2014年06月29日

400レベル

日曜日、少女時代のコンサートにさいたまスーパーアリーナに行って来ました。
今回の席は、400レベル、なんだそれは?
仕方なく、ネットで調べてみると、簡単に言うと4階席です。
のんびり楽しみましょう。

席につくと4階でステージ横、まあ4階席ではステージに近い方ですが、スピーカーでステージに見えない部分があります。
そんなことを考えていると、近くにおじさん二人組が来ました。
「まあ、いいじゃない。去年はあそこ(アリーナ)だったもんな。奇跡だよ。あれで運を使っちゃったから」
あれ、去年も近くにいたおじさん達かもと思いましたが、少女時代は自分一人活動なので、話し掛けたりしません(笑)

そして、コンサートが始まりました。
あれ、テヨンさんがどこだか、分かりません。あれ、あれ、どうした自分。
落ち着いて、歌のタイミングと大きいモニターを見て、位置を確認していきますが、核心を持てません。
W杯にうつつを抜かして、こんなことになっていました。この席も当然でしょう。

少女時代さん達が一言ずつ喋って、やっとテヨンさんを確認しました(苦笑)
今回は黒髪で、背は大きくないと、反芻して頭に叩き込みます。
なんか歌声の質が加工されているのが違うように聞こえて、スピーカーの位置の問題でしょうか?

ステージを上の横から見ていますから、本来の演出ではなく、正面から見たら、ワアッと当時するシーンでも待機している姿が見えたり、ペンライトでスタッフが誘導しているのが見えたり、それはそれで、面白いのですが、本来のステージとは違うものです。
で、割り切り、前の席の人達が立たないこともあり、もう座って自由に見ることにしました。
双眼鏡を取り出し、テヨンさんを発見します。
なんか小学校の運動会で子供を探すのと似ているなと思います(笑)

もう特徴を捉えましたし、コンサート中判からは、生歌も多くなり、常にテヨンさんの位置がわかるようになりました。
そこで、双眼鏡で1曲の間ずっとテヨンを追いかけてみようと思い付きました。
7月の東京公演の時に、コンサート全体を楽しめばいいんだと自分に言い聞かせました(笑)
双眼鏡で追いかけるとテヨンさんテレビみたいで楽しいです。ここでアップ、あっそんなイイ双眼鏡ではなかったです(笑)
2曲テヨンさんテレビで楽しませて頂きました。
アンコールからは立ち上がり、気持ち良く終了。
帰りのトイレで、20代若者達の会話で
「テヨンさん、ヤバイよ。あれで日本語喋れれば完璧だよ」
テヨンさんを付き合う対象のように考えられる若さに出会いました。このコンサートでも、また、テヨンさんの虜が増えたね、ほくそ笑みました。

気になったのは少女時代の皆さんが、さいたままたね、と去っていったことです。
去年までのツアーでは、また次のツアーで会いましょう。約束ですよという感じの発言があったのですが、たまたまでしょうか。
7月の東京公演、次のツアーで会いましょうという言葉を期待して。
3017D063-B161-4BB0-97EC-283F8BBBB7DB.jpg


posted by 一日3本 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

早くもコロンビア戦に向けて

日本が引き分けに終わったことで、コロンビアの決勝トーナメント進出が決まりました。
次戦コロンビア戦では、コロンビアは絶対勝ちに来るわけではなく、控えの選手中心に、且つあまり日本対策をしない可能が強くなりました。
チャンス来ました。

コロンビアに日本が勝ち、後は運まかせになりますが、希望を持って。

FIFAの公式アプリで、日本のロッカールームにあるお札の写真がありました。そこに印刷されている印影、もっと気持ちを込めて、作れるんだけどな〜。
次のW杯までには、是非ご注文を(笑)

今日の試合の引き分けの要因は、暑さとグランドコンデション。
暑さによって、頭が最初に疲れるそうです。
引いたギリシャへ予想を越える攻撃が思い付けなかったことです。

コロンビア戦では、前半で是が非でも得点を取っていきましょう。
強い祈りは伝わると信じて。
posted by 一日3本 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

ギリシャ戦に向けて

いよいよ明日、ブラジルW杯ギリシャ戦です。
前の試合から気持ちを切り替えて臨みます。
でも、象牙海岸戦の敗戦理由を明確にしておきましょう。その理由は2つあります。
1.日本チームを研究し、チームとして対策されたこと。
長友くんが試合後のインタビューで、両サイドとも上がっているのを今まで見たことがないと言っていたように、日本のストロングポイントである左サイドを戦術的に封じてきました。
今までのW杯では、日本が相手チームに合わせて戦術を練ってきたのに対して、強化試合の結果などから相手国が日本チームをリスペクトし、対抗策をとってきました。
それを乗り越えていかなければ、強豪国になれません。
ギリシャのマスコミがギリシャ選手に日本の素早い攻撃に対処できるのか?と質問していました。ギリシャも当然対抗策を練ってきますよ。
晴れなら、そんな対策も打ち破れるはずです。
テレビ解説の人、相手国はこんな対策をしてきましたと是非、教えて欲しいです。

2.雨
長谷部キャプテンは、敗戦後のインタビューで、雨でのコンデションは両国平等なので、理由にならないと立派なコメントをしていました。
しかし、身体能力パワーが特徴なチームと細かいパス回しで90分間走り続けるチームでは、雨で重くなったピッチの影響をどちらが強く受けるか明らかです。
パスサッカーの代表の王者スペインが予選リーグ敗退が決まりました。
それに対して、オランダのロッペン選手の個人技が目立ちます。ブラジルの地では暑さや雨のため、個の力が勝敗を左右するのかも知れません。
暑さ対策をしてきた日本でも、雨対策は。
明日の試合が晴れますように。
昔W杯の予選雨の中、中田英寿選手が雨なのでグランダーの強いシュートを意識的に打ち、キーパーが弾いたところを詰めてゴールというシーンがあった気がします。
雨ならグランダーで強いシュートお願いします。

さて、コートジボワール戦の後、次戦に向けて新しいサポーターを増やすために、ゲームセンターに行きました。
3FE4C063-12C5-47D1-ADC9-6AFD8C0D6FA6.jpg1AD74070-EEDA-424F-89EB-480745B4D586.jpg
今日はユニフォームでの接客で失礼します。
コンビニではありません(笑)
posted by 一日3本 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

素敵な贈り物

奥さまがコピーライターのご夫婦が、それぞれの印鑑を二人揃ってご注文に来て下さいました。
ご注文の時に、うちのお店のコピーを考えるとどんな感じか、気安く聞いてみました。
考えて、答えてくれません。
てっきり、ぽんぽんと幾つか直ぐに出てくると思ったのですが。
じゃあ、受け取りの時に、またまた気安く、宿題を与えてしまいました。

そして、受け取りの時に、考えてきてくれたと聞くと、覚えていたんですね。とこのカードを渡されました。
E7CF4294-039A-49E4-B085-89E828BDAFC9.jpg
しまった。
プロに気安く、言ってしまった。
本格的に考えて来て頂いてしまいました。
申し訳ない。
と思いつつも
「紙を切って貼るのは、良いのですが、
角を丸くしないと、四角より丸の方が力があると言われていて、ほら、このポップも角が丸くしてあるでしょ」
するとご主人が
「コピーではなく、まずそこからですか(笑)」
「だから、お店を手伝ってくれているいとこに、めんどくさい人と言われるんです(笑)」
ホントは左揃えではなく、センター合わせにしないととも言いたかったのですが、黙っておきました。(あっ書いてる(笑))
コピーライターさんが
「おしゃべりなハンコ屋さんなのですが、自分もしゃべりたくなるというのが、コンセプトです。最初の『もの云うはんこ 手彫りはんこの東堂印章』を展開していきました」
「なるほど。3番目の『人を彫り出す、手彫りはんこ 東堂印章』が好きです」
「どうぞ、ホームページ、ブログなどで使って下さい」

プロに気安く言ってはダメなんだなと反省しつつ、素敵なプレゼントに感謝です。
プレゼントに見合うような印章を彫ったもんと、自分を擁護(笑)
posted by 一日3本 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

休日の光景

日曜日、沼津港の深海水族館に行ってきました。
自分は深海好きではなく、息子がちょっと好きなので、たまには遠出と、マスコミにも良く取り上げられている深海水族館まで2時間のドライブです。

沼津港に着くと、思っていた以上に場外市場の中にあるのでビックリです。

美味しそうなお店がいっぱいあります。
頭の中は、お昼にどこで食べるかで占めてしまいます(笑)

で、沼津港深海水族館シーラカンスミュージアムに入館。
10時過ぎで、もうたくさんの入館者がいます。
上の階のシーラカンスから観ました。
冷凍のシーラカンスが見れてよかったです。恐竜好きなので、シーラカンスも好きです。
いいじゃないか深海水族館と思いながら、メインの1階を列に並んで見ます。
展示の説明文が良く、とても興味が惹かれます。
コンパクトな水族館なのに
人気な訳です。

11時から1000メートルの水圧実験を見ました。
カップメンの空の容器に水圧をかけるとどうなるか?
そして、その水圧を急にとるとどうなるかを実験して見せてくれました。

1000メートルの水圧とは指先約1㎤に全方向から100kgの圧力がかかっている状態だそうです。

1000メートルから0メートルまで急に戻した時に容器はどうなるかの質問がありました。
直ぐに潜水病になると答えたくなりましたが、人じゃないからとか、つっこんでくれれば良いのですが、どんな人かわからないので、躊躇していました。
すると、例としてこの間小学生が味が変わると答えて、メン入ってないから。
このエピソードに敗れ、潜水病言えず仕舞いでした。

実験終了後、潜水病について個人的に質問しておきましたので、いつかの機会への布石です(笑)

人気のメンダコは現在展示がなく、禁漁期間の終わる10月から展示の予定だそうです。

そして、お昼は2千円弱で海鮮丼頂きました。大納得美味しいよ。

もう沼津満喫。
01CFE171-6CDC-4032-AE44-CC45A584AB7A.jpg
posted by 一日3本 at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

龍と猫

当店用のシャチハタネーム9は、
モチーフとして虎のご注文が多かった時に
資料なしでも虎書けちゃうと、
一発勝負で龍と虎の版下を手書きし作成しました。

そのシャチハタがとても気に入って頂いたお客様がいて
自分の銀行印をそれ風に作成してほしいと言われました。
ただし、モチーフは好きな猫にして。
さらに裏メニューの金箔の印材で。

ざっと書きながら、このシャチハタの書体はなんですか?と聞かれたりしますが
なんでもないとしか答えられません。
自分で計算して作成したものではないので、同じ雰囲気出せません。
なんとか合格点かなというところにたどりつきました。

お客様にそのシャチハタを引換証に押し、出来上がり予定日を記入して接客終了。

ところが、その方からFAXが来て、シャチハタと同じように、龍を入れてほしいと書いてあります。
ふぅ。

印稿を書いてみると
龍と猫と二つのモチーフがあることで
似た雰囲気出せました。

龍と猫100.jpg
自分で作ったものを真剣に見て作るのつらいです(笑)
posted by 一日3本 at 11:48| Comment(2) | TrackBack(0) | モチーフ入り印鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬と猫

犬と猫を一緒にお飼いのお客様から、モチーフ入りの印鑑のご注文を受けました。
最初はバク然と犬と猫でしたが、好みを聞いていくうちに、
お飼いの犬と猫を入れることになりました。聞いてないよ(笑)
ラブラドールと一緒にくっ付きながら猫ちゃんが丸まっている写真を見せて頂きました。
時々、犬と猫の両方を飼われている方が現れます。
犬と猫、仲が悪いと勝手に思っていたのは、間違えだったのでしょうか?
仕方なく、ネットで調べてみると納得です。

ミュージカル風に(笑)

<cat & dog>

違う種族の〜
犬と猫でも
互いをみとめて
ルールがあれば
仲良くできる〜

人間同士なのに
なぜ、なぜ、なぜ
同じ種族なのに
なぜ、なぜ、なぜ

違う種族の犬と猫でも
仲良くできる

cat & dog  Ah Ah
cat & dog  Ah Ah

同じ種族の Ah 人間同士


メロディラインも思いついてます(笑)
いつかcat & dogがLove&Peaceのように使われることを夢見て(笑)

できた印影はこちら、
本職は上手でしょ。


犬と猫100.jpg
posted by 一日3本 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | モチーフ入り印鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする