2011年04月06日

女性人気、復活ということは

今年の1月から始まった男性人気、連日の男性のご来店。
たまに女性がみえられても、ご主人、息子さん、甥っ子さんのためだったりしました。

キレイな人のためにがんばるお店だったはずなのに、
キレイな男性もありだと、思い始めたくらいです(笑)

3月に入ると徐々に、女性も増え始め、男性人気もそのままで、
ご注文頂いているはんこの本数が66本に達し、
これは、納期が遅れてしまう日が来るに違いないと憂慮していました。

そして震災、あの金曜日の夕方から日曜日まではんこの注文はなく、
翌週は注文の多い日と少ない日が、まだらにあり、
こんな状況でも、わざわざはんこの注文のために、ご来店頂けることに感謝の日々です。
「せっかく、ここで作るのだから」という声も多く聞かれました。
その次の月曜日、ご注文頂いている本数は51本に減りました。

そして、気付くと女性のお客様が多く、手土産も復活です。
代官山小川軒さんのレーズンサンド、初めていただきました。
image-20110406085118.png


確か小川軒さんは二つに分かれて、のれん街によく来る方は、食べたことがありますが、
代官山はより高級な味がしました。
ありがとうございます。

その方には、お飼いの猫ちゃん、おぎんちゃんで両耳とも垂れ耳という、
カワイイ難題をお彫りした成果です(笑)
鴨居先生のところの猫ちゃん、マルちんさんは片側垂れ耳ですが
両耳垂れていても、ちゃんと猫に見えるのかが大きな課題でした。
鴨居先生、偶然お店に立ち寄ってくれないかなと、
テレパシー飛ばしてみましたが、通じなかったようです。
まだ修行が足りません(笑)

その方から、昔作って貰った切り絵の猫ちゃんの資料を追加で提供して頂き、
どこを省略して、どこを強調すれば良いかが分り、なんとか彫れました。

出来上がりはこれです。
おぎんちゃん.JPG
お写真はもっとカワイかったです。

でも第3者がこのはんこで猫とわかったという報告があり、ほっとしました。

女性のお客様が増えると手土産増えて喜び、
おしゃべり増量で
モチーフ入り増えて、彫れる本数減る。

ご注文本数が一時期より減っても、
ちっとも減った気がしないのは、これが原因だったのですね(笑)
posted by 一日3本 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | モチーフ入り印鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック