2013年03月27日

半分断わる生活

ネットからご注文頂いている皆様、
返信ができておりません。
申し訳ありません。

3月中に、はんこを受け取りたい人が多く、
気付くとお彫りできる限界の注文量で、
必死に彫る日々です。

月曜日
「いつまでに欲しいですか?」
「今週中」
「無理。今70本以上のご注文がありますので」と断わりました。
更に
「4月」と答えられた方に「よかった。1ヶ月なら出来上がります」と答えると
「4月頭は無理ですか?」
「無理です」と断わりました。
更に更に
「特急料金、払うから、やってくれない」と言われましたが
「ぼくはお金じゃないんです。物理的に無理なので、やりません。」
お話を聞くと銀座の老舗文房具店でハンコを作ったところ、出来がおかしいので、
確かめたところ、手彫りではないと言われ、
いまどき東京で手彫りなどありませんよとまで、開き直られたそうです。
探して探して、うちにやってきたので、
本来なら、多少の無理なら受けるところですが、いまはホントに受けたらダメです。
「倍払うから、やってくれない」と再度言われましたが
「ぼくはお金で動きません」ときっぱりお断りしました。
これで受けたら、倍ならやります とかいう人に彫ってもらって嬉しいのでしょうか?(苦笑)

さらにさらにさらに
ネットからのお問い合わせも断わり、一日で4人断わり、
3人の方からご注文を頂きました。
頑張って彫り、久々に深夜0時までで5本彫れました。

火曜日
納期的に3人断わり、しかしご注文の方は、リピーターさん、ご紹介の方が多く
7人10本のご注文があり、彫れたの2本。ふぅ。

象徴的なお客さまは数年前に、当店でお作りになられた方。
「1ヶ月かかります」というと
「はんこは、ここと決めているので、1ヶ月と言われれば1ヶ月待ちます」と言われました。
ざっと書いている時に
「これ、すごくいいわ」
帰り際に
「あなた、変わったわね。さっき書いてもらっている時に思ったわ」
「成長しているでしょ(笑)
 以前はセミオーダーくらいだったのが、その人のためのオーダーメイドにしようとしています」
「使う人のことを思って彫るのは、いいと思うわ」
「その分、一日あたり彫れる本数も減り、毎日二人くらいから手彫りとしては安いと言われるので
 値上げの時期が来たなと思っています」
「かける工数を考えれば、当然よ」

この方が数年前に来店された時には、わからなかったこと、
この方が心正しく、本物であることが、はっきりわかりました。
自分がレベルアップすれば、それに見合った人が集まってくると良く思うのですが
それだけではなく、成長しなければ、その方の大きさもわからないことがあるんですね。

さあ、どこまで良い方向に変わっていけるか、日々精進。
posted by 一日3本 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

平成25年3月23日(土)職人お休み

平成25年3月23日(土)はんこ屋職人お休みします。

家族との時間をとるためです。
店舗自体は、いとこが営業しておりますので、
受け取りなどは問題なくできます。

ご不便をおかけします。
posted by 一日3本 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

婚活飲み会2

しぶちかはんこ屋の飲み会を開くと、声をかけた男性の9割くらいが参加して頂け、
一方、女性は4割くらいの参加率です。

2千万円する車マセラッティに乗っている独身男性のお客さんと仲良くなり、
うちのお客さんで独身のステキな女性が何人かいるので、
集めて婚活飲み会を開こうということになりました。
その会までは、マセラッティくんに彼女作ったらダメだからと釘を刺します(笑)

マセラッティくんと日程を決め、
「私、婚活」と昨年宣言されたキレイなAさんに、その日程で大丈夫か確認を取りました。

日程が決まり、男女5名ずつ集めて、告白タイムとかも設けてと、考え、楽しくなってきました。
そうだ、調べる専門家のまったりさんに、告白がホントかどうか、確かめてもらうといいかも(笑)
まったりさんに連絡をとりましたが、平日は行けませんと返信返ってきました。
(まったりさん、お誕生日おめでとうございます。ブログの中で失礼します)

まず、女性メンバー5名を確保します。
密かな基準として、もし自分が独身だったら、付き合いたい人としましたから、なかなか大変でした。
特に参加するだろうと思っていた2人が結婚が急に決まって不参加と連絡がきて、
喜ばしくも、びっくりです。
この2名の欠席により、メンバー集めには、きつかったですが、
とにかく自慢できるキレイな女性たちを集めることができました。

次は男性、4名までは、あっさり決まりましたが、あと1人の枠に、保留が2人です。
男性メンバーは5名を越えてもいいかと、フルートくんにも声をかけてみました。
「よかったら、これからうちに来る?」としれって言えるイケメンですので、
これを女性参加者に向けて、一人ずつ言ってもらうと、楽しくなりそうです(笑)
しかし、とても参加したいですが、その日は友人のコンサートに行くので参加できませんと
メールが来ました。
不参加と決まると、余計フルートくんが参加してくれたのなら、
どんなに面白かったかと思います。
参加してくれたら、落款印風ゴム印プレゼントだったのにと、悔しがらせてみます(笑)

そして土曜日、保留だった二人の不参加が決まり、いよいよピンチ。
女性ならともかく、男性メンバーでどうして、こんなに苦労しなかればならないんだ。
もう二度と婚活飲み会開かないからと決めます。
S急便の男子には、そんな企画飲み会は無理と断られ、飲み会メンバーからも断られ、
いつも土曜日に来店される税理士くん来ないかな、面白そうな男子を待つ土曜日。
しかし独身男性は来ず、甘栗ちゃんに上司に参加できるか聞いてもらいます。

そして月曜日、少女時代の夢を見ました。初めてのことです。
ユメの中で、テヨンさんと少し会話し、しゃべったので偽物だとわかります(笑)
それで思い出しました。
少女時代好きのおじさんとして、はんこ屋をインタビューしたおじさんが独身なことを。
フリーのジャーナリストさんと飲む機会など、普通ないので、声を掛けてみます。
しかし、火曜日さいたまスーパーアリーナで少女時代のコンサートだそうで
残念ですが参加できませんと返信がありました。
甘栗ちゃんの上司も無理だそうです。
もう、ホントにまいっていました。

そして月曜日のお昼12時頃、マセラッティくんから、体調を崩し、参加できなくなったと
連絡がありました。
う〜集合時間まで32時間前で男子3名、もう婚活飲み会、止めるか、
でも名札用のゴム印も作ってしまったし、
どうする?
あとは、お店でひたすら、独身男性が注文しに来ることを願います。

午後3時過ぎにジャーナリストさんから、メールが来て、コンサートのアンコールの途中で
抜けて、遅刻していっていいですかとありました。
助かる。
断られ続けた男性メンバー集め、これで流れが変わった気がしました。
それにしても、はんこ屋がピンチなので助けてくれたのか、純粋に婚活飲み会に興味を持ってくれたのか
どっちだろうと思います(笑)

そして、午後5時頃、長身の若い男性がご来店。
うちで会社印を作って頂いた人の紹介です。
彼女がいないこと、明日の夜空いていることを確認し、
実印の接客をしながら、気付けば明日の飲み会、当然参加することになっています。
はんこ屋が本気で話せば、こんなもんです。

もう全力の人集めでした。
もう2度と男女比を意識しなければならない飲み会はしません。

現在、婚活パーティー、街コンなどを開催すると、男性メンバーの方が少なかったり
来ても、誰とも話さない男性がいたりするそうです。
独身男性メンバーに苦労する時代なんですねと思いつつも、納得できませんが。

次は苦労して実施したかいがあった、めちゃくちゃ楽しかった婚活飲み会のご報告です。
つづく
posted by 一日3本 at 08:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

第一回婚活飲み会

ありがとうございます。
第一回そして最終回しぶちかはんこ屋プロデュース婚活飲み会を実施しました。
納期が間に合わないので、断わっている状況でなにをやっているんだと、お思いでしょう。
何事も真剣に取り組むタイプなので、このホントに楽しかった飲み会を報告させて頂きます。

実施前に最初に考えたプランです。
いかに真剣か、自分で気付きました(笑)

<事前準備>
好きな数字を聞き、首からかけられる番号札を作成。
<基本進行プラン>
番号札を渡す。
男女は別に座らせる。
家が遠い人がいるので、何時までいられるか確認。

1.自己紹介
女性は自己紹介プラス初めてのデートで行きたい場所を加える
男性は自己紹介プラス付き合い始めた、始めたい女性の誕生日に、どんなシチュエーションでどんなプレゼントをするかを加える。
まず、自己紹介前に場を柔らかくするため、マセラッティくん、エピソードを話す。

2.お話テーマ「活動」
就活、婚活なんでも活動を付けて話してもらう。
今回は面白話だけでなく特別にカワイイ話、カッコいい話もOK
最初に、はんこ屋。
軽いオチで終える。
後は男女交互に。

3.質問タイム
男女に分かれたまま、
参加者からの質問が基本。
質問が出ない場合に備えて、いくつか質問を考えておく。女性に向けて、男性に向けて。
進行アシスタントさんに任せる?
答えてもらう順番に注意。
5番目の人にオチがなかったら、えっオチはとツッコム。
4.席替アンド、フリートークタイム
進行アシスタントさんとあの二人、あやしいとか、周りに聞こえるように言う。
5.過去にしたテーマでお話
6.告白タイム
年齢が上の男性から数字(トランプ?)を引いてもらい、その番号の人に告白。
○○さんのここが好きなので、付き合って下さい。
女性は、必ず、ごめんなさい。でも○○くんがもっとこうだったら付き合う候補になりますよと前向きアドバイス。
気に入った人だけでなく、みんなを見るための仕掛け。
7.連絡先交換勝手にどうぞ。終了。

こんなプランです。
婚活パーティてをきっかけにハンコを作りに来て下さった女性から、連絡先交換こそ、1番重要と知り、進行アシスタントさんから、誰に知らせたかわからないシステムを教わり、実施。

名札には、落款風のゴム印を作成し押し、最後にそのゴム印をプレゼントすることにしました。
image-20130320020057.png
つづく
posted by 一日3本 at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

絵が上手になってしまったかも

もう何本もご注文頂き、お友達も紹介して下さったことのある女性、もう気の合う友達のような関係です。
「とうとう、銀行印を注文します」と言われ、「モチーフは?」とお聞きすると
「東京タワー」
「えっ、スカイツリーより確かに形がステキですけど…」
東京タワー、どう考えても、真ん中に下から上までに入れるしかありません。
お話しながら、資料を参考に東京タワーをざっと書いていきます。
文字2文字は左右に入れるしかありません。
1番下のところに接点がありません。
「ここに接するために、何か簡単なモチーフ入れますかね。そうだ。こうやって」
文字が自然な感じで伸ばせば、つきます。
更に空間部分には、雲を入れて。

image-20130318083333.png

あれ、ステキに書けてしまった。
絵が上手になってしまったかもしれません。
不本意ですが(笑)

受取りの時、「はい、宝物」とお渡ししました。
「どうしよう?ステキ過ぎるので、、銀行印にするのやめて、みんなに見せようかな」
「いやいや、今度こそ、銀行印にして下さい。これ以上はありませんから(笑)」
以前にも、出来上がったハンコを銀行印にしなかったことがありますので、説得が、重要です。
「これ、あの金額じゃあ、全然安いわ。
私は、これ以上払わないけど(笑)」
「一桁違っても、欲しい人は、欲しいですよね。
100万円のはんこを販売していこうと思うわけでしょ(笑)」
やっぱり、絵を書くよりハンコ彫る方が上手でした。
posted by 一日3本 at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 無理を聞く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

あれは確かクリスマス前

「今度は認印に、七面鳥を入れて欲しいんですが」
何本もご注文頂いているお客様から、こんな風に言われました。
モチーフを入れた印鑑、だんだん見せたくなり、行き着くところは、認印となるのでしょうか。

資料をお持ち頂き、七面鳥の写真を見ると、頭と嘴が赤、他は黒ベース。
難しい。
はんこは、1色の世界、黒は通常塗りつぶしますので、押すと赤(朱)になります。
黒以外をラインにして別の色を表現するのですが、
七面鳥は別の色が赤、そこをラインにして白くして、七面鳥に見えるのでしょうか。
それとも、赤は赤にして、黒部分をラインにするか、考えところです。

他の画像検索をして、一色で七面鳥を表現したものはないかとiPadをさわりますが
出で来るのは、クリスマスの調理した七面鳥の姿。
もうすぐ、クリスマスだ。

どうするか、考えた結果、お得意様なので、手間のかかる方向で仕上げました。
受け取りの時、ご注文は、まだクリスマス前でしたねと2月にお渡ししました。
七面鳥100.jpg
posted by 一日3本 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | モチーフ入り印鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

電話線を抜いたり、ヘッドホンをしたり

2月の後半に気が付きました。
3月2日(土)彫らなければならないハンコが7本あることを。
この時点で残すとこ、あと10日、日曜日以外全て、3,4本彫る予定が入っています。
連絡先を知っているのは、ネットからのご注文の方だけです。
納期を延ばして頂くしかないのでしょうか?
でもこの方、ご注文する前にミッションを与え、
それをクリアしてからのご注文ですので、既にかなり時間が経っています。

もうとにかく、彫るしかない。
1本あたり3時間くらいかかりますので一日4本が限界です。
しかし、以前にも試した4本プラス印稿書き2本というようにプラスα進めていけば、
あら不思議、思ったより多く彫れるのです。

ご注文頂いているハンコを納期通り彫ることが第一優先ですから、
そのために3つのことを実施しました。
1.電話線を抜く。
  既成の認印があるかないかの電話があると、もう電話線を抜きます。
  在庫があっても来店されるのは、半数程度。
  接客、印刻作業が中断されるので、1日の半分くらい抜いていました。
  友人に昨日の夕方、仕事のことでいくら電話しても繋がらなかったと叱られました。
  はんこ屋の先輩にはせめて、留守電にすればとアドバイスを受けましたが
  後で留守電を聞いて折り返す時間がないので、それも無理と応えました。
2.午後9時半を過ぎたらヘッドフォンをする
  仕上げ彫りをしている時には、ホント集中していて、
  お店に人が入って来て近くに立っていても気付かない程です。
  以前酔っ払いが近くに立っていることに気付かず彫っていて、
  急にトイレに場所を聞かれて、びっくりして失敗してしまったことがあります。
  失敗して作り直す時間は、ありませんので、
  ヘッドフォンをして話しかけられない作戦を取りました。
  もし話し掛けてきても、気付かせるためには、酔っ払いもオーバーアクションが必要になり、
  驚かなくなりました。
  もちろんヘッドフォンから流れてくるのは少女時代です(笑)
3.ネットからの注文は見なかったことに
  パソコンもできるだけ、立ち上げないようにし、
  ネットからのご注文は、ごめんなさい、まだ、読んでませんと心の中で謝ります。

そして木曜日、金曜日分まで彫り終えれました。
土曜日印刻予定分を金土2日間で彫り上げ、なんとか乗り越えました。
まだまだ、ご注文頂いている分がありますが。
posted by 一日3本 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文字を創造してみました

イラストで食べていきたいと考えている男性。
自分のイラストに押す四角いはんこのご注文で来店されました。

「彫りやすいように彫ってください」という初めてのパターンです。
「えっ、うちはもっと注文つけてイイお店ですよ。
 小篆をベースにして、落款風にギザギザをつけて、彫りますか」
「彫りやすいようで構いませんので」
謙虚な方で、好感を得て、はんこ屋側から難しくなる提案をしていきます。
「好きなものはなんですか?」
「犬です」
「ちょっと書いてみて」
「これの輪郭だけ、ここに使えますよ」

そんな感じにざっと書き、接客終了。

いざ、本気で印稿を書いてみると、「真」の文字の小篆、つまらないです。
字林を見ても面白い形がなく、文字の一部が「目」であるに気付いただけです。
そこで「真」の字の一部を「目」にする字を創造してみました。
こんなことできちゃうんだよな〜、こんなことまでしてしまうと、代金と合わないな(笑)
こんなのできちゃいました。
真100.jpg

このはんこに見合う作品を作ってねと願いを込めて。
posted by 一日3本 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 無理を聞く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする