2014年06月12日

素敵な贈り物

奥さまがコピーライターのご夫婦が、それぞれの印鑑を二人揃ってご注文に来て下さいました。
ご注文の時に、うちのお店のコピーを考えるとどんな感じか、気安く聞いてみました。
考えて、答えてくれません。
てっきり、ぽんぽんと幾つか直ぐに出てくると思ったのですが。
じゃあ、受け取りの時に、またまた気安く、宿題を与えてしまいました。

そして、受け取りの時に、考えてきてくれたと聞くと、覚えていたんですね。とこのカードを渡されました。
E7CF4294-039A-49E4-B085-89E828BDAFC9.jpg
しまった。
プロに気安く、言ってしまった。
本格的に考えて来て頂いてしまいました。
申し訳ない。
と思いつつも
「紙を切って貼るのは、良いのですが、
角を丸くしないと、四角より丸の方が力があると言われていて、ほら、このポップも角が丸くしてあるでしょ」
するとご主人が
「コピーではなく、まずそこからですか(笑)」
「だから、お店を手伝ってくれているいとこに、めんどくさい人と言われるんです(笑)」
ホントは左揃えではなく、センター合わせにしないととも言いたかったのですが、黙っておきました。(あっ書いてる(笑))
コピーライターさんが
「おしゃべりなハンコ屋さんなのですが、自分もしゃべりたくなるというのが、コンセプトです。最初の『もの云うはんこ 手彫りはんこの東堂印章』を展開していきました」
「なるほど。3番目の『人を彫り出す、手彫りはんこ 東堂印章』が好きです」
「どうぞ、ホームページ、ブログなどで使って下さい」

プロに気安く言ってはダメなんだなと反省しつつ、素敵なプレゼントに感謝です。
プレゼントに見合うような印章を彫ったもんと、自分を擁護(笑)
posted by 一日3本 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック