2009年10月17日

「総裁之印」について考える

はんこ屋の皆さん、
お札の表面に使われている印鑑「総裁之印」と同じ書体で
彫って欲しいと言われたどうしますか?

篆書で○に四角く入れれば、それで良いでしょう。
でも、最近は色々なことが見えてしまうので、
「総裁之印」を研究してみました。

2代目の父がお客様に、○に四角く入れる篆書で
お札に使われていることから紙幣体と呼ばれていますと
説明しながら、見せていたのが、この書体見本です。
shihei.JPG

このように、刷り込まれていましたので、
柔らかめの篆書を四角く入れるものと思っていました。

今回、お札に使われている書体で彫って欲しいというお客様に
その雰囲気を出すには、大きさを合わせ
「○○之印」と4文字彫ると良いと提案してみました。

しかし、印相体は若い頃、有名な印相家に
彫ってもらったことがあるが、良いことがなく、
ならば、もうお札に使ってある書体ということで
そんなに「総裁之印」に強いこだわりがあるわけではないので、
小さいサイズで2文字で、となりました。

こだわるなら実際に「総裁之印」を彫った人のひ孫さんのお店に
行ってみてはとも提案してみました。

ご注文時にざっと柔らかく書いてみると、あれ雰囲気が違います。
お客様からも、もっと直線的であることを指摘されました。
思い込んでいた感じと違います。

そこで「総裁之印」の特徴をとらえるために、
軽くトレースしてみました。
sousai.JPG

ホントに直線的で少しだけ、ナナメの線と曲線があるだけで
あまり特徴のないオーソドックス堅めの篆書体とわかりました。
印章新体と呼ばれる書体です。

「総」が旧字の「總」になっています。
そのためにハンコの中「總」に嫌いな×が2つも
彫ってあることに気付きました。
やはりそろそろ作り直した方が良いのではないでしょうか(笑)

完全手彫りで、これだけきちっと彫ってあることで
彫る技術は上手なことがあらてめて、わかりました。

トレースして字の特徴を掴み、
さらには、枠に対しての文字の大きさの比率をはかり、
15ミリ丸の枠に対して11ミリ四方の文字配置でした。

この比率で堅い篆書で四隅を枠につけて完成。
もの凄く時間をかけて、紙幣体を意識してお彫りしたのですが、
自分としては、柔らかい篆書が好きです。


その次にお彫りしたのが、篆書で会社用の角印。
すでに印相体で個人の実印を作られた方なので
信頼されて自由に彫らせてもらいました(笑)
3kai.JPG

モチーフ(三階松)に目がいきがちですが、
真ん中の行の「松の房」が久々に篆書を勉強した成果です。

東京の渋谷駅ハチ公広場下のはんこ店の地図(隣はメガネ屋さんです)、
ハンコのインターネット通販は東堂印章公式サイトへバナー かわいい英樹1g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif

posted by 一日3本 at 14:11| Comment(2) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも。
隣にあったソフトバンクショップの店長の嫁です。

感想を、と思ったんですけど、
メアドわかんないし、と思って
ここにコメントしちゃいました。

「奥村」ハンコありがとうございました。
とっても気に入りました。
つい最近、銀行印にしてきたところです。
自分で想像していたより
天道虫も、ハチの足跡もすっごくキレイだし、
自慢のハンコとして、
mixiに載せました(笑)
周りの評判もすごく良くて、
みんな作りたがってるんですけど、
渋谷なのがネックみたいです(笑)
千葉からは遠いんで・・・。

自慢の「奥村」印なんで、
ぜひブログに載せてください。


Posted by オクムラ at 2009年10月22日 20:32
コメントありがとうございます。
いない日曜日に受け取られてしまい
連絡お待ちしておりました。

事前にブログを読んでおられたと
お聞きしていましたから
あれを気に入らないはないと
思っていましたが(笑)

では、近日中に公開させてもらいます。

口コミもありがとうございます。
はんこを作るタイミングが来た時にきっと
縁のある人は、遠くても来店して頂けると
信じております。
これからも宣伝よろしくお願いします(笑)
Posted by 一日5本 at 2009年10月22日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック