2016年09月29日

10年越しのペガサス

初めて知り合ったのが10年以上前、父がお店に来れなくなり、1人で遅い時間まで、彫っている時に、はんこ屋を発見し、話し掛けてこられて、何度か話しているうちに仲良くなったと思ったご夫婦がいます。

そのご夫婦が会社を立ち上げる話をされて、会社印について説明した後、何日経ってもはんこを注文しに来ません。
おしゃべりですが、そんなにヒマではなく、色々と話していたのは、はんこを作る時はうちで作ることが前提です。

何年か後に現れて、会社印を注文しなかった説明もないまま、ちょうど、とてもとてもキレイなモデルさんにペガサスを入れて銀行印を作ったタイミングでしたので、自分もペガサスを入れたはんこが欲しいと言ってきました。
でも、あなた達に彫るはんこは無いと断わりました。
きっぱりとした性格です(笑)

次は6年くらい空いて、またお店に立ち寄られ、ペガサスのはんこが欲しいと言いますが、あなた達に彫るはんこは無いと言います。なのに、なんとなく何度も話に立ち寄って来ます。

今年、はんこ屋が凄く元気になったタイミングで、会社を立ち上げたいので、はんこを彫って欲しいと言ってきました。
今はイイタイミングなので、彫ってあげるよと言い、
金額を聞いていき、お金を用意して、今度はちゃんと注文しに来ました。

会社の角印に待望のペガサスをお入れしました。
ペガサスの資料をお願いしたのですが、持って来られた資料のペガサスがカッコ悪いので、もうお任せねと、帰しました。
自分でネットで探しても、思うようなペガサスはなく、仕方なしに、持ち込まれたペガサスをベースにして、カッコ良く見えるように書き換えました。

そして、完成。
10年越しのペガサス、凄く気に入って頂きましたが、今度はペガサスだけを彫って下さいと言ってきました。
そんなの彫らないよ。
今度、注文を受けるとしたら、100万円のはんこですよ(笑)
えっこれは大きくて。
頑張って稼いでね(笑)

6F19CAD5-F816-424D-BC9A-6698C25F451E.jpg

posted by 一日3本 at 09:01| モチーフ入り印鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする