2017年11月30日

誕生日に想うこと

今日、誕生日で55歳になりました。
四捨五入すると60歳です(笑)
そういえば、最近四捨五入を聞きませんがこのデジタル時代に四捨五入という考え方自体無くなっているのでしょうか?

今年を思うと、オザケンを聞いて、村上春樹さんの本を読んでいました。
オザケンとコラボしたセカイノオワリさんを聴き、そのピアノ担当の藤崎彩織さんの書いた「ふたご」も読みました。
ほんの少し、横に広がりましたが、20代30代の頃と好きなものが変わってません。

20代に読んだ村上春樹さんの「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」とてもその世界観にびっくりしながら、惹かれ、当時好きだった女性(彼氏がいる人)に、その本の感想のとても長い手紙を書きました。いったいどんな内容の手紙だったかは内緒ではなく、まったく忘れてしまいました(笑)
今年は「ふたご」の感想を書きました。
好きなこと、したいことは変わっていません。

女性好きも変わらなく、20代の時に彼氏のいる女性に、サーカスを観に行こうとデートに誘ったのですが、結局断られてしまいました。
彼氏から奪おうと思ったわけではなく、ただ一緒にサーカスを観たら楽しいなと思っただけなのにとなぜと???で一杯になりました。
数年後、その女性からあの時デートしていたら荒見さんのことが好きになりそうだったのでデートを断ったんだと聞きました。
そこからは、何か誘って断られると自分のことを好きになってしまうからだと自然と思います。
この話をするとなんて前向きな人なんだと言われますが、前向きというよりそれが普通なのでといいます。

今年の話に戻り、数ヶ月前結婚を機にはんこを作りに来て頂いたモデルさんが、別のモデルさんに当店を紹介してくれ、その女性モデルさんが来店されました。
とても良い流れです(笑)
そのままにしておけば、少しずつモデルさんのお客様が増えることが望めます。
でもキレイな人と仲良くできるチャンスを見逃せません(笑)

一応、飲みに行きたいことを伝えておきます。でも誘いに断り慣れしている人は直接断らず、また遊びに来ますねとか言うんですよ。断るなら新しい断り方でお願いします。と言ってみました。
すると
今度、チューハイをここに持って来ますと言われました。
新しい断わられ方過ぎて対応できませんでした。まだまだです(笑)

ホントにチューハイを持ってこられ、お店で乾杯とかした場合、それはモデルさんと飲んだことがあるという実績になるのでしょうか?
お店でアルコールを飲んだ後に、仕事をする自信ないです。
意外と忙しいのでらその実績⁈と仕事を比べると迷わず仕事です。
はんこ屋の心理をついたとても良い断わり方でした。
断るということは、はんこ屋のことを…(笑)

こんな55歳です。

そうだ。Clovaに誕生日の歌をお願いと言ってみよう。

posted by 一日3本 at 12:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする