2012年03月28日

荒見さんヘビ大丈夫ですか

「荒見さんヘビ大丈夫ですか?」
ヘビ大丈夫かどうかなんて、街中でそんな質問オカシイです(笑)
生きているうちに、こんな質問を受けるとは、思いませんでした。
場所は、千葉県のとあるカフェ。
フクロウとカメに会えるお店てます。
先程の質問した男性は、ハンコのチェーン店で、彫刻機を操作しているオペレーター店長さんです。
このブログを読んで、勉強している志し高き人です。

以前ういろうを持って挨拶に来てくれました。
今回は、このカフェのご夫妻に最高のものを手に入れて欲しいと、しぶちかはんこ屋まで、
連れて来てくれ、モチーフ満載のはんこをご注文して頂きました。
自分で彫ってあげればイイのにとも言ってみました(笑)

フクロウとカメに会えるカフェなので、両方とも大好きなバーバラさんを伴い出かけてみました。

そして受けたヘビ大丈夫ですか質問。
答えようがありませんので、
「昔、沖縄に行った時、ヘビを首に巻いて写真を撮ったことがあるよ」
と曖昧に答えます。
その旅行の時、ぐじぐじしているのがイヤで、真っ先に手を上げ、1番目に写真を撮ってもらったことを思い出しました。
そのうちに、ハイとヘビを手渡されました。
ヘビ持っちゃったよ。
あれ、持った感触が気持ちイイ。スポンジの硬い感じで、ヘビ皮、ヒーターで温まり暖かく、触り心地がいい、巻きついてくるので、重さもあまり感じません。
ヘビ大丈夫です(笑)

でも突然のできごとで、ヘビの写真がありません。


image-20120328102509.png

陸亀の赤ちゃんカワイイです。

カメの好きになった理由は、カメが人を認識していて、家族にははしゃぎ、他人には人見知したりするところでした。毎日遅い時間に帰っても、カメだけは起きて待っていて、バシャバシャやってくれます。

そこで、ヘビも飼主など人を識別できるか、飼い主の千葉美人さんに聞いてみたところ、
「まったく、(人の識別は)ありません(笑)
ただ買って来た時から、ずっと私がいじり倒しているので、人に触られ慣れています」

なるほどね。ワニはどうなのだろう?とちょっと思いましたが、荒見さんワニ大丈夫ですか?と言われるとやっかいなので、聞かないでおきました(笑)

トカゲは、暴れます。

image-20120328102536.png


ちゃんとアルコールで、消毒した後に、ランチを頂きました。手作り感が伝わってくる美味しいものでした。近くだったらな〜、気軽に行きたいお店です。

食後フクロウを間近に見て、知性を感じました。
貴重な体験をしました。

このヘビ話を会社印4社目のご注文の事務の方にしたところ、
「ヘビって縁起物ですよね」
「白ヘビは特に金運です」
「ちょっと前にはんこ屋さんの
ことを思い出し、もう頼むことはないなと思っていました。急に新たに会社を作ることを知りまたこちらに伺うことになりました。ヘビ触ったお陰じゃないですか」
「えっそうなの⁈」

posted by 一日3本 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック