2021年12月08日

土地家屋調査士さんの職印、法人編

土地家屋調査士さんが職印を作りに来店されました。
事前に電話があり、書体は小篆が好きなもののカタカナ部分を小篆に合うように作れますか?と問い合わせがありました。
その辺はできますとあっさり答えました。
たくさんのお客様に揉まれて
応えている自信から来ます(笑)

その方は土地家屋調査士法人に所属していて、
その場合、個人の職印と規定が大きく異なるということです。
まだまだ知らないことがたくさんあります。
土地家屋調査士さんの職印は「印」とか「之印」を入れずにサイズは18ミリ角だったはずです。
ところが法人の場合
サイズは18ミリから24ミリ角の間ならばOKで
1行目に法人名、2行目に土地家屋、3行目に調査士法人、4行目に(代表)社員、5行目に個人名ということでした。
「代表社員」にしてしまうとその法人で一種しか職印を作れないそうです。
レイアウト的には、他の行に比べて文字数の少ない「社員」の行が難しいです。

そんなことを考えながら、篆書の字林をカタカナ以外見せながらどの字の形が好きかを聞いて、その字の形で小篆風に書いていきました。
2時間くらいかかりましたが、おしゃべりなはんこ屋には、なんでもありません。
むしろ知らない仕事内容を教えて頂き
楽しかったです(笑)
これをして良かったのは、地と池の「也」部分の篆書のオーソドックスな形が好きでないことが分かったことでした。
983CAB62-24A2-4BB4-8BA9-ABE3B1E68F40.jpg

その方によると土地家屋調査士さんの仕事は測量はもとより、土地所有者さん達から境界線などの承認のはんこをもらうことが1番難しいことで、
はんこをもらうのが仕事と言って頂きました。
はんこ屋としては、嬉しい言葉で、まだまだ日本に住む者にとって、はんこを押す行為に大きな意味があると分かる話でした。

そんな風に日々はんこの大切さを感じている人のために頑張ってお彫りしました。
印相体以外でも上手でしょ(笑)
E41B7A9C-4F14-401E-AC98-442763ED459B.jpeg

posted by 一日3本 at 17:37| 職印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする