2006年05月09日

完全手彫り、手仕上げ、機械彫り

印章組合は、印鑑に関して公正取引委員会から指摘を受け、
その製作の仕方から完全手彫り、手仕上げ、機械彫りと
3つに分け、自主規制したようです。

本来の目的は、このことにより、消費者に対して、
印鑑の価値を見極めやすくするものです。
しかし、現実は言葉だけが踊り、
どう見ても機械彫りを
完全手彫り、手仕上げとして、販売しているところが多く、
嘆かわしい現状です。

印鑑の製作工程は大きく3つに分けられます。
1.字入れ(印稿作成)
 @完全手彫りの場合は、印材に直接、鏡文字で書く、
  あるいはガンピに書き印材に逆さに転写する。
 A手仕上げの場合は、印稿を手で書きスキャナーで読み込む。
  あるいは、パソコン上で既製のフォントを使用せずに
  オリジナルの印稿を作成する。
 B機械彫りは、既製フォントを配置するか、
  彫刻機メーカーが作った印影データを使う。

2.荒彫り
 @完全手彫り手彫りは、機械を一切使わず、印刀で彫っていく。
 A手仕上げは出来上がりイメージより全体的に太く機械に彫らせる。
 B機械彫りは、この荒彫り工程で、基本的には終了。
  たいていの機械は文字痩せして字が細くなってしまうようです。

3.仕上げ彫り
 @完全てぼりは、印刀を仕上げ刀に持ち替え仕上げていく。
 A手仕上げは彫刻機で彫りきれていない所を印刀で彫り、
  仕上げ刀で枠文字全体を整えていく。
 B印章組合の答申では
  枠だけ手で仕上げても機械彫り。
  枠文字を手で仕上げても、
  彫刻機メーカやパソコンのフォントを使用していればに機械彫り。

3.Bの部分が一般的に無視されていて、
最後にちょっと手を入れても本来は機械彫りなんです。

「手仕上げ」という名称が悪く、乱用、誤解を招いています。
なので、当店では、あくまでも「手彫り」としています。

手彫り印鑑のお店の地図、手彫りの工程もわかるインターネット通販は東堂印章公式サイトへ

いつも投票ありがとうございます⇒banner_02.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック