2006年08月03日

読める印相体

仕事用にみとめ印を、わざわざご注文頂く方は
その印鑑を、運の好転のきっかけにしたいと
思われている方が多いです。

仕事印(認印)は、印鑑を押す枠があり、
署名せず捺印だけという場合もありますので
印影は誰にも読めた方がいいです。

となると、古印体が一番読みやすく、印鑑らしく、
手彫りでは、全体的印象としては文字が太いものの
細い部分もあり、味わい深い書体です。

しかし、開運を臨んでいるお客様に対して
できるだけにことをしてあげたいと思っているので
やはり認印であっても印相体にしたいです。

そこで本来、篆書体が元になっている印相体を
読みやすく、普段書いているような字の形で
彫ってみたところ、お客様に好評です。
機械彫りでは、書体としてないので出来ませんから。

上が印相体の「佐」
佐印相体.JPG
下は読めるようにした印相体の「佐」

書体名はベタで「読める印相体」仮称です(笑)

渋谷のはんこのお店の地図、印鑑のインターネット通販は東堂印章公式サイトへ

いつも投票ありがとう⇒banner_04.gif
posted by 一日3本 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋さんの裏メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック