2017年09月22日

また読めない

さて練習2日目、また印章組合さんの字林の落款印の見本を見ると、また読めません。
今度は左右共に読めません。
左は草冠と言部分は分かっても日が二つ重なって見える所が想像できません。
字林を見ると「藹」と分かりましたが、この字を知りません(苦笑)
右側の上が「夕」下が「生」こんな組み合わせの漢字を知りません。
結局正しいかどうかは分かりませんが、
右側は「夕」と「生」の2文字が彫ってあると判断しました。
上トレース、中見て真似て、下は少し自分なりにと書いてみました。
はんこ屋なので、文字として成立させるために譲れない部分があることに気付きました。
9FBCAC5E-0428-4E29-A7BA-68BAA304F165.jpg
【関連する記事】
posted by 一日3本 at 11:25| 落款印へのアプローチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

読めない

落款印のデザインに磨きをかけるために、まずは見本を見て、同じように書いてみようと思いました。
どんなことでも、技術の習得には真似から入ります。

まずは印章組合が出している字林についている朱文の落款印の見本をトレース、そしてそれを見て書いてみましょう。

その字林を開いてみると、まさかのなんと彫ってあるか読めません(苦笑)
え、左側は「沙」と直ぐに分かりますが、右側が「書」か「画」にも見えるし、仕方なく字林を調べると「画」の旧字?で「畫」でした。
彫ったことのない字です。

トレースしてみて、感じるのは沙の下の空間の作り方のうまさと、田の部分を丸くしたアイデアが良いということです。

それを見ながら書いてみると、沙は見本よりも上手に書けた感があるのですが、畫がうまく中心がとれていないのと、実用的なはんこでは、横棒を均等にするので、その癖が抜けず間のびした感が出てしまいます。
と思ったところで、横棒が一本少ないことに気付きました。
慌てて一本加えると、一ヶ所だけ詰まった感が出て、これはこれでありじゃないですか(笑)
奥深い落款印の世界、ちょっと書いただけでたくさん学べました。
上はトレース。
下は見て書いたものです。
70E699E2-7D9C-4EEF-8632-17E467EC1792.jpg
posted by 一日3本 at 11:07| 落款印へのアプローチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

落款印へのアプローチ

そろそろ落款印を営業品目として、押し出していく時期が来たなと思い始めています。
最近落款印をご注文しに来店された方は、ネットから注文できるところもあったが、直接相談しながら、注文したかったと言われました。

当店では
落款印といっても、石に彫るのではなく、柘の木か黒水牛などツノ系にお彫ります。
石に彫った風に意識的にガタガタとさせますので、模刻と言われています。

白文は文字を白抜きに彫るもので、御自身で彫る場合はこちらの方が作りやすいと思います。
白文で石に彫った風に、入り組んだ感じに彫るのは、今のところできません。

白文と朱文の2本作る場合、白文はオーソドックスな角張った篆書で姓名を彫り、朱文は雅号をやわらかく小篆で彫る場合が多いので、白文を凝った感じに彫らなくて良いので、これならばできます。

白文の凝った感じの落款印が欲しい方は、石に彫る篆刻作家さんにお願いした方が良いと思います。

バーバラさんが書を習いに行き、バーバラさん用に彫ったオーソドックスな落款印を書の大先生が見て、認めて下さいましたので、落款印お彫りしますと言っていいかなと思いました。

バーバラさんに以前は24ミリにお彫りしましたが、作品に合わせて、小さいものを作ろう、オーソドックスではなく、自分らしく彫ろうと作った18ミリ角のはんこがこちらです。

F414AA22-B461-4AE0-A3E0-9BA230C6D8C5.jpg

印相体と篆書体の中間くらいのイメージで、偏と旁(つくり)のバランスを意識的に大きく変え、上出来と思っていました。

ところが書かれた作品と合わせてみると、はんこが目立ち過ぎてしまいます。
これはダメだと、サイズを小さくして、文字ももう少し細くして、彫り直して完成です。

積極的に注文を取らなかった落款印はまだ100本を少し越えるくらいしか彫っていません。
(実用的なはんこは、年間で900本くらいお彫りしています)
そのためか?
ラフデザインを決める接客にも時間がかかります。
そして、必ず1本練習で粗く彫ってみてから、本番に臨みます。
後200本くらい彫れば、一発勝負ができるようなるでしょうか。

文字のアイデアを蓄積できれば良いので、
彫らずにイイと思った落款印の印影を見ながらスケッチの様に書けば、なんとかなりそうです。

まずは、色々考慮して、やる気が出る金額を決めましょう(笑)

つづく。



posted by 一日3本 at 22:09| 落款印へのアプローチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

円柱形

う一連の出来事について、異なる立場でのそれぞれの話を聞く機会がありました。
これはあのことなんだと思いつつ、以前聞いた話を思い出しながら、なるほどこんな風にすれ違っていったんだなと分かりました。
どちらの話に、自分としてはより共感できるというがあるものの、それは裏と表という感じでしょうか。

と思ったところで、裏表ではなく、円柱形の建物を例にした方が、今回の場合は合っている気がします。

真上から見た人は丸といい、真横から見た人は長方形といい、斜め上から見た人は円柱形という。
円柱形だけが正しいのではなく、丸も長方形も立つ位置が違うだけで、その人にとっては本当のことです。

きっと弁護士さんにとっては、こんなことが日常だと想像できますが、はんこはパーソナルなものですので、一人の意見を聞くことがほとんどです。

こんな機会を得たのは、何か意味があるはず、と思い当たるのは、渋谷の再開発問題。
しぶちかは渋谷再開の蚊帳の外という感じだったのですが、今年の4月のしぶちかの組合の総会で、理事長からオリンピックの後に東急百貨店の西館を壊すことを決まっていて、そこにフードショー、しぶちかの電源、空調設備があり、このままですと電気が来なくなってしまうと発表されました。
そこで目を付けたのがしぶちかの真ん中、店舗の裏側にある空間、ここに電源設備等を作りたいと東急さん側から提案があったそうです。
それにあたっては、しぶちかをかなり手直しする必要があり、商売を続けたい人には、場所を提供するが現在の場所とは限らないというあやふやな状況です。

しぶちかを商売を続けたい人、権利を売ったり貸したりしたい人、開発する側の意向。それぞれ立場が違えば見え方が違う。それが当たり前のことと理解すること、そのことで前に進めるはずです。

はんこは円柱形ですから、得意なはずです(笑)
posted by 一日3本 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

エピローグ

すみだ北斎美術館を出るとちょうどお昼時。
両国駅周辺には、ちゃんこ料理屋さんがたくさんありますが、一人で昼からちゃんこ鍋を食べる気にはなれません。
両国で食べるのに、どこにでもあるチェーン店というわけにもいかず、どっどどうすると思っているうちに、ぐるっと周っても決められません。
パスタランチは少し引かれましたが、結局ガード下にあるこの地区で1位になったことがあるというカレー屋さんに入りました。

名物カツカレーの食券を買って、カウンター席に着くと、無料で大盛にできますと言われ、(.そこまで言うなら)大盛でとお願いしました(笑)
ここは福神漬だけでなく、らっきょうも席に置いてあります。
最近、らっきょうをテーブルに置いているところ少ないですよね。
そんなに好きな訳ではないですが、あると少し食べたいです。
ちょっと得した気分です。

店内を見ると力士さん達のサイン色紙が6枚くらい並べて飾ってあります。
黒色で手形が押してあり、
墨で力士名が書かれ、
その色紙のなかにハンコが押されています。
色紙の左下に白文と朱文の四角いハンコが2つ、
右上に引首印と呼ばれる縦長の長方形のハンコが朱文で一つ。
伝統的な落款印3本セットをいまだに使っているなんて、さすが国技、素晴らしいと思いました。

ところが、力士さんによっては左下がハンコ一つだったり、右上が大関となっていたり、部屋の名前かなと思われたり、ハンコに統一感がありません。

カツカレーが来ました。
大きなカツがほぼお皿いっぱいにのっています。
カレールーとライスだけは、許されず(笑)
食べるとカツも自然と入って来ます。
地域1位というので、カレールーの味を見極めたかったのですが、カツが入ったカレーの味しか分かりません。もちろん美味しいのですが、どう美味しいかは表現できません。

とにかく力士さん達のサイン色紙の中のハンコが気になってしまい、色紙の飾ってある後ろを振り返り、振り返り、らっきょうを交えながら、頂きました。

そして白文のハンコで、ヒドイ機械彫りのものを見付けてしまいました。
2行のハンコで左右の文字数が違い、文字数の少ない右側は字が太く、左側は文字、画数が多く文字が極端に細いです。
左右で太さがこんなにも違う四角い白文のハンコを初めて見ました。酷すぎます。

力士さんのサイン用のハンコという新しい営業品目を思い付いてしまいました(笑)

「力士 サイン色紙」でググってみると、名前は墨で、手形は朱色、ハンコ無しパターン、達筆なサインに落款印1コなど様々でした。

サイン色紙がオークション品になっていることにも気付きました。
そうなると、真偽を見極めるための落款印に価値が上がっていきます。

いいぞ、相撲人気(笑)
posted by 一日3本 at 11:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

すみだ北斎美術館

両国にあるすみだ北斎美術館に行って来ました。
北斎さんは、自分の先生のように思っています。

モチーフの資料として、北斎さんの鷹の絵を見た時に、鷹の羽根などの模様がリアルではないことに気付き、リアルでなくても模様が部分部分で違うことで、本物のように感じられることが分かりました。
絵がヘタなので、できるだけ忠実にモチーフを彫らなければ何か分からなくなるという呪縛から解き放ってくれました。
もう自分のお師匠さんです(笑)

北斎さんがひらがなをアルファベットの筆記体風に書いてあるものがあり、当店の申年の住所印の中にとうどういんしょうを
アルファベットの筆記体風に書いてみました。
60481946-BDDC-4467-820B-4D66682DE70B.jpg
絵の専門家にできて、文字の専門家にできない訳がないと作成しました。
ホントは、ひらがなをアルファベットの筆記体風に書くというアイデアがスゴイのです。

両国駅を降り、方向音痴なので、Googleマップを見ながらも間違えながら辿り着きました。
迷ったら外国人旅行者が向かっている方向に行けば良いようです(笑)

思いの外地味な美術館が現れました。
A9F04DDA-E505-4CFD-BE57-637A8DE62654.jpg188BA7E4-F63F-4B31-989D-A6E2F2ACD82A.jpg
この建物が何の形なのか、分かりません。
浮世絵が散りばめられている建物を想像してました(笑)

富嶽三十六景の展示を見ると描かれている富士山が全て違う形、見る角度、見る位置で富士山が違うのは思えば当たり前、流石北斎さんと思ったところで、そのような説明が書かれていました。
自分の普通過ぎる感想にがっかりです(笑)

広重さんが自分は見たものを描いているだけ、北斎さんは構図が独特だというようなことを言っていたようです。
斬新なレイアウトでモチーフの富士山を入れて彫ってみたくなりました。

高齢になっても、あと10年いや5年あれば本当の絵が描けると向上心を持ち続けていた北斎さんに脱帽です。

浮世絵、版画の作成方法の映像が流れていました。
迷いなく版画を彫る刀を見て、自分なんてまだまだだなと思いました。

すみだ北斎美術館を出るとスカイツリーが間近に見えました。
B904C916-A504-497C-B529-79331BF4EE33.jpg
もし北斎さんが生きていたらスカイツリー三十六景でも作成していたでしょうか。

お師匠さん、スゴイです(笑)


posted by 一日3本 at 19:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

2017年夏 東堂印章お盆の営業

<平成29年東堂印章お盆の営業>

8月11日(金) 11:00〜20:00 営業
8月12日(土) 11:00〜20:00 営業
8月13日(日) 11:00〜20:00 営業 はんこ屋職人お休み
8月14日(月) 11:00〜20:00 営業 はんこ屋職人お休み
8月15日(火) 東堂印章お休み
8月16日(水) 10:00〜20:00 営業 但し はんこ屋職人は午後から出勤
8月17日(木) 10:00〜20:00 通常営業

今年の夏休みはどこに行くでもなく、母の転院の付添があるため16日も午後から出勤になる予定です。

ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いします。
posted by 一日3本 at 09:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

最近のお土産



各地からお土産を頂いております。
台湾のお土産。意外な美味しさ。
699AEFF2-B1B1-43EC-8BC7-96825980DF5E.jpg


神戸のお土産。レミーマルタンがもう懐かしいです。
48DA08CF-BE45-4B3A-B827-73C5FEC21252.jpg

蒲郡のお土産。一般的に蒲郡で分かるのでしょうか?愛知県です。
汁がこぼれやすいので、お皿に出して食べる様に書いてありましたが、とりあえずお店で、食べたくて、それを無視して袋から食べたところ、案の定、汁でベタベタです(笑)

B1BF1B59-907C-46EF-B915-2C5CF2DACC26.jpg
まだまだお土産、お待ちしております。
posted by 一日3本 at 12:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

ニュー鳥金から「とりきん」へ

しぶちかはんこ屋の直ぐ近く、JR渋谷駅のガード下にニュー鳥金さんという焼鳥中心の古くからの呑み屋さんがありました。
そこの専務さんが、朝早くから夜遅くまで働いてるはんこ屋を見て、とても誉めて下さり、俺も若い頃は寝ずに仕事したよと、よく言われてました。

ところが耐震工事のために、一年間くらい休業しなくてはならず、近頃やっと再オープンとなりました。

店名をひらがなで「とりきん」と変えられました。
B63055C8-A7FA-428A-AB3E-99C88EB46BC2.jpg

オープンした後に忙しいですか?と聞いてみると、検索に引っかからなくなり、オープンしたことが伝わってないようで、食べログとかに載るとイイらしいだけど。

食べログのことは、よく分かりません。
自分のブログに書くくらいなら出来ます。

自分でも検索してみましたが、とりきんではまだ出てこないようです。
店名変更ってこんなデメリットがあるんですね。

とりあえず、まずは飲みに行かないとと、最近お気に入りの二人を引き連れて、とりきんさんに行って来ました。

ニュー鳥金さん時代も行ったことがないので、味は分かりません。そのことを充分伝えた上で行きました(笑)

知り合いのお店は、基本おまかせで、料理をお願いするのですが、専務にどれもおすすめだから、好きなものを頼んでと言われてしまいます。

とりあえず焼鳥と炒め物を頼むと、あれ美味しぞ。
はんこ屋さん、ここ美味しいですよ。会社の飲み会は、ほとんどがチェーン店で、そういうところと比べて断然美味しいですよ。
チェーン店に飲みに行かないからな。
焼鳥は塩でわさびを少し付けて食べるスタイルのようです。
青菜炒めも美味しいです。
なんだ、どれも平均以上に美味しいです。

周りを見るといつの間にか満席。
心配することないです(笑)

専務がはんこ屋さんが来たから満席だよなどと言ってくれても信じません(笑)

生まれて初めて、まっこりを飲み、韓流ドラマでベロベロに酔っ払うのが、分かりました。

そんな中、もしはんこ屋さんがコーヒーチェーン店で働いたらと言う話が興味深かったです。
有名コーヒーチェーン店は、商品のファンを作りたいので、あえて店長は半年毎くらいに変えるそうです。
はんこ屋はおしゃべり、コーヒーチェーン店で勤めながらも3つくらい話してもイイよね。
ダメですよ。
絶対これおすすめだからとか、外国人さんにはどの国から来たかとか、一人3つだけ(笑)
面白い番組が出来そうなので、私が成功したら撮りに来ますね(笑)

オチがないと叱りながら楽しく、美味しく飲めました。
喫煙の方も多いので、そのあたりの気にならない人には、おすすめです。
メニューにハズレ無しです。
食べるのに夢中で焼鳥の写真忘れました。
9001F1EC-2D46-41F4-9EE3-F5E5B1103D52.jpg67AC0225-C244-4F55-A98C-DEFB8E5DFACE.jpg
posted by 一日3本 at 07:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

本柘の銀行印の値上げ

東堂印章ホームページを一部、変更しています。

7月こら本柘の銀行印、認印の値段を上げています。

本柘12ミリ丸10,000円、13.5ミリ丸11,500円税込になりました。
チェーン店の機械彫り価格に比べて、当店の柘の値段が安過ぎると感じたからです。1本あたり1万円は貰わないと、一本彫り上げる時間に見合わないと気付いたからです。

また、納期は通常1カ月、最短で2週間程度という表現に変えました。

よろしくお願いします。
posted by 一日3本 at 22:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする