2005年11月08日

はんこ屋職人養成講座7

<角印>
法人(会社など)のみとめ印が、角印です。
では、法人のみとめ印は丸ではダメなのかというと別に構いません。
商慣習で通常角印を使うだけです。
領収書、請求書、納品書など一番人の目に触れること機会が多いので、
伝統的な角印が良いでしょう。
書体は、篆書体、印相体、古印体が主に使用され、
まれに隷書が使われます。
枠を太くし中の字を細くする篆書体が一番一般的です。

角印を彫るにあたり、一番気を配る点は字割り。
角印を何行にして何文字ずつ入れるかを決める事を字割りといいます。
6文字以上彫る場合は必ず3行以上にしましょう。
例えば6文字の場合2文字ずつ3行に彫るのが基本です。
ただし全体的に平たい隷書の場合だけ、
3文字ずつ2行で彫った方がよい場合があります。

1.漢字の会社名、団体名の場合
  漢字の場合は1行あたりの文字数を同じにすれば良いのです。
  本来、「印」、「之印」は1行当たりの文字数を同じにするために
  入れたり入れなかったりします。
  しかしお客様の中には「印」か「之印」は必ず入れなければならないと
  思われている方がいらっしゃいます。
  その場合は一応入れなくても良い事を軽く説明し、
  希望がある場合は「印」の字を他の字より
  平たく、ぺちゃんこにして入れましょう。
例:有限会社東堂印章の角印を彫る場合、
  右から1行目タテに「有限会」
     2行目「社東堂」
     3行目「印章印」3文字ずつ3行になります。
角印見本100.jpg

2.カタカナが多い会社、団体名の場合
  単純に文字数で字割りすることはできません。
  *音引き(ー)と小さい字(ィッャュョ等)は
   行の先頭にしてはいけません。
   普通の字の半分(半角)と考えて字割りしましょう。
  *文字数の多い場合は、株式会社、有限会社等は1行で入れ、
   単語の区切れ、文字数を考慮し字割りを決めます。
  *最後がカタカナで終わる場合は必ず「印」か「之印」を入れましょう。
   最後に漢字を入れる事でしまります。

ではここで問題です。
「株式会社アイウ」の角印を作る場合どのように字割りしますか?
もちろん、「印」、「之印」を入れても構いません。
ここのところちょっと忙しく、
解答の印稿を書いている時間がないので、次回の養成講座で。

アルファベットの会社名の角印については、
まったく別なので、また違う機会に。

お店の地図、インターネット通販は東堂印章公式サイトへ

人気blogランキングに参加しています。
人気blogランキングへ⇒banner_02.gif
posted by 一日3本 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック