2010年10月05日

唐草印相体

えん印相体で文字の先と文字の先をくっつける時、
両方をくるくるし先を鋭角にすると唐草模様に近くなり、気に入っております。

えん印相体でざっと書き、
「もっとアレンジをすると」と言った時に思いついてしまいました。
文字のラインより細く、くるくる唐草をつけると、うまく空間が埋まり
大人らしいモチーフ、唐草は永遠を表し縁起も良いし。

えん印相体の発展系唐草印相体ですが、
本来ならば、もう一本彫ってみて、どんな字でもできると確信できましたら
新書体としてリリースしたいところです。
しかし、実印としては、登録できない可能性がありますので
新書体としてリリースしにくい、難しい領域です。

お客様から、好みの唐草の資料提供もあり、完成しました。
他にもモチーフが彫ってありますが、えん印相体と唐草にご注目下さい。

唐草100.jpg

渋谷スクランブル交差点下の地下街『しぶちか』にあります・東堂印章公式サイトへバナー かわいい英樹1g.gif
posted by 一日3本 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 新書体への試み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック