2016年07月11日

ライブビューイング初めて

日曜日、少女時代のテヨンさんの韓国でのソロライブが、日本の映画館で観ることが出来ました。
サッカーなどスポーツでは、良くあるライブビューイングです。
スポーツ観戦でも、ライブビューイングの経験はなく、初めてのライブビューイングです。
いくつになっても、初めてのことは、ワクワクします(笑)

ライブビューイングでも
少女時代のコンサートの様に、立ち上がって、ピンクのペンライトを振って応援するのでしょうか?
とりあえず、ピンクペンライトを持って映画館に向かいます。午後4時開場なので、5時くらい開演かな?と思って映画館に向かいました。
電車の中であらためて、チケットを見ると4時開演とありました。
勘違いしていました。
4時少し前に着席。
おじさんよりも20代の女性が目立ちます。
4時になると、コンサート会場が映り出しました。まだコンサート会場の客席に空きが目立ちます。

73DBE62A-BDFF-4A29-A670-D6CC3736C3A7.jpg

そして、4時20分くらいにコンサートが始まりました。コンサート会場に流れる映像は、映画のようにスクリーンいっぱいに映されます。
ちょっとDVDを観ている感じです。

席に座ったまま、ペンライトを少し振るくらいです。声を出す人はいません。

2ndミニアルバムからのダンサブルなナンバーで、始まりました。男女のダンサーさん達を引き連れて、セクシーでカッコ良いテヨンさんです。
3曲くらい続いた後にテヨンさんのMCがありました。
もちろんハングル語です。感謝の言葉くらいしか分かりません。
ライブビューイングにも触れてくれ、そこでテヨンさんは日本語で、たくさん準備をしました。楽しんで下さいという感じのことを言いました。
その後もMCは続き、お客さんをいじり、テヨンさんがおしゃべりなことが分かりました。ハングル語を学んでいなかったことを大後悔です。

ドラマの主題歌や挿入歌が続き、しっとりした大人のコンサートになりました。
MCも何度もあり、ライブビューイングにもまた触れ、44会場でライブビューイングがあり、日本語で、日本に行きたいですと言ってくれました。

少女時代のメンバー3人も客席にいました。

テヨンさん、少女時代のJapan2ndツアーまでは、声を張り上げて歌うところがあり、そこが一つの見せ場だったのですが、そのツアーの後はなく、歌い方を変えたのかなと思っていました。

ところがこのライブの前のラジオ出演で鼻炎を患っていたので、思うように声を出せなかったと告白されたようです。

このライブでは、何度も声を張り上げるシーンがあり、大満足です。

アンコールで、少女時代の曲を歌ってくれたのですが、ものスゴく適当に(笑)カラオケを楽しむ感じでやってくれました。

あっという間の2時間でした。
英語とともにハングルも少し学ばないと。


posted by 一日3本 at 09:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする