2014年06月19日

ギリシャ戦に向けて

いよいよ明日、ブラジルW杯ギリシャ戦です。
前の試合から気持ちを切り替えて臨みます。
でも、象牙海岸戦の敗戦理由を明確にしておきましょう。その理由は2つあります。
1.日本チームを研究し、チームとして対策されたこと。
長友くんが試合後のインタビューで、両サイドとも上がっているのを今まで見たことがないと言っていたように、日本のストロングポイントである左サイドを戦術的に封じてきました。
今までのW杯では、日本が相手チームに合わせて戦術を練ってきたのに対して、強化試合の結果などから相手国が日本チームをリスペクトし、対抗策をとってきました。
それを乗り越えていかなければ、強豪国になれません。
ギリシャのマスコミがギリシャ選手に日本の素早い攻撃に対処できるのか?と質問していました。ギリシャも当然対抗策を練ってきますよ。
晴れなら、そんな対策も打ち破れるはずです。
テレビ解説の人、相手国はこんな対策をしてきましたと是非、教えて欲しいです。

2.雨
長谷部キャプテンは、敗戦後のインタビューで、雨でのコンデションは両国平等なので、理由にならないと立派なコメントをしていました。
しかし、身体能力パワーが特徴なチームと細かいパス回しで90分間走り続けるチームでは、雨で重くなったピッチの影響をどちらが強く受けるか明らかです。
パスサッカーの代表の王者スペインが予選リーグ敗退が決まりました。
それに対して、オランダのロッペン選手の個人技が目立ちます。ブラジルの地では暑さや雨のため、個の力が勝敗を左右するのかも知れません。
暑さ対策をしてきた日本でも、雨対策は。
明日の試合が晴れますように。
昔W杯の予選雨の中、中田英寿選手が雨なのでグランダーの強いシュートを意識的に打ち、キーパーが弾いたところを詰めてゴールというシーンがあった気がします。
雨ならグランダーで強いシュートお願いします。

さて、コートジボワール戦の後、次戦に向けて新しいサポーターを増やすために、ゲームセンターに行きました。
3FE4C063-12C5-47D1-ADC9-6AFD8C0D6FA6.jpg1AD74070-EEDA-424F-89EB-480745B4D586.jpg
今日はユニフォームでの接客で失礼します。
コンビニではありません(笑)
posted by 一日3本 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック