2012年07月23日

「君の天井は僕の床B」サイン本予約

いよいよ、鴨居先生の「君の天井は僕の床B」が8月に発売されます。
恒例のサイン本のご予約を承ります。
サイン本の1巻とも、2巻とも、別のはんこが押される予定です。

はんこ屋が忙しいため、
サイン本のご予約可能なのは、当店で、はんこのご注文をされたことのある人に限らさせて頂きます。

9月の中旬にお渡しできる予定です。
早く読みたい人は、先に一般書店、Amazonなどで購入し、
サイン本は2冊目の保存用として、購入することをオススメします(笑)

定価販売440円になります。
お送りする場合はレターパック350を予定しております。
送料として350円、合計790円かかります。
送る場合は事前振込みをお願いします。

久々に、はんこ屋さんと話したいなとお思いの方、チャンスですので
ご来店を推奨致します(笑)

ホームページの印鑑に関するお問い合わせからか
info@hanko-shibuya.comまで、
1.お名前
2.サイン本に書く(○○さんへ)のお名前
3.電話番号

お送りする場合は更に
4.〒
  ご住所
をご連絡下さい。

折り返し確認のメールを致します。
平成24年8月20日まで、ご予約承ります。

みなさん、楽しみですね。
長らくお待たせしました。
(ツッコミどころ)
posted by 一日3本 at 13:17| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

龍は5本指でお願いします

まずは、会社のはんこのご注文を頂き、無事引渡しが済み、
当店で、はんこを注文する楽しさを知った女性がいます。
なぜか毎回、お昼時に来店されます(笑)

やはり、お昼時に現れ
会社の次は、個人の認印のご注文で、龍を入れたいと言います。
「なぜ、昼休みの時間帯でなくても来れるはずなのに、どうしてお昼時ばかりとお思いでしょう」
「どうしてなんですか?」
「普通のOL風にしたいんです」
複雑な乙女心です。

さて、ざっと書いてみると、
「龍の手を五本指にして欲しいのですが」
「日本の龍は、三本指で、韓国は四本、中国で近年一般的にも五本指を使って良くなったんですよね。
この小さい中に5本彫るためには、そこだけ、大きくしなければなりませんから、無理です。
(お仕事内容的にも)日本龍でいいでしょ」

「(文字の一部にした)龍、上から下までつながりますか」
「要求が多いな(笑)」
「お客さんですから」
普段お仕事で、無理難題を言われているのでしょうか。
日曜日お店番をお願いしているいとこが、時々平日の昼間も来てくれるようになり、
この時もちょうどいて、どうも立ち位置も考え方お客様寄りです。
いとこ「ねえ。お客様なんだから、ちゃんとして」
はんこ屋「なんか、2対1で攻められている感じ(笑)」

龍を上から下までつなげると文字としては、成立しなくなるいけど、認印なので本人の希望にそうかと
ぶつぶつつぶやきながら、ざっと書き、やっとOKをもらいます。

彫る時になり、まあ5本指に見えるようにもしてあげようかと、優しい心が芽生えます(笑)

そして、なぜか、受け取り時は、お昼時に現れず、夕方にご来店。
「あれ、お昼時じゃない。お昼時に来ると待っていたんですが」
「たまには、お鮨くらい買って来いということですか」
「一緒にランチに行くとか」
「いや、私がお昼に高級寿司を、自分用に買ってきて、お店番しておきますから、
 はんこ屋さんは一人で食べに行ってください」
もう素直じゃないんだから(笑)と思っていました。

「また、来ます」
「お寿司待ってます(笑)」

もろ龍100.jpg
指が5本なら、お寿司も握れるはずです。
posted by 一日3本 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | モチーフ入り印鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

お客様に助けられる

当店と長年のお付き合いの経営コンサルタントの男性、
経営コンサルさんのお客様が会社設立の際に、
印鑑は大切で、ここはイイはんこを作ってくれるからと連れて来てくれます。
はんこ屋は、その代表者とお話をするので、
経営コンサルさんとは、ほとんど、しゃべったことがありませんでした。

ところが今回、代表者さんが都合がつかず、経営コンサルさん一人でご来店、
初めて、経営コンサルさんと、まともにしゃべりました。

とにかく忙しいと嘆くと
「忙しいそうですが、オーラ消えてますよ」
「えっ、自由時間がほとんどなく、働いても働いても仕事が増えていくと、オーラも消えるよ。」
「パワースポットに行って充電したらどうですか」
「その時間がないんだよ」

「一人で、仕事をしていて、仕事量を減らそうとすると、どんどんなくなり、、
仕事量が増え過ぎるとパンクしてしまう、一人が一番難しいです」と言ってくださいました。
一般的にも一人の営業が気楽に見えて、難しいとなっていることがわかり、ちょっぴり救われます。

「ひとつ提案があるのですが」
「忙しいから、新しいことしないから」
しかし、その提案を聞くととても面白い、斬新なアイデアです。

注文が終わり、帰られた後、オーラがなくなったとか、言われるとショックだな。
近所の神社に行き、祈祷してもらうかななどと考え始めます。

それにしても、この提案魅力的だな、考えていると楽しくなってきます。
経営コンサルさんが、本物であったことが、なにより良かったです。

経営コンサルさん話をお客さんや印材屋さんに話すと、
しゃべってる自分も聞いている側もテンションが上がるのが分かります。
未来の希望、夢ができ、行き詰まり感のあった仕事に出口が見つかったのです。
この夢について考え始めてから3日目には、以前にあった明るさを取り戻しました。

オーラも取り戻した違いないと、長年誘ってみたかった、お得意先の受付嬢さんたちに
「今度、受付のみなさんと飲みに行きたいな」
「いいですよ」
「えっ。あっ、7人ですよね」あっさりOKです。さすがオーラ(ピンクか(笑))
「7人ではんこ屋さんを囲むってどうですか」
「それはない体験なので、やってみたい」
オーラを取り戻した自信ができました。

土曜日、やはり、長年当店と付き合いのある区立の小学校の副校長さんがご来店。
無駄話をしたことがありませんでした。
というのも、小学校が変わる毎に名刺を作りに来て下さるのですが、
印刷のお客様とはあまりしゃべらないからです。

その方が「人にはあまり言わないんだけど、私、感じる人なの」
「はあ」
驚かないので、不審げな顔です
「僕の妹は霊とかいろいろ見える人なので」とエピソードを交えて話します。
「ここのお店に名刺を頼むのは、第一に仕事をきちんとやってくれること
それと、ここは他と違うから」2度繰り返して言われました。
どうも、見えると感じるでは、種類が違うようです。

「他と違うから」が何を意味するかは、あえて聞きませんでした。

この方の話を聞き、途中でこれは、ぼくへのメッセージですねと言い、気づきました。
小学校を離れても、執筆活動などで
はんこ屋よりも長時間働いている方に忙しさを楽しみなさいと言われると納得です。
「わたしの周りにいると元気になるのよ。名前もいいの」
「左右対称」
不思議な程、自分と考えが近いところがあり、
「ここは他とは違うから、これから、もっと忙しくなる、でも忙しさを楽しいなさい。
健康には気をつけて、常に勉強は必要だから」と言われていると
うっすらと涙が出てきました。
はんこ屋は、元気にするのが、仕事なことを自覚しました。

長年のお付き合いながら、始めて話した二人からメッセージを受け取りました。
不思議です。お店から後光を感じると言われたような。

posted by 一日3本 at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 良いはんことは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

ナマズは下の方でモゾモゾしているものです。

男性の心を掴むのは、なかなか難しく、
今回紹介させて頂く方も、まずは奥様がウサギ柄の洋服で現れ、
何も言わなくても、何か見えるわけでもなく(笑)、
モチーフとしてウサギが入れたいのが、わかりました。
そのウサギさんが、ご主人を連れて来て下さり、ハンコの注文です。

優しいご主人で、奥さんがそんなに言うなら、作りますか、というような雰囲気です。
ですので、モチーフをはっきり決めないままのご来店でした。
てっきり、ウサギかと思っていたのですが、
そうではなく、「お好きなものでイイですよ」とお聞きすると
「ナマズできますか?」
「はあ」
それもコリドラスステルバイという、お飼いのナマズ希望です。
早速、iPhoneで検索。
黒くない、模様があります。
ナマズは黒じゃないの、こんな模様彫れないよ、話が違うよと心の中で思います(笑)
心の声がもしかすると、実際に聞こえていたかも知れません(笑)

絵は苦手なんですと、ざっと書き、空間があるので、
「他にナマズ関連アイテムはありますか」と聞くと、浮き草と水草をさっさと描いてくれました。
形がイイので、採用です。

レイアウトが決まったと思った時に、
ご主人が「ナマズはこの位置になりますか?」
「ちょうど、このあたり(真ん中より上の位置)に、空間ができるので。何か」
「それならばイイです。ナマズはしたの方でモゾモゾしているものなので」
「そうか。ナマズは下か」
と書き直し、目出度く、レイアウト決定。
この具体的な要望が出たことで、この男性の心を掴んだことがわかります。

彫る段になり、
このナマズは3つの模様から成り立っていることに気付いてしまい、
次回はナマズは彫れませんと言おうと思いながら、完成。

お渡しの時にナマズ仲間はとお聞きすると
熱帯魚屋さんとうさぎ屋さんのご主人と言われ、その二人に見せてはダメだから(笑)

ナマズ、好きではない方どうぞ、ご覧下さい(笑)
ステルバィ100.jpg

posted by 一日3本 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 無理を聞く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月曜から終電

ただいま、終電の中です。
火曜日も終電です。
お得意先企業さまの組織変更に伴う、注文が一気に増え、やってもやっても終わらない仕事量です。
通常の印章のご注文も、ずっと多いが続いていて、毎日が厳しい納期との戦いです。

1番のシワ寄せは、ネットからご注文頂いている方々で、メールの返信が遅くなっています。
申し訳ありません。

次のシワ寄せは、飲み会の連絡で、8月4日(土)まったりさんとの公式飲み会です。今回のテーマは『旅』旅行での面白話、難しければ、オススメの旅行の話でも聞かせて頂きたいです。簡単なテーマにしたのは、新喜劇みたいな飲み会に向けて、みんなでコケるチームワークをかためていくためです(笑)
前回の飲み会に参加されていない方は、これを知ったら業界通のお話もよろしくお願いします。

今週は昔からのお客様が立ち寄って頂ける週のようで、
長い銀行印章の注文のやり取りが終わるまで、待って頂いて、認印を購入して頂いたり、
別の方には「顔馴染みのところで、道、教えてよ」と言われ、道を教えると用がたりたそうで、ハイこれとお水を頂きました。

何本もご注文頂いている女性に、生まれたての双子ちゃんのためのモチーフ入りの銀行印の注文を頂き、赤ちゃんが泣いている電話が来たと言われ、仕方なく、オマカセでご注文を承りました。忙しいし、オマカセ辛いなと何度もため息をついていますと、言ったん帰られたのに、戻って来られ、缶コーヒーを頂きました。
赤ちゃん待っているのに、申し訳ありません。

image-20120711004817.png

近況報告まで。

posted by 一日3本 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする