2006年07月12日

ギターと四つ葉のクローバー

<もしかしてスゴイかも知れない>
ブログで以前書いたように、サンク・カロさんの為に、
上昇印相体の中に5つのタイルをおいた銀行印を彫りました。
我ながら傑作で、
サンク・カロにも気に入って頂いたのは、とても良いのですが、
翌日にもう1本銀行印が欲しいと言われました。

「そんな銀行印は1本でいいじゃないですか」
「銀行によって分けたほうがより安全じゃないですか」
「まあそうですけど本気ですか」
「お願いしますよ」

自分の中でサンク・カロさんのはんこは完結しているので
なかなか彫る気になりません。

それから1ヶ月間モチーフ探しです。
ギタリストのサンク・カロさんには、
やはりギターをモチーフにしたらと何となく決まったものの、
まだ彫りません。

そしてとうとうサンク・カロさんの奥様のタッチャンさんから
銀行での手続きがありますので、
いつできますかとの問い合わせメールがありました。
印鑑は実用品なのでごもっともです。
「明日にはお渡しできます」
とそば屋の出前のような返事をしました。

そして完成したのが、これです。
ギター.JPG

「口」をサンク・カロさんの持っていたピックの形を意識し、
中にギターを入れました。
自分でもこんな印鑑欲しいと思ったのは初めてです。

サンクカロさんに渡すと
「これ僕のギターじゃないですか」
「レスポールの写真を見ながら彫りました」
「コレクションしたくなるな」
「そういうものじゃありませんので(笑)」
「友達にストラト持っているのがいて、見せたら欲しがるな。
 でもダメでしょ(笑)」

隣のvodafoneショップの携帯ちゃんブラックさんが
「はんこ欲しいんですけど」
「どんなはんこ?」
「はんこ屋さんが回覧板で押してるような、何が書いてあるか
 わかるような、わからないようなの」
「何に使うの」
「ここの仕事で」
「本当に欲しいの」
「ホントですよ。大至急で」
ブラックさんには、色々教わっているので、いやとは言えません。

書体は、小篆で、レイアウトは千鳥といってナナメに入れました。
ちょっと空間があります。
げっ、その時思い出してしまいました。
ブラックさんの日記で四つ葉のクローバを見つけた話を。
その時コメントで、クローバーをモチーフにしたら
面白いと書いてしまっていたんです。

フォリフォリの四つ葉のクローバーのリングの写真を見て
空いた空間に四つ葉のクローバーを入れました。

男気くんがお休みで自慢する相手がいないので、
タッチャンさんに出来上がった印鑑を見せました。
「今度は四つ葉のクローバー入れちゃいましたよ」
「かわいい。これ絶対いい。
 また、かわいいおねえちゃんのために彫ったんでしょ」
「そうですよ。vodafoneショップの子のです」
なんで、かわいいおねえちゃんのためと出てくるのかと
思いましたが、タッチャンさんにはブログを読んでくれて
文才があると誉められたことがありました。

妹のsunちゃんがサンク・カロさんに頼んだ時計を取りに来ました。
その時、ギターの入った印影を見せました。
「sunちゃんの時計が人質になっていたから、彫ったよ」
「こんな、はんこありなんだ。かわいい」

タッチャンさんが帰る時、
「私は辰年で、子供にも「龍」がついて、
 最近になって龍を意識していて、
 龍のペンダントもつけているの。
 はんこに、龍が入っていたらいいなと思って」
「龍が彫ってあるはんこ、昔はありましたよ」
「じゃあ、はんこ屋さんお願いしようかな」
「そんな次々のはんこ頼むことないですよ」
「この仕事を始めて、今年で10年。
とにかくがむしゃらに走り続けてきて、
銀行印なんて、三文判でいいやとしていたのを、
ふと立ち止まり、こんなはんこでいいのかなと思ったの。
そう考えれる余裕が出来たということかも知れないけど、
新たのスタートとして、まず銀行印を換えて
今年中に会社組織にしたいと思っているの」
美人のタッチャンさんにいい話を聞かされて、
龍のはんこを彫るように追い込まれている気がします。

しかし今度は、人質はいないと思っていましたら、
今度はsunちゃんの旦那が、
サンク・カロさんで時計頼むかも知れないと言ってました。
「龍」彫れるの?

繊細に彫ることの出来る職人さんは他にもいても、
ギターや四つ葉のクローバーを入れると思いついて
実際に彫る職人さんは、まずいないだろうと思うのです。

はんこのお店の地図、印鑑のインターネット通販は東堂印章公式サイトへ

いつも投票ありがとうございます⇒banner_02.gif


posted by 一日3本 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋さんの裏メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック