2017年06月26日

別れの曲

先週はショパンの別れの曲が聴きたくなりました。
たくさんの人がそんな気持ちでいたと思います。

便利な時代で、ちょっと検索すると色々な人の演奏で聴くことができます。
検索で最初に出てきた人の演奏が一番好きかもと思ったりします。

静かな有名なメロディを聴きながら、ありし日を想い、静かに別れを実感していきます。
あれ、曲調が急に激しくなるところがあります。
これは、静か哀しみから感情が高まったところが表現されているのでしょうか?
クラシック関係のお客様が現れないかとしばらく待ってみましたが、現れないので、仕方なくネットで調べてみました(笑)

すると分かったことは、そのことではなく別れの曲というタイトルはショパンが付けたわけではなく、この曲が別れの曲という映画で使われ、日本だけで別れの曲と言われていることです。
正式名称はエチュード(練習曲)10の3だそうです。
それではこの曲の一般的な解釈は必要ありません。

尚、別れのワルツは男女の別れの曲だそうです。

平原綾香さんが、別れの曲に歌詞をつけて歌っていることが分かり、それを聞いてみますが、思い描くような歌詞ではありませんでした。他の人も歌詞を付けていましたが、イメージと違います。

こんな歌詞を想像していました。

あ〜想い出す君の笑顔 笑い声

哀しみが涙となって流れていく
その涙は止まることを忘れたかのように

あ〜想い出す君の笑顔 笑い声
僕まで笑顔になることを思い出させた

こんな歌詞を想像してました。
結局のところ、歌詞はなくても充分に
別れの曲です。


posted by 一日3本 at 11:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

山崎ナオコーラさんのツイッターで

昨日、来店された方から、昨日の作家の山崎ナオコーラさんのツイッターで
はんこ紹介されていましたよとお聞きし、ツイッターも見せてもらいました。

随分前に作ったサイン用に印鑑です。
ありがたいですが
なんでまた、みたいな感じです(笑)

そしてその方に
はんこ屋がナオコーラさんが親になったと知ってとても喜んでいたと
コメントしておいてねとお願いしておきました。
自分でコメントすればと言われましたが、人とつながりたくないのでと答えておきました(笑)

山崎ナオコーラさんのツイッター
posted by 一日3本 at 10:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

にんにく ちょうだい

作務衣を着たおじいさんが
「にんにく ちょうだい」と言っています。

えっ、なんだ???
「うち はんこ屋ですけど」
「にんにく ちょうだい」
「ありません」
「はんこ屋さんだよね。
いんにく ちょうだい」

「あっ、いんにく 印肉ですね。
すいませんでした。にんにくと思って。
先程、東急の生鮮売場はどこなの?というおばさんがいて、そこのパン屋さんを入ったところです。パン屋でなくて生鮮。ですからパン屋さんの所を入ったところですというようなことがあったところで、にんにくと思ってしまって(笑)
すいません。」

結局この作務衣おじいさんは、朱肉と既成のはんこを購入して頂いてから、買った朱肉を使って押してみてと言われて、押してみせると納得されていました。
買う前ではなく、買った後なのが、とてもちゃんとしています。

このおじいさんは90歳で20歳の時から渋谷に住んで70年だそうです。
しぶちかが今年60周年なので、しぶちかができる前からですね。

そして、おじいさんが
「こんなことを言ってはなんだけど、君は笑い顔がいいね」
「ありがとうございます。
でも、たくさんの人が来るので、笑い顔ばかりではいられないんです(笑)」

自分の空耳に呆れつつも、楽しいひと時でした(笑)
posted by 一日3本 at 10:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

これがこうなる

ジョンレノンさんが使っていたギター、リッケンバッカーを銀行印に入れて、大変気に入って下さった方が、当店を勧めて下さいました。

その美容師さんが以前デザイナーに発注してできた家紋風のロゴがこちらです。
D2E15E89-B434-40D1-8E0B-FD778A43204E.jpg
「晴やか」さんなので、晴という漢字と矢と梅の花が用いられています。
名刺を見せて頂きましたが、白抜き部分が小さいのが気になりましたが、ここまでデザインできるということは、もっと大きなものが本来の大きさでそれに合った白抜き部分の大きさと考えられます。

今回のご注文は
この家紋風のロゴをベースに、領収証などに押すはんこです。

質問してみます。
はんこで、白抜きの細いラインは難しいので、花はラインで構成することになります。


左下のこれはなんですか?
矢です。
なるほどね。
でも矢には力があるので、
下向きではなく、
上向きにした方がいいですよ。
いちいち、うるさいでしょ(笑)

そうして出来上がったのがこちらです。
0F2E6D8D-9F56-4F16-8674-EF2850E9F05F.jpg
元のデザインがなければ、こんな風に出来上がっていません。
最初のロゴデザインをしたデザイナーさんに拍手を。
posted by 一日3本 at 12:25| 無理を聞く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

飲み会のお礼?

お客さんと、お客さんのお店に飲みに行くのが趣味で、それも基本、月に2回までしか飲みに行かないとルールを決めています。
以前は10人前後で飲みに行き、その場を仕切って、ちょっと経験したことのないような飲み会をすることに凝っていました。

今年になり、大勢で飲みに行くことに興味を失い、多くて4名までで行くようになりました。

既に何回か飲みに行ったことのある人としか行かない傾向があったのですが、久しぶりに初めて飲みに行く男性を二人と一人は仲良しのお客さんと4名で行ってみました。

すると、後半もう、面白くて涙を流しながら笑い続けていました。
なんで、あんなにも面白かったかわかりません(笑)
仲良しのお客さんから、はんこ屋さんはSですよね。言われた記憶はあります。
Sと言っても物理的にあるいはイジワルなものではないので、好き勝手にツッコんでいたのだと思います。

ラグビーチームのカメラマンくんがツッコミ所、満載で、みんなでツッコム表現の仕方がそれぞれ個性があり、面白くて、ツボにハマり、笑い続けていたのだと思います。あまり記憶がありません(笑)

最後に仲良しのお客さんがカメラマンくんに、とりあえず今日の帰りにTarzan買って筋トレすることと言い、3ヶ月後に再び集まり、体の締まり具合を確かめるということになりました。

スゴく面白かったので、逆に同じメンバーで集まっても、あれを超える事はないから、別に3ヶ月後にまた飲み会やらなくてもいいなと思い、あっこういう所がSというか、飽きっぽいところなんだよなと思っていました(笑)

そんな気持ちを見透かしたように、ラグビーチームのカメラマンくんが手土産を持ってゴム印の注文に来てくれました。
ゴム印の注文で手土産はいらないよと言ったのですが、恒例ですのでと、美味しそうな食べたことのない、ゼリーをお持ち頂きました。
B45475CE-B4B8-4644-B357-E048FC3B62F2.jpg
これって、飲み会のお礼だったのでしょうか?
カメラマンくんは、トレーニングメニューをプロに考えてもらい、まずは歩いているそうです。
本格的です。引くに引けない感じになってきました。こういう所が面白いんですけど(笑)

posted by 一日3本 at 10:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

なぞな印相体銀行印

まずは個人の銀行印の見本を彫ってみました。
あえて、彫り辛い10.5ミリ丸で作成しました。
読めますか?
324BC4F7-7934-4F66-968D-5CC545042B50.jpg
posted by 一日3本 at 07:20| 新書体への試み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

平井堅さんのノンフィクション

どんな曲を自分がとても好きに思うか、真剣に考えたことがあります。
同じミュージシャンでも、この曲は好きだけど、こちらはそれほどでもなくということがあっても、理由がわからないのです。

結局、音楽の好みは、明確に言葉に出来ないという結論です。
でも、好きなミュージシャンが自分の経験と近いことを歌ってくれていると、その曲は特別なものになります。

佐野元春さんのbad girlなどがそんな曲です。

ところで平井堅さんのノンフィクションを聞かれましたか。
TBSテレビのドラマ「小さな巨人」のテーマ曲です。
平井堅さんがMステに出演された際に、このノンフィクションという曲は親友が相談無しに自殺しまって、そのことを曲にしたと話したそうです。

それを知って、聞いてみると、もう特別な曲になりました。
早速、iTunes Storeで購入しました。

ただ逢いたくてが、自分の気持ちと分かりました。
posted by 一日3本 at 12:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

1万円以上する本

この本を本屋さんで発見したのは、12年以上前、父がお店に来られなくなってからです。
字典で、篆刻で彫った字が漢字ごとに整理されて収録されています。
この本、いいかもと思ったものの、本体価格が9千円台、当時はあまり運転資金も無く、使うかどうか判らない本に出すには、ちょっとと思い、何度か本屋さんに行ったものの、結局止めてしまいました。
本屋さんの検索機で、その本の情報はプリントしておきました。

年月が経ち、縁あって、書の教室の生徒さん何人にも落款印の注文をお受けしました。
同じ漢字を色々と変えてお彫りしたいと思い、この字典のことを思い出しました。
当時のメモを探したのですが、
小さなお店なのになぜか、そのメモが見つからず、購入することが出来ませんでした。

ふと、お店の中を整理していると、あれメモが見付かりました。
きっとこのタイミング、新しい印相体を考えている時に必要な本なのだと、早速発注しました。

それがこの本です。
622FC603-F1CA-4212-A0EF-8F589CFDDECC.jpg
30人の篆刻作品の文字が収録されています。篆刻作品の文字はアイデアが面白く、うっかりするとしばらく、ニヤニヤしながら、この字典を眺めてしまいます(笑)

この人達に負けないアイデアが自分にもおりてくるはずと思い、頑張っていきます。



posted by 一日3本 at 09:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

続 複雑印相体(仮)

読みにくく複雑にする印相体をなんて名付けましょう。
難しい、難読から難印相体はどうでしょうか?
「難」という漢字が災難など悪いイメージがありますので、却下です。
カタカナで「ナン」ですとインドカレーのナンのイメージになってしまうし(笑)

複雑なことの何か良い例えはないものでしょうか?
ネットの中で類義語を調べても、良い意味の複雑な言葉が見付かりません。

一人で考えていてもいいアイデアは出てきませんので、家族会議です。
新書体について説明し、この名前を考えていると伝えて後は黙って聞いています。

UFO、アンなんだっけ
(心の中でアンデンティファイド)
アンを付ければいいんじゃない。
安心の「安」
え、「安」は安易とか簡単な意味につながるので、合わないと思う。

複雑でイイイメージ、曼荼羅は。
摩訶不思議は。
解いて欲しいクイズなんだよね。

とうとう我慢できず喋ります。
「曼荼羅印相体」はとても面白いけれど、それは今回とは別のものが出来そうなので、取っておいて、
不思議印相体はどうかな?

不思議だったら摩訶印相体の方がいいんじゃない。

心の中で、解いて欲しいクイズ。
クイズを漢字にすると謎でいいかな?
謎の印相体、謎な印相体。
ひらがなにして、なぞな印相体、あっこれいいかも。
お菓子のナボナのイントネーションで
なぞなと発音すると、なぞなってなんだ?と名前がクイズみたいになるし。

なぞな印相体で決定。
この名称で見本を彫ってみましょう。

アレンジルールの追加として、
4.現在使われている字形となるべく違うものをベースにする。
を、付け加えましょう。

次は、この新書体で彫ってみたいと思います。

posted by 一日3本 at 10:20| 新書体への試み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

複雑印相体(仮)

当店では、印相体でも篆書の辞書さえあれば、読める様になるべく現代の字形に近い篆書などをベースにしてお彫りしています。
篆書で現代の字形とかなり違う場合は、それを説明するようにしています。
個人の実印は、アレンジし過ぎると、読めないために印鑑登録が出来ない場合があります。
当店で実印用にお彫りした印鑑が登録出来なかったことはありません。

世の中には、はんこは何が彫ってあるか判らないくらいの方が良いと考える方も意外と多いようです。
判りにくいといっても、機械彫りの印相体で文字を枠からはみ出し過ぎで文字として成立していないものは問題外です。

カタカナやアルファベットの会社名で一見何が彫ってあるか判らなくして欲しいという要望にも自分が応えられることに気付きました。

複雑に文字をアレンジして難読にするノウハウがもう自分の中にありました。
いつもと逆のことをすればいいわけです(笑)

1.直線を無くす。
真ん中の縦棒は真っ直ぐに彫ることで基準が出来、印鑑がまとまります。
あえて、直線を無くし曲線だけで構成すると基準がなくなり判読しにくくなります。
「木」を例にしてみると、
C6E19D66-F085-46BD-96A7-E8B4EF0CAC54.jpg
@がしぶちか印相体、Aが直線を無くしたものです。

2.文字を積極的に縦方向、横方向に折り曲げる。

Bがそれです。左右対称の文字がここまでになりました。

3,2文字以上お彫りする場合はできるだけ文字と文字をくっつける。
通常は真ん中の縦棒は他の文字に付けないことで、文字と文字の区別がつくようにしています。文字の区別をなくす方向です。

この3つのアレンジルールで新書体が出来そうです。
縦棒真っ直ぐの基準を無くして、どのくらい美しい印影が作れるかは自分との戦いです。

それはそれとして、この書体の名前をどうしましょうか?
書体名によって、注文の数が違ってきます。
でも新書体名を公募したりしません(笑)
つづく







posted by 一日3本 at 10:56| 新書体への試み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする