2011年02月19日

幻の象牙、ミズキリ

今年、彫り直しに持ち込まれた象牙は、目無し、別の方は芯持ち?と特別なものが続いています。
その芯持ちらしき象牙は、直径が小さいのに、後ろ側に芯らしき中心点がありますが、
通常黒い芯部分が黒くなく、でも目は詰まっていますので芯持ちに見えます。
印面側には、芯の穴はなく、芯持ちではないのか、でも彫ってみてとても堅かったです。
最高級の象牙なのは、間違えありません。

コメントで象牙の芯持ちについて、質問がありましたので、
印材屋さんに芯持ちの写真の提供をお願いしました。
ところが、印材屋さんに芯持ちの在庫がなく、あったのは横目だけ。
その代わりに、象牙の部分とランクの関係のコピーをもらいました。
象牙.JPG
(画像をクリックすると大きく表示されます)

芯持ちは、1本の象牙から取れるのは、1,2本。後は、芯が曲がっているので印材にしません。
それでも、はんこ屋さんの展示会で、曲がった芯が入っている先端ではない、
象牙の印材を売っていることがあるそうです。
象牙の芯持ち自体、穴が空いているのでオススメできませんし、
更に印材の後ろが黒い点になっていますので、見た目的にもオススメできません。

象牙のランクは、実ははっきりした統一規格ではなく、
うちの印材屋さんは、「あそこ印材屋さんの上が、うちの並」などと言います。
例えば、表面部分が入り色が変わっている象牙でも、少し削って漂白してしまい
並として、販売しているところもあるそうです。
(漂白してしまった象牙は、油が抜けて、もろくなっており手では彫れません)

象牙の加工メーカーでは、特上、上、並(特選)と
現在では3段階に分けて出荷されているようです。
昔はもっと細分かされていて、並、中、上、上上、特上と5段階ありました。
自然のものなので、そのランク内でもばらつきがあり、
懇意な信頼できる印材屋さんならば
特上でも目無しに近いものを持ってきてくれます。
印材は値段の判断では仕入れられないものです。

更に、目無し、横目、芯持ちと特別な印材があります。
象牙はカットしてみないとどんな印材がとれるかわからないそうで、
目無しや特上がとれたら当たり、並しかとれないものもあるそうです。

印材屋さんに、このブログを書くにあたり色々教わっていると
「象牙のミズキリって知っていますか」
「知らない」
「僕も1度見たことがあるだけで、今では絶対手に入らないですけど、
 『水切り』と書いて、乳白色部分が透明に透き通っていて、
 白に部分的に透明部分が模様のように入っていてきれいなんですよ」
「そんな透明部分がある象牙なんてあったんだ。ブログに書いていい?」
「できれば止めて下さい。欲しいと言われても手に入らないので」
「手に入らないと明記するよ。見てみたいな。
 誰かが手に入れて、うちに印刻頼みに来るかも知れなし、書いてみよう」
「彫りにくいらしいですよ。透明部分は軟らかく、硬いと軟らかいが混在して」
「彫りにくいんだ。ちょっと興味を失った。でも写真でもいいから見てみたいな」
「写真では、あの透明感はわかりませんよ」

18年はんこ屋をやっていても、初めて知ることに、年に何度か合うものです。
日々精進。

天然木について質問もありましたが、
なぜ主に木は柘(ツゲ)しか、印材にされてないかを考えると、
柘にはフシがなく、繊維が詰まっており、堅さと弾力があって、見た目も美しい。

他の木で天然な状態で、本柘を超える印材があるとは、思えません。
例えば、黒檀は、硬いだけで弾力がなく、
杉などは軟らかいので、圧縮しないと印材にはならないそうです。
木にもたくさんの種類がありますので、絶対はありませんが、
他の木に繊細に彫れるとは思いません。
落款印、遊印などにはいいのかも知れません。
印材屋さんや昔からの印材メーカーに聞いても同じ回答です。

ところで、印材屋さんのコピーによると象牙のランクに特選とあります。
そんな言葉使ったことも聞いたこともありませんでした。
ようするに、並のことです。
お中元やお歳暮で、よく特選を選びますが、
それは並という意味だったのか(笑)

渋谷スクランブル交差点下の地下街『しぶちか』にあります・東堂印章公式サイトへバナー かわいい英樹1g.gif
posted by 一日3本 at 08:38| Comment(2) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもありがとうございます。


追伸、こちらの職人さんたちは、やはり年齢の壁にぶつかっているようです。
80歳代ですから無理もありませんが…。
そのせいか?、象牙 15ミリ丸・45ミリ丈をものすごく安くで作ってくれました。
印材が古いみたいですが、気に入ってます。
Posted by 印章好き at 2011年02月26日 00:25
気に入ったはんこを手に入れた様ですね。
おめでとうございます。

象牙はやけて、色が変わった部分があっても
目のつまり具合の方が重要ですので、
きっと良いものなのでしょう。
良かったですね。
Posted by 一日4本 at 2011年02月26日 11:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック