2019年03月04日

小学生のデザインを元に

モチーフ入り印鑑をお母さんが注文するのを見ていた小学生の男の子。
その時のはんこ屋が目の前でラフデザインを書いていくのが、とても印象的だったようで、自分でも書いてみようと思ったらしく、ある日唐突にはんこのデザインとして描いたものを見せられ、これではんこを注文してきてと、頼まれたそうです。
それを見て、5歳の弟くんも、自分の名前をデザインして描いてきたそうです。

その描いたものを持って来られた はんこ屋。
しばし考えます。
小さい子供達が、自分のはんこをデザインしてみたという行為に感動しつつ、本人のデザインを生かしながら、でも文字として成立させなければ、プロとは言えません。
銀行印1本、手書き版下のシャチハタ2本を考えていきました。
下が子供達のデザインです。
B0B3749B-036B-458C-B562-1ECC73A1CFC0.jpg24A270AB-C722-491C-9BF8-95849C3FE0FC.jpg2059B7C1-7F7D-447C-88AD-980D42CE4003.jpg
本人とはんこ屋のコラボです(笑)

お母さんには、とても大変なことを頼みに来たことを伝えておきました。
posted by 一日3本 at 23:33| 無理を聞く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする