2009年05月18日

手彫りならできるはず?

後ろに蛇が描かれた和風のTシャツの女性がお店に入って来て
「書体は決まっていますか」
「別に」

お持ちになった印影を見せながら
「こんな感じに彫って欲しいんですけど」
「上手ですね。とても面白い」

篆書系(篆古印体気味)で、
小判型に千鳥(斜め)に彫ってあります。
「『橋』は、このように彫ってあるのを見たことがあります。
 でも『高』はこれでいいのかな」
篆書辞典を調べて
「高の字の下の口にあたる部分がなく、
 辞典をみても彫っているような形はないんですよね。
 なのでできたら、Yとなっているところに横棒を入れて
 口の部分を作りたいんですよね」

同じようにざっと書いてみると、あることに気付きました。
「このはんこを使われていたのは女性ですか」
「主人の母親で、もうこのはんこ自体なく、
 でも変わって彫ってあるので
 今度私も結婚して姓が変わったので、このようなはんこを
 彫ってくれるところを探していて」
「やっぱり女性ですね。
 ほら、ここ女性的でしょ。
 多分、女性を意識して彫ったもので、
 昔の職人さんは、すごいな。
 でも、これは一見さんに彫るようなハンコではなく
 顔見知りの近所のはんこ屋さんが彫ったのではないですか」

「誰が彫ったかまでは、わかりません。
 でもホント女性を表しているんですね。気付きませんでした」

「女性を表しているとと気付いてから横棒を加えると
 かえって、やらしく見えてしまいます(笑)
 でも、文字として成立させるには、横棒が必要で
 銀行印としては、、登録してしまえばよいので
 このままの感じでOKです。
 どちらでもお好きな方でお彫りします」

じっと考え、昔のはんこの雰囲気のままに決められました。
当店が使用している小判型の印材より、
横が太めの小判型でしたので、
今回は丸型にしてもらいました。

さてさて、昔のはんこを真似て作るに当たって
注意点は、最初は良くみて印稿を書き、ある程度書けたら
もうお手本は見ずに、最終的に整える必要があります。
どうしても、真似ることに気を取られすぎると勢いがなくなり
オリジナル越えることができません。

今回は印影ではなく、書いたものを公開させて頂きます。
なので、自分的には未完成なものです。

jyosei.JPG

小判型から丸型にしながら、横に広げてしまわず
ご注文して頂いたご本人さまの細いイメージで彫り上げました。

受取りの際
「これは、完全なオリジナルなものですが、
 枠との接点数が少なく、枠を整えるのが簡単なので
 スキャナーで読み込む偽造手段に対抗できていません。
 ですので、きっと知り合いに自慢したくなるハンコと思いますが
 見せるのは良いですが、印影自体をあげないようにして下さい。
 ブログでの公開は最初に書いた印稿で未完成なものにしますから、
 紹介させて頂いて良いでしょうか。
 是非、昔の職人さんの素晴らしさを伝えたくて。
 見本がなければ、絶対このように彫れなかったですから」
「ブログあるんですか」
「えっブログを見てではなかったですか」

「ホームページの方です」
「それは珍しい、なかなかひっかからないはずですが(笑)
 『渋谷 はんこ』で検索ですか」
「『東京』で新宿、渋谷と近いところで、ここに来る前に
 2、3箇所手彫りというところに行ったのですが
 決まった書体だけでできないと言われてしまい」
「手彫りなのに(苦笑)
 新しい感じに彫るのがメンドクサイおじいさんか、
 ホントは機械で手で彫っていないか、どっちかですね」
「機械なのかな」

「ところで、もしこれを男性版にするとどうなるか、
 昨日から考えていて、あまり露骨になってはダメだし(笑)
 このオリジナルを彫った
 もう多分いないはんこ職人さんと話し合うことができたらな〜。
 今、実は、ライバルとなるような面白いはんこを彫る
 はんこ職人さんは現存していないと思っていて、
 ライバルは昔のはんこ職人さん。
 もし、昔の他に印影が出てきたら見せて下さい。
 注文しなくて良いですから」

上手なはんこを見て、彫って勉強になりました。

東京の渋谷駅ハチ公広場下のはんこ店の地図(隣のSoftBankなくなりました)、ハンコのインターネット通販は東堂印章公式サイトへバナー かわいい英樹1g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif 



posted by 一日3本 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック