2019年01月09日

ちょっぴり不思議なこと

代表者の交代で、会社印を作り直して頂いた60代女性が、会社印を受け取られた後1か月以上経って、ゴム印を作りに来て頂きました。
その時に、「陰陽師の人にあのハンコを凄く褒められて、どこで作ったことを聞かれて、渋谷で普通にと答えたわ」
「その陰陽師さんは、どこにいるのですか?」
「今は東京だけど、地震が怖いから3月には軽井沢に引っ越してしまうので、もう予約はとれないわ」
「別にみてもらいたい訳ではなく、多分他の陰陽師さんがうちのホームページの僕の写真を見て、この人には宮司さんが付いているねと言ったそうで、陰陽師さんって、一体何なんだろうと思っただけです」
「そうそう、写真でわかるので、はんこ屋さんの写真を撮っていい?」
「はあ、別にどうぞ」


音大生とそのお母さんが手彫りのはんこの注文に来られて、ご来店のきっかけを聞くと、不思議な答えが返ってきました。
「明治神宮でスマホではんこ屋さんを検索すると、ここのホームページだけスッキリ見えて、他のところはノイズが入って、それでここに来ました。ここにして良かった」と言って頂きました。
えっ、うちのホームページ知らない間に、何か最新システムが導入されているのでしょうか?(笑)
いや、最新というより太古のシステムがうちに適用された感があります。
真面目に楽しく仕事をしているとこんなことも、起きるんですね。

お正月、スカイツリーでお好み焼きを食べたのですが、不思議な写真が撮れてしまいました。
1枚目
B3859530-5B41-45E2-9D29-2123B4DCDC57.jpg
2枚目
67A2C4A9-A6C8-4E93-A86B-ADB4D4A42CBD.jpg
1枚目の写真のお箸のところを見るとはっきりします。ズレて撮れているでしょ?
2枚目が普通です。
iPhoneで撮った写真なのですが。
仲良しの見える人がちょうど来店されたので、この写真を見てもらうと不思議ねと言うだけで、悪いものでは無いようです。
「色々なものが集まって来ているからイイものも集まって来るわ」とも言われました。

良く分からないくらい忙しい日々です。
posted by 一日3本 at 10:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

普通な年初め

平成31年1月4日東堂印章の仕事始めの日でした。
住んでいるところの近くの神社にお参りし、おみくじを引くと大吉。渋谷の再開でゆれる中、大吉を引き、気分晴れ晴れと仕事を始めます。
6BCFAAA5-3A62-416F-95BF-0CA7717B8907.jpg

シャッターを開けて直ぐに、認印を購入する方がいて、簡単に口開け。しぶちかにお店があるからこそです。
午前中には、結婚を機に銀行印をご注文される女性が来店され、手彫り印鑑のご注文も口開けです。

年の始めは、一人目のご注文まで緊張するはずが、緊張する間もありませんでした(笑)
有り難い限りです。

その後、1歳の赤ちゃんのための銀行印、法人設立のための印鑑のご注文がありました。

機械彫りも外国人のお土産用2組、日本に住んでいるバングラデシュ人さん1組、日本人の珍しいお名前1人とご注文がありました。
手彫り3組、機械彫り4組と普通に忙しい日です。

普段お休みしている日曜日1月6日も作業の為お店に出ると、以前ご注文頂いたことのある女性が来店され、1時間以上接客。
それでも本来お休みの日なので午後4時過ぎには、仕事を終えました。

昨年の11月10日過ぎから、なぜか始まった忙しさが継続中です。

信頼の置ける職業のお客様2組から、東京で本当に手彫りをしているのは、うち東堂印章と新宿の曙橋にあるお店の2軒だけだと聞きました。

その影響なのでしょうか?

忙しいですが、印鑑が急に必要になり、でも手作りのはんこが欲しいという方は、納期をご相談下さい。
以前ご注文された方々には、できるだけご希望に添います。

お店の電話は接客中は出ませんので、ご注意下さい。

今年もよろしくお願いします。
posted by 一日3本 at 12:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする