2014年08月27日

ひょんなことで渋谷系デザイン博に応募

渋谷区観光協会の方が記念スタンプ(シャチハタ)を作りに来られました。
ハチ公広場にある緑の電車の観光案内所とマークシティ内にある観光案内所に設置するためのものです。
外国人観光客さん達から記念スタンプはないのかという問合せが多く、作ることにしたそうです。
デザインはデザイン学校の学生さんがしました。

僕にデザインもお願いしてもらえると良いものが出来上がるんですけど。
でも高いですけどね(笑)と、このご注文の時に言いました。

出来上がってきたものをお渡しすると渋谷区観光協会さんは、うちで記念スタンプを作ったと言って下さっていますが、自分がした実務は、渡されたPDFファイルが青色でできていたので黒一色にして印刷し、それをシャチハタさんに渡しただけです。
普段パソコンをあまり使わない人が黒1色にして印刷するのは、結構大変だったのてすが(笑)
時間のロス無く、シャチハタさんに版下を渡したにも関わらず、結果納期が1日遅れてしまいました。

はんこ屋がデザインしたら高いよと言ったのですが、自分がデザインしたスタンプをお土産として、多くの人が押していくのはステキだなと、時間とともに思い始めました。渋谷という街には恩も思い入れもあり、渋谷を訪れた人達が笑顔に成れるものを作って寄付したいと決意しました。

受取の時に、僕がデザインした記念スタンプを寄付したら、観光案内所に設置してもらえるかお聞きしたところ、渋谷流デザイン博の作品を募集しているので、まずはデザイン博の作品として出してはと、アドバイスされました。

落選とかしたら、スゴイショックなんですが。それはないです。ほっ。

漢字とアルファベットの両方を入れた方がイイかも聞いてみたところ、個人的な意見としては漢字だけが良いと思いますともアドバイスして頂きました。

そういえば、お店に来た外国人さんにこの漢字は日本の漢字か、中国の漢字かと聞かれたことのあるのを思い出しました。
漢字は英語でチャイニーズ キャラクター、日本の漢字ではないとお土産の意味が薄れることに気付きました。
日本の漢字を縁起良くハチと渋谷区の花を入れて、内容さえ決まれば、後はプロの仕事です。
納得できるレベルに仕上がりました。

そうそう、
作っている過程で自分としては、大切なことに気付いてしまい、正しい姿にして、版下を書きました。

渋谷区観光協会さんのブログにその作品?がアップされました。
押せるようになるのは、来年の予定です。

posted by 一日3本 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック