2014年07月13日

少女時代JAPAN3rdツアー千秋楽

今日は国立代々木競技場第一体育館で少女時代JAPAN3rdツアーのファイルコンサートがありました。
運良く、チケット当選し、今日も1人で行って来ました。
席は1階席でステージからは遠いのですが、正面の席なので、コンサート全体が見えるはずです。

結果から、とてもとても良かったです。
コンサートはいきもの、その日その日によって、違うことが良く分かりました。
千秋楽に掛けるファンの気持ち一体感が前回とは違いました。
それは少女時代の皆さん、スタッフにも届いたはずです。
いや、よかった。
前回は正面のメインモニターが見えない位置だったので、色々と演出上伝わらなかったことがあったことを知りました。
もし、今日観ていなかったら、過小評価してしまうところでした。

まず、コンサートが始まる前に、お客さんがみんなで「レッツゴーソシ、レッツゴー」と渡されたピンクのペンライトを振りながら、コンサートの始まりを待ちます。
もう、この一体感、少女時代の皆さんも自分達を待ってくれている人達がそこにいることを感じるだろうなと思い、もう鳥肌が立ちました。

それからダブルアンコールまで、ホント良かった。
少女時代は自分にとっては1人活動なのですが、この感動感謝を誰かと分かち合いたいと思う気持ちも理解できると素直に思いました。

また、コンサートで少女時代の皆さんに会えると信じて。
4ADD35AB-F4C9-41F4-9D79-48C3F2010BC8.jpg
posted by 一日3本 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする