2014年05月24日

Deaのちはるさん

ということで、六本木に髪をカットしてもらいに行きました。
美容院の名前はDeaさん、そこの代表のちはるさんにカットしてもらいました。

色は入れずに、眉毛はそのままで、でも斬新な髪型と、初めてなのに難しい注文をしました。

シャンプー後、ちはるさんは、髪の毛と頭を触りながら、考えているようです。
「ラインとか入れる人もいますが、お仕事柄やめておきますね。」
「是非入れて下さい。ちはるさんのCとかでも」
「いや、曲線は(バリカンでは)難しいので、直線で」
AとかTとかHとか、色々言ってみましたが、今回はシンプルに直線になりました。

なにも言わなかったのですが、右側だけにラインを入れてくれ、非対称好きにはたまらないです。

もう一度シャンプーの後、ソフトモヒカンの長い部分、つむじに沿って右側にでも先は左にセットして曲線を出し完成。

ラインは2週間でなくなるそうです。
長い部分は1ヶ月で伸び、より曲線的になるそうです。

どの時点で完成図が浮かびましたかとお聞きしたところ、ラインを右側に入れようとなんとなく思い、つむじからの流れを考えて。
奇抜ではなく、上品な仕上がりになり大満足です。プロのお仕事は気持ちイイです。B4A87EC0-F623-4837-A151-B577A1BDCDBA.jpg40BB168A-B478-4B47-A9D3-1E36F778113F.jpg




posted by 一日3本 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

長いのにはワケがある

象牙の彫り直しのお客様、会社で長年使用している認印が欠けたというよりスリ減って
写らなくなったので、彫り直したいということです。
「これはイイ象牙ですね。これだけ目が詰まっていて、さらに通常の60ミリより長い。
 高かってですね」
「昔、三本セットで作りました。確かに高かったです」
「ちゃんと手で彫ってありますし、長いので妥当といえば妥当な金額ですね」

象牙を彫り直す場合、まず最初に印面を新トクサの上でこすり、平らにします。
その時にとても素直に平らになり、彫り直されるのを納得しているかのような印材と
抵抗して彫りなおされたくないとしているかのように感じる象牙があります。
平らになってしまえば、どちらもいうことを聞きます(笑)

今回はご自身の象牙の印鑑の彫り直しで、これだけ使ってあげれば本望でしょうと
思われるほど磨り減っていましたから、平らにとても素直になってくれました。
良い象牙なので、彫りやすかったです。

お渡しの時「象牙の長いの、押しやすいですね」
「そうなんですよ」

話変わって、先日、仲良しの呑み屋さんに行くと、
高太郎さんが「はんこ屋さん、髪の毛長いですよ」
はんこ屋「いいところに気付いてくれたね。
長いのには、理由があって、あれ聞かないの?」
「話が長そうなので」と遠い定位置に戻ってしまいました。
「えっ」
「私が代わりに聞きます」とスタッフの女性が言ってくれました。

独立して原宿で美容院を始めた際に個人の印鑑、会社の印鑑を作って頂いた女性。
この度、六本木にも2号店を出したそうです。
そこで、いつかカットしてもらいたいと言いつつも、行けないままでした。
その美容院のお客さまが、紹介で印鑑を作りに来てくださり、
その際、そこでいつかカットしてもらいたい話をすると、予約してくれました。

せっかくいくなら斬新の髪型にしたい。
そのためには少しは長くないとと、2ヶ月近く散髪を我慢しています。
そして、いよいよ明日、カリスマさんにカットしてもらいます。
乞うご期待(笑)


 
posted by 一日3本 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

新しい接客法?

ゴールデンウィーク、ルミネtheよしもとに行きました。昼1時半からの公演でしたが、満席でなかったことが心配です。
今、もっとも旬な芸人さん達の出演はなかったものの、ゴールデンウィークなのに。
ネタみせでは、オール阪神巨人さん達の変わらぬ発声、滑舌の良さに感心し、新喜劇では、ホンコンさんのお笑いの才能に驚き、笑い転げました。プロって違うんですね。

そこで、あべこうじさんを観ました。そのネタ、はんこ屋でちょっとアレンジすれば使えることに気付きました。

はんこのご注文の接客、完成していて、どうしてもルーティンワークになりがちで、時々自分が遠い所にいってしまっているのを感じます(笑)
1.なんに使用するはんこを作りたいか聞く。
2.納期を確認する。
3.サイズ、印材の種類を決めて頂く
4,彫る名前を書いて頂く
5.他店の機械彫りと自分が作ったものの違いを説明する
6,職業や好み、来店理由などを聞きながら、ざっと印影デザインを書き基本デザインを決める。八方位を説明する。
書きながら、自分の中のブームな話をする(笑)
7.前金で全額または内金として半額程度頂き、引換証をお渡しして、接客終了。
もう、この時には仲良くなっています(笑)

新しい接客法は、最初から飛ばします。
「いらっしゃいませ。東堂印章にようこそ。今日はどちからおいでですか?そうですか、それはわざわさ。うちのお店のことは調べていらして下さったのですね。
では、わたしが「とうどう」と言いますので、お客様が「いんしょう」と返してください。えっ恥ずかしい。お客様、わざわざ階段を降りて、フードショーの誘惑にも負けず、当店におこし頂いたんですよね。もし路面にあるお店だったり、フードショーの中にあるお店だったら、こんなことは望みません。さあお客様、行きますよ。「とうどう」「いんしょう」いいですね。でもいんしょうはちょっと言いにくかったですか。噛んでいましたよ。では今度は「しぶちか」と言いますから「はんこ屋」と返してください。まだやるのかって、うちが路面にあるお店だったり、フードショーの中にあるお店だったらやりません。お客様はわざわざ階段を降りて、フードショーの誘惑にも負けずにいらしたんですよね。
いきますよ。「しぶちか」「はんこ屋」パーフェクト︎
いいですね。では、今度は「はんこ」と言ったら「作りたい」と拳を突き上げて下さい。狭いお店なので、ぶつからないように気をつけてくださいね。えっ、そこまではやりたくない。ここで手を動かしておくと、あとあと、楽になりますから。
さあ、行きますよ。
「はんこ」「作りたい!」何かが吹っ切れましたね。左手を上げましたね。では、左効き用の接客始めます。(暗転)

めんどくさい人です。こんなことをしても、怒らないお客様、来ないかな(笑)

posted by 一日3本 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

モチーフメインは苦手です

当店で作ったお友達のはんこを見て、私もとモチーフ入り印鑑を作りに来てくださった女性のお話。
モチーフの資料をちゃんとお持ちです。
モチーフはお名前からゆりの花です。

接客をしている途中で
「すいません。どうしても目が胸の谷間にいってしまいます。」
「えっ」
「気付いているでしょ。なるべく見ないようにしていたのですが無理です」
「顔見て、話していると思ってました。はんこ屋さん、面白い〜」
やさしい大人な対応をしてくれました。

「モチーフメインでお願いしたいのですが」
ホントならば、はんこ屋なので、文字をうまくアレンジできるのが特徴ですから
モチーフメインは、ちょっとと言いたいところですが、
胸の谷間サービスを受けていますので、素直に要求を受け入れます(笑)

実際作るときに、一番考えたのは、文字の太さ。
最初はゆりよりも細い線で構成し、そのコントラストで美しく見せようと試みましたが
どうも、細すぎると文字に見えません。
今度は文字のラインと花のラインの太さを近づけてみると、合格ラインに達しました。
モチーフより文字を太くした方が得意なのですが、そうするとモチーフを小さくする必要があり
モチーフメインと言えなくなってしまいます。
モチーフメインは苦手です(笑)

受け取りの時には、勝負服で来てくれるはずが
たまたま、寒い日で、コートを着て現れました。
期待は大きかったのに(笑)

はんこは期待以上だったようです。
yuri100.jpg
苦手なことも上手でしょ(笑)
posted by 一日3本 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | モチーフ入り印鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

フォローに感謝

はんこ屋いとこ として、いとこにツイッターを始めさせました。早速、6名の方にフォローして頂き、リツイートもして頂きました。
ありがとうございます。
いとこも自分も、ツイッターに関する知識がまるでなく、本来きっとツイッター上ですべき、感謝を表せないままです。

この場で、感謝を伝えたいと思います。
ありがとうございます。
方針として、とりあえずはこちらからのフォローはしません。申し訳ありません。
フォローについてはもう少し時間が経ってから、考えます。

お休みまで2日間で7本彫らねばなりません。

昨日、仲良くなった男性のお客様が信玄餅プリンを大量に持って来てくれました。
ありがとうございます。
このところ、お客様の来店数の割りに、手土産の少ない中、気持ちが盛り上がりました。
サービスで、男性用昨年のゴールデンウィークの思い出とはんこ屋のささやかな夏の野望について、お話しました。
手土産に見合った話ができました(笑)
83858733-559B-419F-A5C3-6E1C875E060D.jpg
このプリン、信玄餅の味がするんですよ。
信玄餅の本質は黒蜜なのか?
本質を見極める力を磨いていこう。
posted by 一日3本 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする