2007年10月22日

ダイスケ、スキデスカ

あれは、金曜日の午後5時半を過ぎた頃
二人の外国人の女性、丸い子と背の高い子
(後にアメリカ人とわかりました)が
店内をうろうろしています。
うろうろできる程広くないのですが(笑)
こちらから話かけては、負けなので、作業を続けていると
モチーフ入りの落款印を引き取りに来たお客様がいました。

お母様へのプレゼントの落款は、
桔梗を入れた印相体系のはんこです。
落款印といえば、本来、篆書系、主に小篆なのですが、
得意な印相体でモチーフを入れた方が、
自分らしく彫れると気付き、
徐々にこのような落款印のご注文が増えています。
彫る本人は大変なので、単純に喜んでいるわけではありません(笑)

そのお母様は、一応落款印をお持ちで、
ご注文の際に見せてもらった印影は
素人が手を抜いて彫ったような、
字になっていないようなものでした。
「これはひどいですね。線がくっついて字になっていませんね。
 落款印の場合、ある程度線がくっついても、味になるのですが
 ここまで、くっついてしまうと。。。。
 僕がざっと書いたものよりも、明らかにダメでしょ」
「やっぱり、ひどいですか。
母も気にいらないようで、使わないんですよ。
 ひどいものと判っただけでも良かったです」
「フリーマーケットとか路上で、ざっと彫ったものなのかな?」
「フリーマーケットだったかしら」

そして、この方はモチーフ入り2本目なので、
入れて欲しいモチーフをお持ち頂きました。
「花びらが離れていると、
彫るためにはパーツパーツを離す必要があって
 全体の形が変わってしまいますから、ちょっとこれは無理ですね」
とういうことで、お店にあったものから、桔梗になりました。
本柘12ミリ角で出来上がったのはこちらです。
kikyo.JPG

「これは、いい。あげるのがおしくなりました」
「お母様の名前が彫ってありますので、
プレゼントして下さいね(笑)」
次は自分の印鑑を考えているとのことですが、
自分のものとなると、どんなモチーフを入れるか
決めかねてしまうようです。

ところで、最初に出てきた外国人女性2人組、
この受け取りのやりとりを見ていました。
いやな予感です(笑)
そのお客様が帰られると、
「ワタシモ、スクエアナ、ハンコホシイデス」
かたことの日本語で話しかけられてしまいました。
最短で1週間、
1万2千円かかることを伝えてもやはり頼みたいそうです。
カナダの男性(34歳)へのプレゼントだそうです。

やっぱり、モチーフを入れないとダメなんでしょうね(ふぅ)
「ホワッツ ヒー ライク?」
どんなモチーフを入れるか探求が始まりました。
洋書の“Symbols”を見せてみましたがなく、
Wolfが入れたいと言い出しました。

グーグルのイメージで検索してみるといいわよと
英語で言われ、検索してみると月に向かって吼えている
ウルフの絵があり、これだと見せざっと書きました。
ところが、首をひねっています。

そして、「ホワッツ ヒー ライク?」と聞いた時から
自分のシルバーのリングを気にしており
その指を外して、文様化されたウルフと説明し始めました。

携帯で写真を撮ってみましたがよく写らず、
あとは、見て書いておくしかありません。
シルバーのリングをみて、ウルフ顔の部分を書き
色々アドバイスされて、何度も書きまあまあ、なんとか書けました。
きっと彼にもっらた指輪なのだろうなと思いながら。
気付くと午後7時、1時間接客していたわけか。

最後の力を振り絞り、どちらからお越しか聞いてみると
一人は「カリフォルニア」
もう一人は「ボストン」
そしてと「ダイスケ、スキデスカ?」
一瞬何を言っているかわかりませんでしたが
ボストンといえば松坂くんのことですね。
「好きです」と
疲れとか松坂くんの成績とか色んな意味で弱弱しく答えました。
(今日の試合では、勝利投手になって欲しいです)

はんこをプレゼントする彼はカナダ、
この二人は、カリフォルニアとボストンどんなつながりがあるか
気にかかるところですが、もう十分時間をかけてしまったので、
聞かないでおきました。

その日は、お客様がそのまま午後9時過ぎまで絶えることなく
3時間以上接客、しゃべりっぱなし。
さすがにおしゃべりなはんこ屋でもへとへと。
最後のおきゃくさま、今日は話だけのはずが
「認印だけでも頼んでいこうかな」と言い出しましたので
「えっ今日頼むんですか」とご注文阻止しておきました(笑)
あくまでも非営業的なはんこ屋です。

東京渋谷の印象はんこ店の地図、ハンコのインターネット通販は東堂印章公式サイトへバナー かわいい英樹1g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif
posted by 一日3本 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック