2008年10月04日

印鑑のサイズと尺貫法

印相学の本を読み、規格ではない11ミリ丸の印材に対する疑問を
印材屋さんに聞いてみました。

「11ミリ丸の印材、在庫している?」
「本柘ならありますね」
「えっあるの!何に使うのかな」
「それは、わかりません。
 たまに11.5ミリ丸の注文もありますよ。
 これは在庫がないので、作ることになるんですが。
 12ミリ丸と区別をつけるためかな」

「本柘の3.5分丸は10.8ミリ丸くらいあるよね」
「東京の柘屋さんは1分を3.1ミリで計算しているので
 3.1mm × 3.5分で10.8ミリ丸になるんです。
 一方、黒水牛などは1分を3ミリで計算しているので
 3.5分は10.5ミリ丸なんです」

「知らなかったよ。
 同じサイズで、黒水牛が小さく見えるのは、
 黒でしまって見えるからと、父の代から説明してきたけど。。。
 彫刻機にかけるようになって、ノギスで印材の寸法を測ると
 本柘の印材だけ、やや大きいのは、他の印材に比べて安いので
 増量サービスと思っていたよ(笑)」
「黒でしまって見えるのも事実ですけど。
 建築の世界でも関東と関西では、サイズが違うように、
 印材でも加工業者により違うんですよ。
 本当は、ミリで統一して欲しいんですけど」

ということで、初めて当店で使用している御蔵島さんの本柘が
他の印材より少しだけ大き目な理由が、明らかになりました。

Image084.jpg

左は印材のサイズを測る当店に昔からある道具。
0.3ミリくらい気になりません(笑)

大野木式時代に、印稿を書く場合
実際に彫る印材をがんぴに朱で押して
そこに墨(筆ぺん)で印稿を書き、
そして印材に転写しましたので
細かいサイズは、あまり関係しませんでした。

東京の渋谷駅ハチ公広場下のはんこ店の地図、ハンコ判子のインターネット通販は東堂印章公式サイトへバナー かわいい英樹1g.gif

いつも投票ありがとうございます⇒banner_04.gif 

 
posted by 一日3本 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ屋職人養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック