳥のコツについては、二代目の父から珍しく言葉で教わりました。
上手くナナメに彫れなかったので、
見るに見かねて、教えてくれたのでしょうか(笑)
それは上の空間と下の空間の長さを一緒にするというものでした。
確かに、この長さを一緒にするとまとまります。
これが千鳥彫りの基本です。

二代目が言葉で教えてくれたのは、ここまでです。
しかし現在、仕事がいっぱいあり、
はんこ屋職人養成が急務なので、三代目は更に言葉で教えます(笑)
実際に彫ると1文字目を少し長く下まで彫った方が良い場合もあります。
どういう時そうなのかは、一概に言えませんが、
2文字目が大きく見える田、口などの四角い字の時は、
1文字を下の方まで彫りましょう。

そしてもう一つのコツは二つの文字を入り込ませることです。
ためしに書いてみました。
皆藤500.jpg
左が入り込ませなかったもの、右は入り込ませたものです。
違いが伝わるでしょうか。
もちろん字によっては入り込ませられないこともあります。
とここで入り込ませた方が良いことを伝えたかったのですが、
書いてみたら、どっちも良いようです。

好みの問題かな、というより
もっと特徴の出る字で書けば良かったのですが(笑)
「皆藤」さんで書いたのは、
今一番のお気に入り、お天気お姉さんの皆藤愛ちゃんが、
はんこを作りに来る願いを込めてです(笑)
明日はどんなコート着てめざましテレビに登場してくれるかな。

こんなことでは、養成講座になってませんね。

渋谷の判子店の地図、印鑑のインターネット通販は東堂印章公式サイトへ

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif
posted by 一日3本 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

ケースの中の朱肉

「(印鑑)ケースの中の朱肉は使っちゃいけないと
聞いたことがあるんですが、どうなんでしょうか?」
ある日のお客さまからの質問です。

「ケース中の朱肉を使うと、内にあるものを外に出してしまうので、
 縁起がよくないと言いますね。
 それより実際のところ、きれいに印鑑を押すには、
 ぽんぽんぽんと4、5回叩くように朱肉を付ける必要がありますから、
 ケースの朱肉では無理です。
 印鑑を押す必要のある場合は、
 その場所に朱肉があるのがほとんどですから、
 その朱肉を使いましょう。
 周りに朱肉がない時だけ使うためのものがケースの朱肉です」
「そうだったんですか」

「ケースの朱肉を使うには、ベチャと押し込むので、
 余分な所にも朱肉が付き、繊細に彫ってあるのが台なしです。
 縁起の悪いと言われていることは、実務上も良くないことが多いです」

牛皮などのちゃんとしたケースを仕入れると
朱肉が入っていない状態で入荷します。
そこにオトシと呼ばれるケース用の朱肉を入れて販売します。

このオトシ、大きく分けて2種類あります。
スポンジで出来ているものと布が張ってあるものです。

当店では現在、布を張ってあるものを使用していますが、
4年くらい前まではスポンジのものを使っていました。
実はオトシで布張りの存在を知らなかったんです(笑)

スポンジのオトシは、プラスチックのケースによく用いられてますが、
長い時間がたつと溶けてボロボロになってしまうんです。
一方、布張りは、薄くなったり、毛羽立ったりは当然しますが、
溶けることはないので、断然、布張りが良いです。

しかし、スポンジは朱肉を入れる所より多少大きくても入りますが、
布張りはジャストサイズでなければなりません。
スポンジの時は、3サイズ用意していましたが、
布張りにしてからは4サイズ用意しています。

時間をおいて、まったく関連のない二人から、
デパートで購入したという印鑑を彫り直しの注文を受けたました。
その時、一緒に印鑑ケースをお預かりしたんですが、
どちらも布張りの朱肉が入っていましたが、
両方とも裏表が逆でした(苦笑)
布張りのオトシには表裏があるのです。
目の細かい方が上ですよ。
そんな所で作った印鑑の印影は、言わずもがなです。

ケースはまだ使えるけど、朱肉が薄くなった場合、
100円で印鑑ケースの朱肉を交換しています。
専門店ならではのサービスなので喜ばれています。
ただし、サイズが色々あるので、
実際にケースをお持ちになった方だけへのサービスです。

東京の判子のお店の地図、印鑑のインターネット通販は東堂印章公式サイトへ

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif
posted by 一日3本 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

「子」の印相体

「美」の字を印相体で1番彫っていると書いた
ブログの根もカワカヌうちに、
やっぱり「子」の方が多いよなと思いはじめました。

「子」を彫ることがあまりに普通なので盲点になっていました(笑)

最近では、名付けられた女の子の名前ランキングで、
子の付くお名前が10位以内に入っていませんから、
子の付く名前が珍しくなる日も近付いています。

「子」は昔からたくさんのはんこ職人さんが彫ってきましたから、
小篆をベースとして篆書・印相体でたくさんの形があります。
今、気に入っている形に落ち着くまで、やはり色々な形で彫りました。

ある時に今の形で彫ってあるはんこをお客さんに見せてもらい
自分でも真似てみるといいじゃないですか。先達に学です。
更に、今年になってから、2文字で横入れ銀行印にする場合は、
少しアレンジを強くして、
金運(時計の短針9時の位置)に付くようカーブを増やします。

子.JPG
@ちょっと真面目に書いた小篆の「子」
A以前用いていた印相体「子」の形
B以前用いていた印相体「子」の形
C気に入って用いていている印相体「子」の形
D更にCをアレンジした銀行印用の「子」

自分が彫るはんこには数に限界があるので、
どうぞはんこ屋職人の方、真似てみて下さい。

名刺をご注文頂いている知的所有権を研究されている大学の教授から、
書体を何度も持ち込んだけど、
書体は特許として認められないんだと聞いたことがあります。
その教授が学生達と作った、
ある書体から別の書体を作るものは、特許が認められたとか。

とにかく、良いはんこ、機械彫りと明らかに違うはんこ作りには、
はんこ職人同士切磋琢磨が必要なのですが、
なかなか良い印鑑にも、良いホームページにも出会わないな〜。

渋谷のハンコ店の地図、印鑑のインターネット通販は東堂印章公式サイトへ

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif
posted by 一日3本 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

「美」の印相体

印相体の印鑑で、今1番彫っている漢字はおそらく「美」でしょう。
女性の方が銀行印をご注文頂く場合は、
手で彫るはんこ屋なんてますます減っていくので、
長く使って欲しいからといい、
苗字が変わっても使える名前(ファーストネーム)で
作ることをオススメます。
そのこともあり、
女性の名前に良く使われる「美」という字を彫らない週はありません。

実印と銀行の2本セットで両方とも名前だけ彫る場合は、
実印は印相体で
銀行印は上昇印相体をオススメします。

同じ書体で彫っても印影は違うのですが、
雰囲気が完全に違った方がわかりやすいので、
実印は役所の人に読み易いように印相体、
銀行印はよりアレンジ性が強く、金運アップを願い上昇印相体です。

1本だけ印相体で「美」の注文を受けた場合、
少しだけ上昇印相体の要素を取り入れると
良いことに最近気付きました。

「美」を印相体で簡単に書いてみました。
美.JPG

@が普通の印相体
Aが上昇印相体
Bが印相体で少し上昇印相体を入れたもの

「美」の上の部分は羊なので、
上の線を上向きにカーブさせると、羊らしくなり、
リボンにも見えはじめ、
とても優しい美しさを表現できます。
はんこ屋職人を目指す方で
「美」を彫る時はちょっと工夫してみましょう。

このように職人にはその時その時で気に入った字の形があり、
三年もたてば、同じ名前、同じ書体、彫る人が同じでも、
まったく違う印象の印鑑になることが多いです。
本当はそれが当然のことなのですが。

渋谷のハンコのお店の地図、印鑑のインターネット通販は東堂印章公式サイトバナー かわいい英樹2g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif
posted by 一日3本 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

印鑑洗浄機

ちょっと前になりますが、行印相体大使からのレポートがありました。
実印登録に役所に行ったところ、無事登録できたのですが、
眼鏡の洗浄機のようなものに入れられ、
黒水牛の印面の赤い部分が取れてしまい、
もとの黒いものになってしまったとのことです。
赤いものが取れて問題ありませんかとの問い合わせです。

黒水牛の表面の赤いのは、朱墨で、はっきり見えて彫りやすくするために
塗るので大きな問題はありません。
朱墨は取れている方がきれいに押せると、
父はほとんど、取っていました。

はんこ職人によって考え方は違いますが、
上下のしるしのない無地印材の場合、印面を見て上下を確かめて押すので、
少しでもわかりやすいように、三代目はあえて朱墨を残します。
朱墨のある状態でもきれいに押せるように作ってあるのに、
勝手に朱墨をとるとは職人に失礼なと思っていました。

後からもう一度朱墨をつけるとやはり凹凸ができ、
きれいに押せるようにトクサ(紙ヤスリのようなもの)で擦ると
枠が一部太くなってしまうことがあり、
枠を整えるためには刀を入れることになります。
若干でも印影が変わるようなことは、はんこ屋としてできません。

更に本柘の場合は、墨が印面保護の意味もあるので、
洗浄機にかけるのは、問題があると思うわけです。
(柘の場合は墨が浸み込んでいてとれないのでしょうか?)

その洗浄機とその役所の行為は、気になっていたのですが
仕事の忙しさにかまけて、調べずにいました。
今月のはんこの業界誌にはんこ洗浄機についての記事がありました。

はんこ洗浄機として販売されているものはないそうです。
「超音波洗浄機」というもともとは精密機械の部品を洗浄するために
開発された機械で、
その小型版をメガネ屋さんがメガネ洗浄機として店頭に置くようになり、
それを見習いはんこ屋さんでもサービスの一環として、
小型超音波洗浄機をはんこ洗浄機として置く所が
出てきはじめたという内容です。

さらにその原理についての説明もありました。
超音波は水の中の方がよく伝わるという性質があります。
超音波を水の中に発振することで、音圧がかかり、
目に見えないほど小さな気泡が発生します。
その無数の気泡がぶつかる衝撃波で
汚れを引き剥がし、きれいに洗浄できるそうです。

ブラシでとれない、汚れまでとることができるそうで、
柘、黒水牛などの天然の印材より、
チタンやアクリルなどの方が汚れが取れるそうです。

価格は、はんこ洗浄機としては、
小さいものでよいので、8千円から2万円くらいだそうです。
まあ、うちが導入することはありませんけどね。

渋谷の判子店の地図、ハンコのインターネット通販は東堂印章公式サイトバナー かわいい英樹2g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif
posted by 一日3本 at 10:18| Comment(2) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

鯨の歯

3年くらい前から、
時々ゴム印を注文してくれる青い目のお得意さんアーマンさんがいます。
テレビ局関連の仕事をされていて、
日本語は、しゃべれるけれど、
書くのは、ちょっと苦手なのでゴム印を作ってくれる感じです。

今回は珍しくゴム印ではなく
外国人の知り合いの実印を注文してくれました。
「実印にするのなら、
 ちょっとこったデザイン文字にしていいですか。
 こんな感じなんですが」と
カタカナのお名前を印相体でざっと書きました。
「いいんじゃない。
 そういえば義理の父にもらってまだ彫っていないものがあるんだか、
 ずっとほってあって、ほっといてもしょうがないので
 彫ってもらえるかな」
「象牙ですか。象牙なら彫る価値のあるものかどうか
 見ればすぐにわかるので一度見せて下さい。
 古いものなら良いものの可能性が高いですよ」
「では、受け取りの時持ってくるよ。でも短いんだよな」

次に来店された時、その印材を持って来てくれました。
Image071.jpg

長さは45ミリ、直径15ミリです。
色が象牙のアイボリーよりベージュに近く、驚いたことに芯があります。
「この部分に芯が入っていますね。
 芯持ちの象牙は珍しく、高価なものです。
 長さが規格サイズですが45ミリと短いので、
 お客様のような手の大きい人にはどうかな」
「義理の父から良いものと聞いていたし、
 持っているハンコははっきり読めるものばかりだから、
 デザイン文字のものお願いするよ」
「ありがとうございます。
 芯持ちの象牙を彫るのは初めてなので楽しみです」

ところが、翌日印材屋さんに見せると、
「芯持ちの象牙だよ。初めて彫るよ」
「これ、象牙ではなく鯨の歯ですね。象牙にしては目がなさすぎますね」
「えっ、
 鯨の歯は、虫歯のものが多く色が変色していると聞いていたから、
 象牙といっちゃったよ。」
「昔は結構出回っていましたよ。鯨の歯は、象牙より硬いらしいですよ」
「堅いの、彫れるかな」

彫る前に印面を平らにするために、トクサで擦ると確かに、
象牙独特の臭いがありません。
(マンモスの牙は、擦らなくても臭います。
 そのこともマンモスを扱わない理由の一つです)
やはり、象牙ではないようです。
とにかく彫ったことのない印材です。
実際彫ってみると、象牙と彫った感じは変わりません。
彫り上がり押してみると朱肉とのなじみが、
象牙に比べるとよくありません。
象牙の押し易さは、特別なものなのですね。

とにかく受け取りに来られたら、象牙でなかったことを謝らねば。
高価なものには違いありませんでしたが。
(今日、はんこ屋さんの展示会でマッコウとなっていたのと
 質感が同じです。
 展示会にあったものは、確かに虫歯になっているものが多かったです。
 そして象牙より高かったです。)

今回のように長くはんこ屋をしていても、
1年のうちに2つ、3つは知らないことに出会います。
その時、はんこの歴史の古さを実感します。精進精進。

渋谷の判子のお店の地図、ハンコのインターネット通販は東堂印章公式サイトへバナー かわいい英樹1g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif


追記:くじら屋さん
posted by 一日3本 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

筆意と刻意3

筆耕屋で書家の先生から言われた筆意と刻意よくわからないので、
ネットで検索してみました。
すると
『レタリングと書、ハンコと篆刻の違いは筆意にあり。
書の芸術が筆意である』とありました。
この表現でよく分かりました。
でもそれは、はんこ屋だからと思うのですが。

前々からはんこ作りはレタリングに近いと本当に思っていたのです。
良いはんこが彫れるのは
(男気くんからまた自分で誉めてるよと聞こえてきそうですが)
小学生の頃からレタリングが好きだったこともあると思います。
字の形を捕らえるのが好きなのです。

はんこの印稿書きは、正にレタリングのようで、
基本的には丸の中にどの様に文字をデザインするかで、
丸い枠があるので書道の字をそのまま持ってきても
曲がって見えたりしてダメなのです。
枠に接している場合は、枠の外にはみ出している部分も
見える(想像できる)ように作らなければなりません。

レタリングやはんこはどんな良いものでも、
デザインとしての評価で芸術ではありません。
一方、書や篆刻は芸術と評価されます。

先生が最初、上昇印相体のはんこを見て反応しなかったのは、
完全に分野が違ったからなのでしょう。
そして龍の印鑑を見た時には、ハンコに篆刻の要素が入っているので、
先生が反応したわけですね。

筆意というのは、広義では刻意もどうやら含まれるようです。
狭義では筆で書いた芸術、彫った刻んだ芸術と分かれるようです。

荒彫りの後、仕上げ刀を入れると文字が生き生きしてきます。
(それで機械彫りか手彫りかすぐに判断できるのですが)
その先に果たして刻意があるのでしょうか。
あるとすれば、そこに到達できるのでしょうか。

龍の印鑑が彫れてしまい、
日本一のはんこ職人になってしまったかもと思いました。
はんこを、もっと早く整えて彫れる職人さんはいても、
龍を中に彫って名前を印相体で彫ろうと思いつく職人さんが
他にいるとは思えないなどと考えてしまったのです。
サンク・カロさんには
「しぶちかで人に合わせて彫れる本当の職人さんに会えるとは
正直思いませんでした」とこっそり言われました。

篆刻ではなく、はんこで刻意を表せるか、
新たな目標であることは確かです。

5日間難しいはんこの話にお付き合いありがとうございます。

渋谷駅ハチ公広場下のはんこ屋の地図、印鑑のインターネット通販は⇒東堂印章公式サイトバナー かわいい英樹2g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif
posted by 一日3本 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

筆意と刻意2

表札、賞状を書いて頂いている先生は、
昔、書家として生きていこうと思っていたそうですが、
結婚して子供ができ、とにかくお金が必要になり筆耕屋になったそうです。
根は書家なので筆耕屋と書家の中間というか、
筆耕屋でありながら書家の要素を取り入れることができる数少ない人です。
書家としても新聞社の賞を受賞し、
その作品を是非買い取りたいという申し出を
受けてしまったことをいまだに後悔しています。

その先生がお店に来た時に、
ちょうど上昇印相体で1本彫り上がったところなので、
見てもらいました。

「上昇印相体といって印相体を上向きにしたもので、
この書体で彫った印鑑が欲しくて、
遠くからも来てくれるお客様もいるんです」
「篆刻の勉強はしてこなかったからな…
コクイというのを知っているかい。
字はこう書くんだが(刻意)」
「いや知らないです」

「はんこは、書いたものを削って字にする。
書は筆で書いて字を表現する。
刻意と筆意、彫ったものがすばらしいか、書いたものがすばらしいか。
昔からいわれてきたことなんだ」
「比べられるものではありませんよね」
「筆意と刻意は言葉にしてしまうと、ちょっと違ってしまうのだが。
『(先生、)刻意の方が素晴らしいでしょう』と
印鑑を見せるくらいにならなければならない」
「はあ」
「時間はかかるかも知れないが、
そう言ってくるのを楽しみに待っているよ」

その後、先生が40代の頃、
友達のために鏡(姿見)の枠を彫った話になり、
お金ではなく友人のために彫刻したものは、
その友人の自宅の壁に埋め込まれ、
いまだに一番の宝だと言われているとそうです。

『友人ために』『お金のためでなく彫った』と
キーワードが頭の中で回りました。思い浮かびました。
「先生に自慢するはんこありました。
 向かいで1年間営業していた
 手作りの時計の皮ベルト屋さんのために龍の印鑑彫ったんです。」
先生に印影を見せると
「なるほど、これはいいかも知れない」しげしげと見て頷きました。
そして最初に見せた上昇印相体の印影をもう一度見て頷きました。
お気に召したようです。

しかし刻意の話は難しく理解したとは言えません。

この流れで明日の『龍の印鑑1』につづく

渋谷のハンコ店の地図、ハンコインターネット通販⇒東堂印章公式サイトバナー かわいい英樹2g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif
posted by 一日3本 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

筆意と刻意1

表札、賞状を書いて頂いている先生とも長い付き合いになります。
もう78才くらいの方です。
若い頃は、三越本店、西武渋谷店などで仕事をされていました。
故 橋本龍太郎氏は、大臣時代に自分の名で出す表彰状は、
全てこの先生に書いて貰えと
勤務先が変わっても追いかけられたそうです。

表札も池田元総理の自宅用を書いたり、
それを見た有名企業の会長から注文を受けたり、
すごい人なのです。

そんな先生が、うちからの普通の表札を書いてくれるのは、
先生が若くお金のない頃に知り合い、
それ以来ずっと仕事を頼んでいるからです。
と、単純に思っていました。

ところが、父が引退し、代が変わった時、
実は先生からの試験があったことを後から教えてもらいました。
自宅用の表札を先生にお願いしたところ、
まず半紙に10枚位書いて持って来てくれました。
「どれが良いと思う」
「どれも良いですけど、これが一番好きだな。
でも表札にするならある程度読めないといけないから、こっちかな」
「君はなかなか、面白いね。これを選ぶんだ」
「でも最初に選んだ方がすごく好きです。どうしょうかな」

後日、先生から
「代が替わり、若い人になって字もわからないのに、
あれこれ注文つける人がいるんだ。
そういう所からの注文は請けないんだ。
その点きみが、こないだ選んだのを見て、面白いなと思ったよ」
この時になって、あれが試験でどうやら合格したのを知ったのです。

それ以来、出来上がったものを届けてくれる時に、
含蓄ある昔話や職人として心構え、商売のヒントをくれます。

そしてその先生がいくつになっても
もっと、日本字の美しさを表現できるはずだと
更なる成長を目指していることを知り、
影響を受け、自分も少しでもイイ印鑑が彫りたいと
努力を惜しまず、上を目指すようになったと言えます。

明日の『筆意と刻意2』につづく

渋谷のはんこ屋の地図、印鑑のインターネット通販は東堂印章公式サイトへ

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif
posted by 一日3本 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

どの日が重要

新しいサービスになりつつあるちょっと困ったことがあります。
それははんこを彫る日を指定されることです。

印鑑を注文して作る場合、3つの重要な日があります。
注文する日、実際に彫る日、印鑑を受け取る日です。

先日、建設業の会社から代替わりを機に、
会社の印鑑を一式作り直しのご注文を受けました。
事前に説明してのご来店でしたが、説明してから随分たっていました。
「もう来てくれないかと思っていましたよ」
「社長いや前の社長がなかなかうんと言わなかったのに、
 まだ新しい印鑑出来ていないのか、頼むならいい日にしろって」
「建設関係の人は日にこだわりますよね。
 受け取りの日も大安にしますか」
「日がいいから今日頼みに行けと言われたから、
 今日頼めば、それでいいの。それに大安とかだけではないし」
注文する日、重視型です。

2代目の父は、お客様の受け取る日、
つまりお客様のものとなる日を重要視していました。
2代目の仕事を見てきた3代目も当然、受け取る日を気にします。
時間の余裕のある方、縁起にこだわる方には、
仏滅には受け取らなくてもと思います。

一方、初代は元朝彫りと言って
元旦の朝に彫る印鑑の注文を請けていたそうです。
しぶちかの人で3年待って元朝彫りを頼んだという人がいました。
彫る日、重視だったのでしょうか。

結婚を機に印鑑をご夫婦で作られる予定のお客様が来店されました。
「別のはんこ屋さんに、はんこを彫る日が一番重要だと聞いたんですけど」
初代と二代目の話は、他の日にもうしてあります。
「明日とかではなくさきの日を言っていただければ、
 その指定の日に彫りますが、
 象牙3本ですよね。まる一日それで終わりますね。」
「では、この日にお願いします。」
「大安とかじゃないんですね」
「私のいい日は別なので」
「この際、注文する日、彫る日、受け取る日すべていい日にしましょう」

日を本当に気にする方は、意外と大安吉日ではない、
自分にとっていい日をお持ちのようです。
ちょっと、違うかも知れませんが、星占いで考えれば、
ある一日でいい星座と悪い星座があるわけですから、
同じ日でも、人によっていい日悪い日があって当然かも知れません。

しかし彫る日を指定されるのは、つらいことがわかりました。
通常象牙を3本一日で彫ろうと思ったら土曜日を選びます。
お客様の数が少ないからです。
そのお客さまからは、平日を指定され、
前日に印稿だけでも書こうかと思ったのですが、
それをすると、その日に完全に彫ったことにならないのではと
思い止めました。
結局朝10時からはじめ、平日なので、どうしても断れない仕事もあり、
夜の10時までかかって3本納得のいく上昇印相体で彫れました。

色々な人に彫る日を指定され始めたら、
大変なことになることにやっと気付きました。

一般的には印鑑は実用品なので、いい日とかではなく
なにより重要なのは、印鑑が必要な日に間に合うことです。

ビルのオーナーという初老の女性の方が、お友達と来られ、
印鑑を注文するお友達にこうアドバイスされました。
「あなたにとって、最高の印鑑を手にしたという気持ちが一番大切なのよ」
そのお友達は、黒水牛でもいいかなと思ったのを、
一番良いと思ったオランダ水牛で注文され、
自分にとっていい日に受け取りに来られました。

最高の印鑑と思えるようお客様ご希望にはできるだけ、お応えします。
あくまでもできるだけですが(笑)

お店の地図、インターネット通販は東堂印章公式サイトバナー かわいい英樹2g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif
posted by 一日3本 at 17:33| Comment(2) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

彫り直しやってますか

リサイクルが当たり前の時代、
すでに使わなくなった印鑑を彫り直して、
新たな印鑑として使いたいとお考えの方が、結構いらっしゃいます。
それは、親の形見であったり、
旧姓で彫ってあるものだったり色々です。
しかし、考えている値段より高く、彫り直しをやめる方も
数多くいらっしゃいます。

リサイクルには一般的にお金がかかるから高いのとは多少違い、
印鑑の料金の大半が技術料だからです。
当店での彫り直し料金は、新規の彫刻料込みの印鑑の代金の
象牙で5割、オランダ水牛で6割、黒水牛で7割です。

柘は例え本柘であっても、朱肉を使って
押してしまうと朱肉の油分が染み込み固くなりすぎて脆くなり、
彫り直そうとすると砕けてしまうこともありますので、
まず、お受けすることはありません。

彫り直しの作業はまず印面を平らにします。
手彫りのはんこは、仕上げ刀が深く入っている所が必ずありますので、
その旨お客様に伝えましょう。
思うよりも短くなる場合があります。
また、印材の表面が傷ついている場合、傷のないところまで、
短くしなくてはなりません。
ケースなしで保管していた場合、
まれに象牙やオランダ水牛は、
虫がくっていることもありますので、
そのこともお客様に伝えましょう。

印面を平らにするには、平らに擦る機械「面すりくん」や
光学式の彫刻機の針を変えて平らする方法があります。
当店では新トクサ(カミヤスリのようなものが板についている)で
印材が平らになるまで、手で擦ります。
これは機械で平らにしても、手で平らにしても出来栄えは同じです。
うちでもあまり、彫り直しの注文が多いようなら、
面すりくんの導入を考えなければ(笑)

彫り直しで持ち込まれる印材で一番多いのは象牙です。
象牙にはランクがたくさんあり、
横目、目無し、特上、上、並、特価品とあります。
手で彫れるのは、並までで
特価品の象牙は漂白して油分が抜けて脆いもの、
色がやけて茶色で目が粗いもの、
芯にそってとっていないもの等があります。
昔、作った象牙の印鑑は良いものが多く、
何より手で彫ってあるので、手で彫り直せる安心感があります。
但し、横目といって年輪のようの模様が印材のヨコにあるもの
つまり、芯を真横からとったものは、一番高価なのですが彫りにくく
仕上げ刀がぼろぼろになり、彫るのに時間がかかります。
そして、印材として強くありません。

次に多い黒水牛にもランクが色々あるのですが、
とにかく芯が入っていないものは、彫り直しません。

彫り直しではありませんが、
数年前、千葉県の方で成人式の記念に黒水牛の印材だけを
プレゼントした市があるそうです。
しかし、ランクは並以下手彫りのお店はえらく苦労したそうです。
手彫りのお店は彫りやすさ重視なので、
黒水牛も普段特上を使っています。

お盆休み期間に来られたお客様で、
「彫り直しやってもらえますか」
「印材によってですが」
「これなんですけど」
印材の表面に鶴の彫刻がある白い印材です。
手にとってみると軽い、そして機械的な目があります。
ラクトで15ミリ手彫りで姓名彫ってあります。
「この印鑑使いませんか。使わないのなら、
 ちょっと彫ってみたいんですけど」
「使わないから、いいですよ」
彫ってみると軟らかい。
「残念ながら、これは象牙ではなく練り物のラクトです。
 彫り直し料は象牙より、全然安くなりますが、
 喜んで頂いて良いのか悪いのか」
「とにかく、代々使っている印鑑なので彫り直したくて、
 どこで彫り直して良いかわからず、知り合いに渋谷で
 手で彫っているはんこ屋さんがあると聞いて、
 ふらふら歩いて来たらあったんです。
 場所がわからなければ、今度、具体的に場所を聞こうと
 思っていたんです。」
で、ご注文頂きました。

なんか有名なハンコ屋さんなの?

渋谷のはんこ店の地図、印鑑のインターネット通販は東堂印章公式サイトへ

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif

posted by 一日3本 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

『う』の印相体

ひらがな『う』の機械メーカの印相体を見ました。
まるで、カタカナの『ラ』に見えます。
こんな感じでした。
上:機械メーカーの印相体の『う』の形
う1.jpg
下:篆書体をもとにした『う』の印相体
印相体は本来、篆書をベースにしますから、このようになります。

しかし、例えば「○○よう子」などフルネームで彫る場合、
左側に3文字『よう子』と入れることになります。
すると、どうしても1文字ずつが平らになり、バランスが悪くなります。
そこで、ひらがなを行書ベースにした印相体にするとこうなります。
う2.jpg
左が篆書体ベース、右が行書ベースの印相体

ほんのちょっとした違いですが、このようにすると、
ラではなく『う』とわかり、空間のあきが少なくなり、
バランスがよくなります。

はんこ屋さんなら、機械メーカのフォントを使わず、
自分の手で印稿を書きましょう。
一般の人にもまだまだ、違いがわかってもらえますよ。

今回は、街の中に「うなぎ」と書いてあるのを良く見かけますので
「う」をテーマにしました。
「うなぎ」と書きたくなってきた(笑)

昔ながらのはんこのお店の地図、印鑑インターネット通販は東堂印章公式サイトへ

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif
posted by 一日3本 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

石の印材

古くから石は、印材として使われてきました。
水晶、メノー、虎眼石など見た目も綺麗です。
しかし石は固くて弾力がなく、
弾力がないものは手で繊細には彫れません。
今では、石材は特殊な機械で、
研磨剤を空気で吹きつけて彫るのが一般的です。
(石も手彫りというところは、全部機械彫りと考えて方が良いです)

石の場合、落とすと簡単に真ん中で割れてしまうことがあります。
他の伝統的な印材は、例え、木でも、
落ち方が悪く、枠が欠けることがあっても、
真ん中から割れることはありません。

石は、変形しやすいものとして
実印として印鑑登録できない地方自治体も多いようです。

二代目の父の時、お客様からお預かりした石材を
彫り屋さんに外注に出し、出来上がってきたものが、
預けた石と違うとクレームを受けたことがあるそうです。
また、預かって外注した石が表面からはわからない
内側でヒビが入っていたようで、
機械にかけたところ砕けてしまったことがあったそうです。

この二つの出来事があって以来、
当店では石の持ち込みはいっさい受けなくなりました。

しかし、持っている石に彫ってくれという人が
少ない月でも、2、3人は来ます。

印材屋さんに聞いてみると、石の彫りに自信があるといいます。
「でも機械彫りでしょ」
「印稿を書いてくれれば、だいたいその通り彫れますよ」
「そんなことも出来るんだ。
 石の彫り料は高いけど、印稿書いたら安くなるの」
「同じです。
 印稿を書けないところに限って、何度も校正だせっていうんですよ。
 そんなに何度もいうなら、はんこ屋なら自分で印稿書けよと言いたくなります。」
「機械の字なら校正だせるんだ」
「簡単に出せますよ」
「機械彫りが校正出すから、手彫りまで校正は、とか言われるんだ。
 うちでは、ざっと書いたものを見せるまで、手書きの印稿も見せないよ。
 素人に、もう少し直せといわれても直せないもん。
 職人を信じられないのなら、注文しなくていいよというスタンスだからな
 商売人じゃないな(笑)
 でも、印稿通り彫れるのなら、やってみようかな」
「お願いしますよ」

ということで、石の印材をお持ちの方と話してみました。
石では実印にならない場合が多いこと。
彫り料は2文字まで2万円。あとは1文字毎に5千円。
手書きの印稿をもとにした機械彫りなこと。
万が一、持ち込まれた石が割れてしまった時は
他の石への彫刻となること。
納期が2週間かかることを説明しました。
やはり、注文されませんでした。
これでも、手書き印稿の追加料金とってないんですけど。

石は、印鑑ではない形でお持ちになった方が良いと思います。

渋谷のハンコ屋の地図、印鑑のインターネット通販は東堂印章公式サイトへ

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif
 
posted by 一日3本 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする