2019年08月10日

別冊太陽が好き

朝、家で印稿書きをする机の直ぐ後ろに本棚があります。
篆刻字林をはじめとする文字の見本帳からデザインの参考とするために好きな作家の作品が見られるようになっています。
EBDB3266-9316-41B4-98FB-650297802B93.jpg
その中でも大切なものは別冊太陽です。
結構、いい金額するので、本屋さんで欲しいなと思ってから3回くらい考えて、やっぱり別冊太陽はいいと結論に達してから購入します。
ブックオフで見かけた時には、特別セールで安くなった瞬間に購入します。

なぜ、別冊太陽が好きかというと、明確な理由があります。
小学校5年6年生の担任の当時20代の女性の先生の家に遊びに行く機会があり、その部屋にあったのが、雑誌太陽と別冊太陽でした。
こんな世界があるのだと思い、大人文化アイテムとして別冊太陽がその時に刷り込まれたのです(笑)

その先生のことが好きだったことが大人になってから分かりました。
何でも、自分がきちっと真面目に取り組めば、大人は認めてくれると実感させて頂いたのが、その先生で、そのことが自分が常に前向きで生きていける糧となりました。感謝しています。
40代の時に、その先生とお会いできる機会があり、感謝と共に、あの時好きでしたと告白しましたが、もう年よと言われました。

仕事で少し余裕ができ最初に買った別冊太陽が
江戸絵画入門でした。
大人として、江戸時代の日本人に惹かれます。
5C451E79-D855-4B76-B3A6-2941E35A4CFC.jpg
先日もお客様に年齢を聞かれましたが、もうだいぶん大人です(笑)
posted by 一日3本 at 10:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

令和元年8月お盆の営業

令和元年8月9日(土)11:00〜20:00営業
8月10日(土)11:00〜20:00営業(はんこ職人はお休み)
8月11日(日)11:00〜20:00営業
8月12日(月)11:00〜20:00営業
8月13日(火)11:00〜20:00営業
8月14日(水)11:00〜20:00営業(はんこ職人はお休み)
8月15日(木)休業
8月16日(金)11:00〜20:00営業
8月17日(土)11:00〜20:00営業
8月18日(日)11:00〜20:00営業(はんこ職人はお休み)
8月19日(月)10;00〜20:00通常営業再開

14日15日と職人は休みます。
ご注意くださいませ。
posted by 一日3本 at 20:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

特報、深夜2時10分より再放送

本日、令和元年7月20日午前10時30分から日テレさんで放映された「ミュシャ展」の番組。
異例の同日再放送されます。

深夜2時10分から日テレです。(関東ローカル)
見逃した人は是非。
はんこ屋は5分間くらい映ったようです。

テレビを見たおじさんが、握手を求めてきました。何か違う方向には向かっているような(笑)
posted by 一日3本 at 19:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和元年7月20日日テレ

今日の午前中、日テレさんの番組で取り上げられました。
妹が感想をメールして来てくれました。

㊗テレビ出演!

オープニングにも使われて、ワンコーナーバッチリ出演してたよ、凄いね!おじいちゃんの写真まで使われてたね。
おじいちゃんも喜んでるね〜


渋谷お住いの仲良しお客さんは、テレビを見てから来て、どら焼きの差入れを頂き、はんこ屋の写真を撮っていい?と聞いて撮っていきました。何か勘違いしてしまったようです(笑)

551382EB-BBA1-43FB-A510-947DAA1F036D.jpg
posted by 一日3本 at 15:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

タトゥーシールを作ってみました


はんこの世界展開の可能性として、はんこではなく、はんこのデザインだけを売っていけるのではないかと、思い付きました。
そのきっかけがブラジルからの問い合わせで、タトゥーのデザインとして、はんこを考えているけど、その場合はどうしたらイイとメールがありました。
結果、はんこを1本頼んで頂いたら、デザインも付けて送ると返信したのですが、注文はなかったです。必要の無いはんこにお金は出さないのでしょう。

そこで、海外向けに、はんこのデザインだけを売るサイトを立ち上げてはと、新しい挑戦をする予定です。

その可能性を探るためにタトゥーシールをパソコンで作って見ました。
というか、印影からパソコンの得意な娘に作ってもらいました(笑)

8300C681-30DB-4DAB-BB25-DB80E2B7668C.jpg
上は黒に緑をのせたもの、下は黒に紫をのせたものです。
はんこより遥かに大きいので、凝ったデザインの方が良い気がします。

思っていたよりイイ感じにできました。
怖い感じが無く、八方位で縁起も担いでいます。

シールは水に濡れても大丈夫ですが、こすると取れてしまうのと、少し痒いので、短期間向きです。

posted by 一日3本 at 07:22| アートしてのはんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日テレさんの取材

今年は、ワシントンポストさん、ロイター通信さんと海外メディアからの取材を受けましたが、日本のメディアからは今年はまったくないなと思っていました。

ところが、日テレさん、テレ東さんが連続で取材の打診にきました。
最初に日テレさん、次にテレ東さんで、テレ東さんには内容がかぶるけどいいの?アド街で取材されたのに、映ったのはカメラがうちのお店の前を通っただけというのがあったので、印象が悪いとはっきり言いました。すると翌日には断ってきました。

それで取材は日テレさんだけになり、先週の水曜日に取材を受けました。
ミュシャ展の宣伝番組で、モーリー・ロバートソンさんが先生役で、男女二人の生徒役の人達と共にスクランブル交差点を上から見て、その後しぶちかを取材して頂きました。

生徒役のお二人はまだ秘密で、名の知れたお二人で、特にお笑いの男性はテレビで見ない日がないくらいの人で、その人がブッキングされると、当初のはんこの話はカットで、渋谷の話だけの台本になりました。
そこをおしゃべり上手なはんこ屋が、はんこの話の展開も撮影して頂きましたが、さて放送で使われるかどうかは、わかりません。やりきった感はあります。
取材を見ていた人何人かに、盛り上がっていましたねと言われました。本人的には普通です。

テレビ取材にまったく緊張しないのですが、それはテレビ慣れではなく、しゃべり慣れしているからです(笑)

放送は令和元年7月20日(土)午前10時30分からの日テレの番組で「いざ、ミュシャ展へ!」?まだタイトルははっきり言われてませんが、ぶらり途中下車の次の番組だそうです。
関東ローカルなので、関東の人だけお楽しみ下さい。
放映後にタレントさん達と一緒に写った写真を公開しますね。
posted by 一日3本 at 07:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

象牙の取り扱いが厳しくなる、一部修正

令和元年7月より象牙の取り扱いが厳しくなったようです。
象牙の加工業者が牙単位で新規で登録するものを、第三者機関で科学的な分析をして、内容が正しい正規の象牙か検証する必要が出て来るようです。(事実確認はしていませんので、噂話程度です)

うちのお店は、印材問屋さんから、シールの付いた正式な象牙しか扱わないので、正直関係ないやと思っていました。

印材問屋さんに、確認すると、直接的には関係ないですけど、決定ではないですけど、象牙の印材の値上げが言われています。

この象牙の取り扱いが厳しくなることを受けて、ワシントンポストさんに続き、ロイター通信さんの映像の取材を受けました。

象牙の話題は、一度取材を受けたので、ロイター通信さんの取材は一度断ったのですが、ロイター通信のキャスターさんのガッツとプロ意識の高さから受けることにしました。

そのキャスターが取材の時に、3年くらい前に、知り合いがうちで象牙の彫り直しを頼んだことがあり、気さくな人だよと言われたと話して頂きました。
それを早く言って頂ければ、直ぐに取材を受けたのに(笑)

そのこともあり、はんこ屋に対して、とても好意的取材の雰囲気でした。

世界の国々への配信が終わってから、この取材映像のリンク先を教えていただくことになっています。楽しみに?お待ち下さいませ。

59B65E3B-D01B-4C42-B5D8-391D6EB0DD8E.jpg
posted by 一日3本 at 16:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

手でした方が早い

会社の代表印の内側に「代表取締役印+松」をお彫りしました。
「内側の松の入った部分だけ、インスタにアップしていいですか?」
「いいですよ。そんなことができるんですね」
「えっ」
「外側の会社名はモザイクとかになるんですか?」
「手で内側だけ印影を切り抜くだけです。なんでもパソコンやスマフォ作業より、手作業の方が早いので(笑)」

切り抜いたのは、こちら。
DD5885FA-7664-4E43-A793-B85FA88D2A98.jpeg


posted by 一日3本 at 00:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

「東京」をイメージしたハンコ

ニューヨークから来て、東京に3か月滞在した女性の詩人さんから、「東京」をイメージした御朱印のような大きなハンコのご注文を受けました。
自分の詩とその土地のアーチストとコラボしたポストカードを作り、全世界、世界各国の人々に送るプロジェクトをしているそうです。

僕はアーチストではなく、
言われたものを彫る職人ですと言ってみたのですが、無視されました(笑)

最初に四角の真ん中に、御朱印によくある梵字の周りに炎っぽいもの(後光)と下に蓮の花。
これの応用で梵字の代わりに「東京」を入れましょう。
その方の詩を、Google翻訳で見せられ月と海が決まり、神社と寺も入れましょう。
プロジェクト名の「JENNA」は鳥とか天の意味だそうで、ならば鳳凰だ。

自分の中の東京は、方南通りから見える新宿の高層ビルなので、都庁を入れましょう。

東京から富士山も見えるので、富士山も入れておきましょう。

空間を「寿」の昔の字で埋めましょう。

712F0704-D134-441D-8C3B-216DA9631AF2.jpg
ラフデザインが決まったところで
いつまでに必要かとあらためて聞くと2週間もありません。呆然としていると、もっとデザインを簡単にして間に合わせて頂いてもと言われますが、またデザインを考え直すことに抵抗を覚えます。
お休み予定の日曜日を使って作業すればなんとかなるなと思えと、自分に言い聞かせます(笑)

それから送られてきた詩を読み、東京駅が出て来たり、桜の名所に東京の事務所があったりするので、アイテムを少し変えます。

後は資料を集め、鳳凰を北斎さんの描いたものを参考にすることにしました。
これがメインです。
羽根のところに小さく、プロジェクト名を入れましょう。
そして、アイデアと時間を注ぎ込み、出来ました。アート料金にすれば良かったな(笑)
042DBDCF-60DA-4730-AC98-0E4BFBEC03A6.jpg

posted by 一日3本 at 18:27| 無理を聞く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

ワシントンポストの取材を受けました

先日、ワシントンポストの取材を受けました。
なぜ、ワシントンポストが私を取材対象にしたか、不思議に思われる方もいらっしゃると思いますが、それだけはんこ職人が少ないという現実です。

象牙と伝統工芸というテーマでの取材ですので、難しい問題なので、本来ならば断るべきだったかも知れません。ワシントンポストの取材対象になったほこらしさと、今、立退き問題を抱えているので、お店の格の違いを示すために受けてみました。

取材の日、ニュージャージー州から来た空手家のアメリカ人男性が、空手の道場で使う角印、自分の名前を漢字にしたハンコが欲しいけれど、明日帰るので、今日中に欲しいと言われました。
それなら機械彫りしかなくてと、ああでもない、こうでもないとやり取りをしている中、ワシントンポストの支局長が店頭で待っていました。

注文が終わってもいる空手家に、次の人が待っているから、とにかく帰ってと帰しました。

空手家さんとのやり取りは一応英語でしたので、
ワシントンポストさんが入ってきて、
今日のインタビューは英語でいいですねと言われました。
そういうのじゃないから(笑)
通訳連れてきているのに。

象牙は印材の中の一つで、一番少ない本数の注文の素材であること。

芯に近い良い象牙は、今の消費量でいけば、政府公認で入ってきたものが後20年分くらいあること。
逆に悪い質の象牙は、在庫が無くなっていること。
象牙を注文される方の多くが、象牙はんこに触れたことのある人であること。

政府公認の象牙の在庫がなくなったら、もう輸入しない方が良いと思っていること。

などを話したのですが、結局記事は書きたい内容に当てはめられてしまった感があります。

ただ動画があり、象牙を仕上げているところとインタビューを受けているところがあります。

何度もご注文頂いている方にその動画を見せると、初めて職人らしいところを見たと言われました(笑)

そうそう、そのワシントンポストさん、実はイギリス人で、なぜイギリス人なのにワシントンポストで働いているのか聞いてみると
そこに仕事があったからと答えられました。
posted by 一日3本 at 10:25| インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする