2011年05月02日

銀行登録印なのに引き出せない

お客様から聞いた話です。
キャッシュカードが入ったお財布を無くしてしまい、
でも、通帳とハンコは有り、銀行窓口に行き、2度は問題なく、現金を引き出せたそうです。

その銀行登録印は、いわゆる三文判、既成のハンコです。

3度目の引き出しの時、そろそろ汚れてきたので、
銀行にあった印ブラシで印面を掃除してから、捺印して、引き出そうとしたそうです。
すると、登録してある印影と3カ所照合しない点があるので、
引き出せないと言われてしまったそうです。

ホントにこのはんこが銀行印なのにと思いつつ、
口座を作った(銀行印を登録した)支店に移動して、試してもやはり照合しません。
なので、その同じはんこをもう一度銀行印として登録し直して、なんとか引き出せたそうです。

印面が汚れた状態で印影が登録されてしまい、掃除して印面がきれいな状態になったら、
印影が違うと現金引き出しを断られてしまったのです。
物理的には、同じハンコなのに。

機械で照合して照合率が低い場合、今度はヒト3人で確かめると聞いたことがありますが
銀行によってでしょうか?
もし、自分がそんな目に遭ったら、
「何いってるか、わからない。これがホントに銀行印だから。
 そちらのシステム上の問題を言われても」と怒るところです。

でも、このお客様できた人で、銀行印を厳密にチェックしていることがわかり、納得し
更には、精密機器のサービスマンでしたので、
簡単な三文判は、照合ポイントが少ないので、3箇所違えば、もう違うハンコと認定され
当店の作るような印相体の複雑なはんこは、照合ポイントがたくさんあり、
例え3カ所くらい照合しなくても同じ印影と認定されるに違いないというと類推されました。

確かにそうかも知れません。
今度、銀行員さんがはんこを作りに来てくれた時に聞いてみましょう。

三文判(既成印)を銀行印にしない方が良い、新しい理由を手に入れました。
その理由は
1.既成のハンコは、同じものが売っている可能性がある。
  銀行口座の鍵ともいうべきハンコ、同じものが売っている危険性があるのに
  登録印にしますか?
  100円ショップのはんこは、プラスチックを型に流し込んで作っているので
  まったく同じものが、簡単に手に入ります。
  当店で売っている既製品でも、工場で作るロットは同じ、
  次に作る時は太さなど設定を意識的に変えるそうですが、
  それにしても、同じはんこが多く存在しているわけです。
  
2.機械だけで彫ったものは、簡単に偽造されてしまう
  機械彫りのはんこは合鍵を作るように印影をスキャナーで読み込まれて、偽造されてしまう。
  見極めポイントが少ないので、偽造もたやすいいだろうと推測できます。

3.簡単なはんこ(三文判)は、同じはんこでも違うといわれることがありえる。
  単純なはんこは、照合ポイントが少ないので、
  押し方で違うはんことされてしまうことがある。
  銀行窓口で、引き出したい時、手続きの時、困ってしまいます。

一生に1本2本作れば良い銀行印、既製品ではなくオーダーして作ったハンコを使用しましょう。
どこで作るか、考え方次第です。

そして、この方がどのようなハンコを作ったかは、次回のお話で。
posted by 一日3本 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック